見学

2014年12月14日 (日)

牧場訪問記 2014末 カジノドライヴ編

カジノドライヴ産駒の様子もしっかり確認しています。エポカブラヴァ13は先日満口になりましたね。喜ばしい事です。

ノーザンファーム早来(エポカブラヴァ13/ケープリズバーン13)

エポカブラヴァ13については、既に500キロオーバーの馬体が示す通り、馬格面の不安は皆無です。まだ乗り出して間もない時期、これから本格的に冬を迎える事もありますので現時点で緩いのは仕方がないでしょうし、なにより歩様面の印象が良くなっています。
初めて実物を見た時はいかにも重苦しい感じで、カジノドライヴ特有の「捌きの硬さ」があったのですが、それがスッ、スッーと動くようになっています。上手く表現が出来ずに申し訳ないのですが、目方が増えているのに素軽くなっていると言いますか、とにかく印象アップです。このタイミングで満口になったのも頷ける感じです。駆け込みで出資された方は自信を持って良いと思います。

ケープリズバーン13は5月生まれのカジノドライヴなのですが、「まだまだ成長途上、来春にはバーンと立派になりますよ!」というありがたい御言葉を頂きました。乗り込んでいってどのような身体になってくるのか、完成系が楽しみです。この馬も硬さがある馬なのですが、「良い意味での硬さ」だとポジティヴに捉えています。地方入厩ですから芝を走る可能性はほぼ無いに等しい訳です。地方対象なのに柔らかいカジノドライヴというのもそれはそれでどこに適正があるのかよく分からない、どっちつかずになってしまう恐れがあるので、これはこれで良いと思っています。(そもそも募集馬選定の時点でそんな馬は地方募集にならないでしょうが。)

ノーザンファーム空港(サセッティ13)

さて、真打サセッティ13の登場です。前2頭に比べると所謂「ダート馬」っぽさがなく芝でも走れるのではと思わせるフォルムをしています。それでも捌きの硬さは相変わらずでこの辺りは適性がイマイチはっきりとしてきません。後、左前ですかね。個人的には気になるレベルになってきました。目方は乗りながら順調に増えてきているので、引き続き成長を待ちたいと思います。父も母も「東京ブランド」の同馬にかける期待は大きいものがあります。少しづつ売れてきているのは同様にそう思う人間が多い事の証、この馬で夢を見てこその東京シンパでしょうよ。

前にも書きましたが、カジノドライヴ産駒の特徴として顕在化してきた点として「気性面での穏やかさ、従順さ」があります。上記3頭にもその点ははっきりと窺い知る事が出来ており、おとなしくてとにかく人に慣れている印象です。父親が幼駒時代どうだったのかはぜひ今度伺ってみたいですね。これが乗り込んでいってどうなるのか?個人的にはもっと気持ちが前面に出てくるようでないと競走馬としてどうなんだろうと思う次第ですので、この点も今後比較する上で忘れないようにしたいと思います。

2014年12月13日 (土)

牧場訪問記 2014末 東京募集馬(日高)編

「べジータブログってニッチなネタばっかりで狙い過ぎ。一口出資関連で参考になる記事がない!差別化とかなんとか言ってるけど、外してますから!たまには一口出資の参考になるようなネタを書け!」

「悟空さんとはやっぱ違うよな!所詮べジータなんて似非だよエセ!」

はいはい。書きますよ。牧場訪問記。まずは東京(日高編)から。

写真はいらないでしょ。クラブの写真が一番よく撮れてるし。

----

ファンタストクラブ(フェアリーバラード13)

ステイゴールド牡馬、現時点ではどういうタイプになるのかはまったく分かりませんが、バネと乗り味、バランスについて強調されていたので特に言う事はないでしょう。スーパームーンくらい走ってくれれば最高ですね。

この馬は社台ファームからファンタストクラブに移ってきた馬です。そういう意味で藤澤調教師の「肝いり」、この決定がなされた直後、小うるさい奴なんかは「なんで社台じゃなくてファンタストなんだよ!詐欺だ!」と喚いた事でしょう。定石に従うなら社台育成の方が良いに決まっているという意見もあるでしょうから、言いたくなるのも分かります。ただ、ファンタストクラブにはファンタストクラブのメリットがあります。「まあ、黙って見ててよ。」

加藤ステーブル(プレシャスラバー13)

もう既に何度も見に来ている会員さんも多くいらっしゃるそうです。今年10月から見学開始なのに??と思いながらも、たしかにそれに値するくらい素晴らしい馬です。

「2歳馬と言われても全く違和感がない、それくらい「抜けた」存在ですよ。スイッチのオンオフがしっかり分かっていて、何も気になる所はありません。しっかりやらせて頂きます。」とは場長さんのお言葉。競馬べジータが13年産今期東京募集馬で「純粋に馬だけなら募集馬中No.1」評価をした馬です。走ってもらわないと困ります。

パイオニアファーム(プレイガール13)

きっとあれだろうなーって馬はいましたが、出資していないので遠目から見ただけ。

結局今の時期って乗り出して間もないから、参考になったり、妄想を膨らませるような面白みのあるネタはないですよね。自身が来春に比較する為の材料として確認する事に意味があるように思います。

 

2014年12月10日 (水)

北の玄関口 in 安平

今回は以前宿泊した宿の推奨文を書きたいと思います。競馬べジータなんぞに推奨されたくはないでしょうが、感謝の意味をこめてというのと、何かと小うるさい曲者べジータが率直な気持ちで推奨するという事は、それはそれは素晴らしいという事でございます。その宿の名は

ノースゲートインアビラ

新千歳空港、そしてノーザンファームからも程近い遠浅駅すぐそばの小さな宿です。

宿のここを見るというポイントを整理しておきます。

1.接客
2.居心地(空間)
3.設備
4.料理(食事する場合)
5.立地

まあ普通にこんな所かと思います。
自分は1.接客に関しては正直そこまで求めていないというか、過剰でなければ良いというくらいです。ここは少人数向けの宿で、オーナー夫妻のみできりもりされているという点で、そういうのがあったりするのかな?と思っていました(実際、宿のWebにも「人と人との距離が近い宿」とあります。)が、こちら側の雰囲気を汲み取って頂いたかの如く、自然な形で対応して頂きました。こじんまりとした宿の中には、アットホームをウリにして過剰に絡んでくる宿があると思うんですが、あれってダメな人はダメですよね。この宿はそんな事はなくお客様に合わせた対応ができる素晴らしい所だな思いました。(恐らく客側が積極的にコミュニケーションを求めてきたら、きちんとそれに応じるスタイルなのでしょう。)

2.居心地(空間)ですが、言ってみれば「すごく綺麗な田舎の広い別荘にお邪魔する」感じです。これは良い意味で捉えて下さい。千歳ではハイパーやエアターミナルホテルといったビジホに泊まる事がほとんどの競馬べジータですが、そういう「機械的にただ泊まるだけ」とは違い、なんだかほっこりします。ほんとです。

3.設備についても言う事はございません。部屋の内装はきれいですし、よく掃除が行き届いています。(これもオーナー夫妻で対応されているのだとしたら対したものだと思います。) 一通りの設備は揃ってますし、何よりユニットバス(水周り)が清潔なのが良いです。
競馬べジータはこの水周りが汚い宿だけは絶対に許す事はできません。換気扇、排水溝、シャワーカーテン。これらが汚かったり臭ったりするともうゲンナリです。ホテル業界に対して、ここと安全面だけは手を抜くなと言いたいです。シャワーヘッドも大きくて、水の出もバッチリです。少人数向けの宿という事もあり、騒音とかもまったく気になりませんでした。
あと、オーナーが馬好きなので馬関連の書籍が揃っているのと、(他のお客様次第かと思いますが)リビングの大画面でグリーンチャンネルが見れます。(笑)

4.料理については、Webサイトに書いてある通り「北海道フードマイスター」のシェフによる家庭料理が味わう事ができます。ここの所マンネリ化していた千歳の夕食、自分には千歳で家庭料理というのが新鮮で、温かみを感じる料理、大変美味しく頂きました。メニューは内藤アンガス牛のローストビーフ、ソーセージ、サーモンのグリル、ポークソテーにご飯とお味噌汁でした。特に、サーモンのグリルと一緒になってたお野菜がとても美味しかったです。
リクエストにも柔軟にご対応頂きました事も感謝でございます。

5.立地については、「馬を見る」という観点から言うと最適な立地かと思います。遠浅駅すぐそば、ノーザン空港とノーザン早来の間にあるローソンのすぐそばと言えばこの辺りの牧場見学に行った事がある人なら「あー」ってなると思います。
この辺りに宿があるとは思えない場所にありますが、宿泊翌日に社台グループを攻める予定の場合は丁度良いのではないでしょうか。(まあ、千歳駅周辺からでもあんま変わんないっちゃ変わんないんですが。)

という訳で色々書き連ねてまいりましたが、「ノースゲートインアビラ」、北海道牧場見学の際にはぜひ利用してみては如何でしょうか。特にいつもの千歳の宿泊に飽きた方にオススメしたいと思います。

その他のカテゴリー