競馬観戦記

2016年10月23日 (日)

To the Crown

第77回菊花賞、本当に素晴らしいレースでした。
勝ったサトノダイヤモンド/ルメールの完璧なレース運びは勿論、激流の中ただただじっとして機を伺っていた2着レインボーライン/福永、戦前の距離不安が的中し、終始行きたがっていたエアスピネルを持てる技術を全て注ぎ込み、押さえ込んで3着に残した武豊、主役の一角としてサトノダイヤモンドを負かしにいった4着ディーマジェスティ/蛯名、そしてチームオーダーを予感させる動きでレースが流れるように積極的にいったサトノエトワール/池添。それぞれがプロの仕事をした結果見ごたえのある素晴らしいレースとなった。長距離戦はこういうのが見れるから絶対に残って欲しい。

そんなプロ達の仕事とは対照的に、カフジプリンスだのレッドエルディストだので

「よーし、長距離適正ある2頭からいくぞー!カフジは前日の岩田のイン付き試し乗りで準備万端、レッドは相性の良い神戸新聞杯3着、この2頭だろグヘへ」

とか言ってテンション上げてんのはズブの素人、ピントズレズレだよな。あ?べジータ馬券に決まってんだろ!ちくしょーめ!

牡馬3冠戦線終わってみれば3冠全て個人馬主のディープインパクト産駒。そしてサトノダイヤモンドはセレクトセールで2億4000万超のNo.1ホース。
今期2歳牡馬前評判No.1だった、トゥザクラウン新馬惨敗というこれまた対照的な厳しい結果と併せて、今の競馬のあるべき姿を見せつけられた気がした。やっぱ一口野郎はピラミッドの頂点に立っちゃダメ、身の程わきまえろって話だろ。
トゥザクラウンがあそこまで走らんというのはアンチキャロットを通り越して大変ショッキングな出来事だった。あれが走らないんだから競馬は怖い。

それにしても里見会長は馬走らせ始めてから24年8ヶ月かかっての初G1制覇か、小市民としても身の程わきまえた上で、とにかく土俵に立ち続けるしかねえわな。

2015年7月14日 (火)

鬼門 中京競馬場

「レッドアルヴィス確勝だぞ。」と師匠が仰るので、中京競馬場まで行ってきました。結果は惨敗。

「わざわざ交通費に馬券代、さらに貴重な時間を使って、ワクワクドキドキしながら迎えた重賞で1番人気の惨敗を見せつけられる。」
これぞ一口出資の醍醐味、レース直後は本当に何をしに来たのかとやり場のない感情に苛まれます。パドックでも抜群の気配、大負けはないと確信出来るほどの出来だったので、今回のレース振りには思わず首を傾げて固まってしまいました。あまりに不可解すぎてしばらく言葉がありませんでした。


中京競馬場、ここでの出資馬の結果で良い思い出はほとんどありません。
競馬野村克也誕生の起源 の決定打ともなったのもこの地で出来事でした。
鬼門です。また一つ苦手意識、相性が悪いものを作ってしまった気がします。

ただ、悟空グループ第4の男とバッタリ会って競馬場まで送って頂いたり、三蔵法師ならびに三蔵法師の一番弟子(?)にも世話になったりと、べジータの相手をしてくれる数少ない面子には今回も感謝したいと思います。一人だったら栄あたりで自棄酒煽ってまた余計に浪費している所でした。救われました。


え?師匠は?って?言うな(笑)

2015年6月 7日 (日)

またしても引退ならず。

安田記念、第4の男に抑えて頂いた席で快適に観戦出来ました。ありがとうございました。
レッドアリオンは想定したイメージに近いレースが出来たと思いますが、直線追われてから伸びず、8着。G1制覇はまたしても叶わず、競馬べジータの引退も先送りとなりました。無念。

それにしてもモーリスは完勝でしたね。マイル路線はこの馬を中心に回っていく事になるでしょう。この馬、少し調べれば分かる事ですが、最初はサマーセールでわずか157万5000円(税込)で取引された馬でした。それが大作ステーブルで育成され、翌年のトレーニングセールに上場、1050万円(税込)でノーザンファームが落札。その後、デビュー時から素質の片鱗を見せていた馬が吉田厩舎から堀厩舎への転厩を経て才能が完全に開花した訳です。

ここまで書いて、ん!?と思いました。大作ステーブル育成、堀厩舎所属と言えば....ジャガーメイルも吉田和美氏名義だったじゃねーか。あの日トレーニングセールでノーザンファームに落札された瞬間から活躍は約束されていたという事でしょうか。

日高馬を引っ張ってきても結果を出すノーザングループ、いよいよ盤石、隙なしとなってきた感があります。モーリスを引っ張ってきた陣営、プロ中のプロ達が目利きをして厳選しているのがノーザンファーム/サンデーRの募集馬達でもあります。今日の結果で更に、ノーザンファーム産/サンデーRに人気が集中する事になるでしょう。

その裏で断然人気の新馬スターオブペルシャでも残念な結果となり、ヴァンセンヌで健闘したものの苦杯を嘗める事となった社台ファーム....格差は広がる一方のようです。
さすがに今日の結果が決定打となってしまったように思います。

この世の春を謳歌するノーザンファームグループ、一口出資はただひたすらここに乗っかっていくだけです。

2015年4月23日 (木)

第60回羽田盃、そして門別ホッカイドウ競馬開幕

大井競馬場から帰って参りました。目的はもちろん南関東牡馬クラシック第一弾、羽田盃観戦でした。

「べジータさん、べジブロで色々偉そうな事ほざいてますけどちゃんと出資した馬走ってんすか?偉そうな事言うからには実績を示さないといつまでたっても悟空さんみたいに信者つかないですよ。」

確かにな。ゴーストライターの言う事ももっともだったので自慢しとくと、この羽田盃、地方オーナーズ馬、ドライヴシャフトが出走したんじゃ!南関クラシックの16頭枠に入ってんぞ。どーだ、参ったか。こんなもんで良いか?

午前中の快晴模様からうって変わって夜の大井は雨、せっかくの晴れ舞台がまさかの雨とはいかにもべジータ、なんで快晴予報が急に雨になるかね。

パドックで山口ステーブル勢や浦和小久保調教師が楽しそうにバチバチ談笑する中、小物らしくこそこそと自身のオーナーズ共有馬をチェックしていた時点で勝負は決していたのかもしれません。ただ、馬自身は大変素晴らしい出来で、さすが荒山厩舎と思わせました。

レースは好スタートを決めたドライヴシャフトが鞍上真島という事もあり、ある意味想定通りのハナ、大本命オウマタイムがかかり気味に番手、この2頭での並走状態が続く形となりました。この時点で逃げていたドライヴシャフトにとっては厳しい展開になりました。オウマにびっしり競りこまれての雁行状態が続いた結果、3コーナー過ぎたあたりで鞍上のムチが飛ぶ有様、その横をオウマが絶妙な形で切り込みつつ颯爽と交わしていきました。この瞬間、競馬べジータにとっての羽田盃は終わりました。

結果は王者の競馬をしたオウマタイムに、最後怒涛の末脚で迫ったストゥディウムが勝利、奇しくも昨年のハイセイコー記念と同じような結果というものでしたが、個人的にはオウマタイムの強さが印象に残りました。3着ラッキープリンスの巻き返しと合わせてやはり山口ステーブル強しの印象を強くしました。山口氏にとっては大変悔しい結果になったかと思いますが、次の大舞台、東京ダービーで捲土重来を期している事でしょう。

馬主のNicksはスワーヴとして売り出し中の諏訪氏という事で、結局金持ち、勢いのあるものが勝つって事か。MMBが高笑いしている絵が想像できました。こちらも凄えなあ。様似産だぜ。

一方、門別競馬が開幕しました。初日の注目はなんと言っても2歳戦開幕でもあるスーパーフレッシュ、勝利したのはシェアリンクの走るパイロことプレイザゲームでした。この馬も相当厳しい競馬をしながら最後まで抜かせずのハナ差勝ち、山口ステーブルの狙い撃ちがここでも結果を出しています。月並みですが本当に凄いとしか言いようがありません。

競馬べジータとしては、「この結果は予想できた事、予想していたんじゃ!」

と言ったところですが、出資したのはこの馬じゃねえんだよなあ(笑)

結局金持ちが勝つって事か。

あー、羽田盃勝って、スーパーフレッシュも勝って「これがオレ流じゃ!」ってやりたかったなあ。これじゃ過ぎた事をネチネチ悔しがってる小物そのものじゃねえか。いかにもべジータらしいな。ちくしょー!言ってんのがお似合いってか!

ちくしょー!

Img_3178

2015年2月15日 (日)

2強 in 京都

単身で京都に行ったら、食事は大体ラーメンかファーストフードで済ませる事が多いのですが、ラーメンとなった場合、


新福菜館
第一旭

隣り合うこの2つのラーメン屋のどちらに入るかいつも悩みます。
京都駅から近く、早朝から営業しているので重宝する両者ですが、ラーメン+ヤキメシを食べたいなら前者、ネギ多めチャーシューメンと餃子を食べたいなら後者といった所でしょうか。自分は前者の方が好みですが、両方美味しいので、べジータブログ信者の皆様も京都競馬の前後でぜひ一度行ってみて下さい。あ、決して綺麗な店ではないのでそこがNGな人には勧めません。
今日は競馬帰り、新幹線乗る前に第一旭の方に入りましたが、両店とも相変わらずの人気、時間帯的に観光客が帰る前にこぞって集まってきているように思いました。やっぱ競馬場行く前の時間帯の方が良いみたいですね。

さて京都記念、パドックに張り付いて馬を見てました。

キズナは結果から言うともう一絞り必要だった、先々を見据えた仕上げって事だったんでしょうが、それはそれは素晴らしい馬でございました。バシッと仕上げたら現役では右に出るものはいない、それくらいの馬なのだろうと思います。

一方ハープスターも馬体を大幅に増やしていましたが、太め感は全くなかったです。もっと華奢というかスマートな印象だったのですが、古馬になり、かなりパワーを感じる馬になった印象です。確実にパワーアップしている印象でした。

この2頭の間に入り、ハープスターを抑えて4着に入ったレッドデイヴィスは2頭に比べると雰囲気はさすがに劣っているように思いましたが、ジョッキーが跨るとスイッチが入り首振りを開始、これならやれると判断しました。他の各馬も前記3頭程ではないにせよ、さすがOP馬、悪い馬などいる訳もありません。

レースは逃げ馬不在の案の定のスロー、結局前にいった2頭がキズナを抑え、金星を挙げる形で終わった訳ですが、これもまた競馬という事でしょうか。突出した馬が数頭揃った時は得てしてこういう結果になったりするものですが、終わってみれば今日もそのパターンだったという事に尽きるかと。これで2強の評価を落とす必要は全くないでしょう。評価を落とすのはナンセンスだと思います。

ただ、打倒キャロット軍団を掲げる競馬野村克也としても、レッドデイヴィスの復調ぶりを直接確認する事が出来たのと、あの勝負服に久々に先着する事が出来て、溜飲が下がる競馬観戦となりました。

Img_2312


しかしながら今週5頭出走して、結局未勝利だったという事実は受け入れなければいけません。来週以降も楽しみな馬が揃っていますので、どっかで勝てるでしょう。

2015年2月11日 (水)

競馬べジータの休日

今日は祝日で暇だったので船橋競馬場に行ってきました。結局いつもの休日の過ごし方と変わらんじゃねーかって話なんですが、1週間の真ん中に地方競馬ってのが贅沢なんです。

今日の船橋競馬場は、祝日かつ重賞の報知グランプリカップが行なわれた事もあり、人の入りはいつも以上でした。地方の箱が賑わうのは本当に嬉しくなります。中央競馬だけでなく地方競馬に興味を持つ人がもっと増えて欲しいと改めて思いました。

昼間からレモンハイ呑んでモツ焼きをかっくらいながら、船橋競馬ミュージアムをふらついたり適当にレースを観たりして過ごしました。船橋競馬ミュージアムでは船橋競馬にまつわる貴重な品々や写真の数々が見れますので、一見の価値ありかと。

Img_2293

こういう「生産性のない」時間は競馬べジータの人間形成に多分に影響している事もあります。今日は船橋競馬から良い栄養分を頂きました。報知グランプリカップでまたしてもあのクラブの活躍を見せ付けられたのにはいささか辟易致しましたが。地方くらいはおとなしくしてて下さいよ....ほんと。

さて、今週の注目レースは東西の重賞なのは言うまでもない事ですが、当方は京都記念が楽しみでなりません。キズナ、ハープスターという牡牝のスーパースターが出走してくる中、レッドデイヴィスがどういう立ち回りを見せるのか? 

あー、「2強相手に大立ち回りを見せる古豪、そして完全復活」って絵が観てえなあ。どうせ2頭で決まるんでしょうが、たまには良い思いさせてくれたっていいじゃねーか、競馬の神様よう。

2015年1月25日 (日)

動物園巡り

今日は動物園をハシゴしてきました。

まず中山動物園、また社台の馬で負けました。まったく、いつまでたっても勝てません。
これで一口出資を始めてから社台F産では中央競馬通算29戦1勝、圧倒的な成績でゲンナリします。また山元強制送還が待っています...

打たれ強い競馬べジータも今日の結果にはさすがに失望しました。残念ながら自分は本当に社台F生産馬と相性が悪いのでしょう。今期の中央競馬では社台Fの馬は一切出資せず、ノーザンファームの馬だけ出資する事に決めました。となるとキャロットクラブは避けて通れないでしょうか。今日も新馬で見事勝利していたようですね。いい加減もう疲れました。やはり長いものにはしっかり巻かれるしかないのか....今日はこんなのも配られてて、完全に心を折られました。

Img_2278

あと中京でゲットクローサーが勝ってましたね。マチカネチコウヨレのワイルドラッシュ、「これが牝馬でなければ最高だったのに...」と悟空と口を揃えて絶賛した牝馬、力の要る中京ダートで一変、こういう馬だという事でしょう。やはり悟空のダート馬を見抜く力は素晴らしいなと改めて思いました。

失意の中、さっさと中山動物園を後にし向かった先は上野動物園。なんとなく行ってみました。特に何が見たいとかはないので、ひたすらふらふらしてただけなのですが、鳥類が格好良かったので写真に収めてきました。が、見返してみると名前何だっけ?って感じです。なんとなくキジだとかフクロウだとかってのは分かるんですが。(笑) ツアーで写真撮りまくったはいいが、なんの馬かよく分からなくなるのを思い出しました。

印象に残ったのは2枚目の鳥、セイランって鳥なのですが、鳴き方が面白くてしかも定期的に鳴くもんだからしばらく黙って見てました。

「おい、べジータよ、情けないよな。虚しいよな。嫌になるよな。でも最後は全部自分が決めたこと、今日は凹むだけ凹んで明日からまた前向けや。」 

この鳴き声、勝手にそう捉えました。傷ついた心が少しだけ癒されました。単に馬鹿にされているだけだったりして。(笑)

Img_2251

Img_2253

Img_2257

Img_2258

Img_2260

Img_2264

Img_2266_2

Img_2273_2

Img_2275_2

Img_2276

2014年12月28日 (日)

キャロットクラブに乾杯、完敗

中山から帰って参りました。有馬記念、素晴らしいレースでした。ジェンティルドンナが見事引退の花道を飾る勝利、最高の枠から最高のレースをした馬と騎手はもちろん、ここに至るまで手がけてきた牧場関係者、厩舎関係者が本当に素晴らしかったのだと思います。勝つ時はやはり歯車が全て噛み合う物なのだと改めて思い知った次第です。

個人的には1週目の直線正面から1コーナーにかけてエピファネイアがガッチリ折り合ったのを見て、圧勝を確信したのですがこの馬にとってはちょっと運が悪いレースとなってしまいました。しかしながら今日のようなレースが出来るという事で、来年は益々活躍する事になるでしょう。

それにしても昨日今日のキャロットクラブの勢いは凄まじいものがありました。この土日で8勝、連日の重賞勝利、トドメの有馬記念制覇とはいかなかったもののしっかり2着と5着を確保。特に今日はレースのたびに「またキャロットか」の繰り返しで、アンチは口をあんぐりさせて恐れ入ったとしか言いようがなかったです。今日に関しては参りました。本当に凄かったです。

競馬べジータが特に口をあんぐりさせたのはホープフルSのシャイニングレイです。実際にこの馬を見るのは初めてでしたが、500キロ超えのクロフネ肌のディープインパクトの凄まじさを改めて思い知りました。人ごみの中、なんとかパドックでその姿を確認しましたが、まるっきしステファノスのイメージ、このメンバーの中でも抜群の馬に見えました。ポルトドートウィユといいこの組み合わせは本当に素晴らしいですね。驚きました。

後追いだろうと何だろうと恥を忍んで追いかける価値は絶対にあると思います。2014年のポルトフィーノ牝馬も大人気でしょうね。フレンチ肌でもいいから欲しいですね。とにかく今は馬格のあるディープがトレンドですかね。収穫でした。

Img_2171

有馬記念ではトゥザワールドのパドックでの姿が特に抜群に良く見えました。これも血統です。中山のこの舞台との相性も素晴らしいですね。

キャロットクラブがとにかく勝ちまくるので、来年はキャロット馬券術で生きていこうと思います。

2014年11月12日 (水)

眩いばかりのトゥインクル

大井でハイセイコー記念を観てきました。このレースも来年の南関東のクラシック戦線を占う上で外せない、必見のレースです。 今年のメンバーも多彩、鎌倉記念を制したオウマタイムに平和賞勝ちのストゥディウム、ラッキープリンスにクールテゾーロ、ブルーマイスキーといった実力馬も巻き返しに向けて虎視眈々。とにかく現時点での南関東の有力馬が揃う豪華な組み合わせとなりました。

パドックに間に合い、各馬をチェック。勝ったから言う訳でなく、平和賞から中1週にもかかわらずストゥディウムのやる気がとにかく凄かったです。春先ハッピースプリントにも同じような気配を感じましたが、調子の波、バイオリズムみたいなもので言うと「絶好調」という雰囲気に見えました。活気というか生命力というか、充実している馬はこういうのが滲み出るのだと改めて実感しました。
オウマタイムは最初イレコミ過ぎかなと思いましたが、周回の最後の方はしっかり歩けてましたし、こちらも活気あり。ブルーマイスキー、ジャジャウマナラシも自分にはよく見えました。

レースは道中最後方を進んだストゥディウムが、直線でその活力/生命力を爆発させるが如き末脚を繰り出しての快勝。前走平和賞は的場文男の鬼捲りに乗じた、所謂「ハマった」感があったのですが、この末脚を見るにモノホン、現時点での南関東No.1に躍り出たと言って良いでしょう。 2着オウマタイム共々、船橋勢の強さを改めて思い知る結果となりました。

それにしてもストゥディウム、本当に凄かったです。走り終わった直後、口取りに向かう馬体からは湯気が白く発せられており、それが走る馬のオーラみたいに眩い輝きを放っておりました。サラブレッドってやっぱかっこいいなーと見惚れてしまいました。

その父ルースリンドと聞いてピンと来る人はそう多くないのではないでしょうか?競馬ベジータも地方馬主になる前は今ほど熱心に地方競馬を見ていませんでしたので、「あー、名前は聞いた事ある。」くらいの印象でした。
中央競馬では結果が出ず、南関東に移籍してから活躍した馬ではありますが、種馬としてはマイナー。ハッピースプリントの父アッミラーレといいそんな馬からこんなに強い馬が出るのも競馬の面白さです。 聞く所によると、近年は種付けされていないようですが、ストゥディウムの活躍でまた見直される事でしょう。エルコンドルパサーの血統というのも素晴らしいです。 矢野義幸厩舎は父ルースリンドも母ルナマリアも現役時代に携わっていたということで、感慨もひとしおかと思います。こういうのを観て、地方競馬を好きになる人がどんどん増えて欲しいなあと思いながらホルモン焼きをビールで流し込む競馬ベジータであった。

Img_6931_2

プレゼンターで来場していた三浦春馬も真近で見ましたが超スマートでイケメン、トゥインクルが似合う男でした。

競馬野村克也にはこれまた眩し過ぎました。

その他のカテゴリー