一口出資

2017年9月23日 (土)

区切りの数字

先週(2017/9/16-18)の開催で1つ勝って、一口出資馬の中央競馬での勝ち数が100勝に到達した。悟空に師事し、2010年(2008年産)からこのゲームを初めて7世代目、通算620戦目での達成となった。

A「やい、ベジータ!いつも偉そうにデカい口叩いてるがてめえの成績実際どうなってんだよ?」

B「べジさん、今後ブロガー活動続けていくならこの区切りのタイミングで成績晒しておいた方がいいんじゃないすか?」

C「最近忘れっぽくなってるみたいですし、いつもの"備忘録"としてって感じでお願いしますよ。」

と各方面から情報開示要求?があったので、100という区切りの数字を達成した時点での中央競馬出資成績を残しておく。
競馬ベジータの規模感(稼働馬数20-30頭)だと"勝率2割、勝ち上がり率70%"という数字が目安だと勝手に思っていて、そこには及んでいないという事で残念ながらまだこのゲームからは抜けられない。

ただ、何度でも繰り返すが今はただひたすらノーザンバカになればこの辺の数字は上がってくる。流れが変わらないうちに金出してる馬がG1勝ってオサラバ、個人の活動にシフトしてより自己欲求を満たす方向へ。というのが理想だな。

Db3

Db_4

Db2_2

 

2017年9月17日 (日)

キャロットクラブ2017募集 "アンチキャロット"競馬ベジータスカウティングレポート

備忘録と答え合わせ用

【べジータスカウター説明】

◎:重賞もしくはクラシック戦線確定級
○:OPクラス
△:勝ち上がり確実

-----
<早来ファーム>

18.キューの16 △
動かすとそれなりに良い。

29.ドルチェリモーネの16 △
肌の質感目につく。

60.グレイトフィーヴァーの16 △
マズマズ。

65.イストワールの16 △
マズマズも少し緩め。

74.カニョットの16 △
バランス良い。牝馬らしさありながら馬格があるのが○。ルージュバックを連想するんでしょう。

63. サンドミエシュの16 △
馬体重より大きく見せるが後ろの固さは気になる。

*安定感はあるのは言わずもがなだが、"突き抜けそう"と判断するような馬は見出せず。

<ノーザンファームY5&6>

12.ミスティックリップスの16 △
胸前深くて○

15.カメリアローズの16 ○
バツグン、ファーストインプレッションを大事にしたい。

45.ジュモーの16 ○
バランス○

53.スペシャルグルーヴの16 ○
これも文句なし、ロードカナロアってのは凄いねほんと。

56.アブソルートリーの16 △
メジャーらしい良駒

68.ハルーワソングの16 △
全体的なラインが良い

*15と53が良く見えた。特に15は自信をもってオープンクラスと言える。大人気の45も勿論良い。

<ノーザンファームY3>

5.ディアデラノビアの16 △
バランスの良さはカタログ/動画の通り。ただ少し薄い分完成は遅くなるのかも。

11. ラドラーダの16 ◎
後ろがパーフェクト、見た目の存在感、立ち姿も堂々とした佇まい、動かしても力感ある。
1月生まれで完成度が高いのは当然だが、それにしても良い。

27.ピースエンブレムの16 △
動いて○

41.ポロンナルワの16 △
81の代用品、左前は見るからに怪しいがそれを差し引いても。

42.スカイディーバの16 ○
合格点。ステファノスを夢見たくなる。

52.シーザリオの16 ◎
No.1、全部良い。他クラブ合わせた全体でも1,2を争う出来では?絶対金出したい。

66.アヴェンチュラの16 △
牡のボス的存在、喧嘩ばかりで生傷が絶えないというエピソードは+。後は絞れてくるか。

80.ダブルゴールドの16 △
ノーマークだったがこれもマズマズ。

81.クリソプレーズの16 ○
ダートなら間違いなくこれだろう。

*何といっても今期最高価格の2頭、甲乙つけがたいが生まれと距離適性のレンジから52が筆頭。これにさえ金出せれば満足。

<ノーザンファームY9&10>

2.リッチダンサーの16 ○
ディープ牝馬らしいキレを感じる歩きと皮膚、悪く言う訳がない。

4.クルソラの16 ○
同上。

7.アディクティドの16 △
バランス良し。こういうのが一般枠で取れると嬉しいのだがそう甘くはないだろう。

33.フェルミオンの16 △
マズマズ。いつかは出資したいフェルミオン

43.チェリーコレクトの16 ○
大好きな腹袋のタイプと背中のラインの充実、金出せるものなら出したいが叶わぬ願いだろう。

44.ココシュニックの16 ○
これもディープ牝馬らしいライン。良い馬です。

46.ハープスターの16 ?
普通に見えたが、ここからどういうタイプに成長していくのか興味深い

51.ヴィートマルシェの16 △
ロックディスタウンのイメージある。母馬優先あればなあ....

*ここはディープ牝馬。いずれも良駒なのでで金出したいが叶わぬ願いだろう。

<ノーザンファームY11&12>

13.スカーレットベルの16 ○
このステージで唯一の合格点、これだけ馬格あれば○

49.ピュアブリーゼの16 △
無理やりひねり出した感はあるが、悪くはない。

*頭数多かったが時間余る。こういうステージから掘り出し物を見つけたかったが、ピンとこなかった。

最後に◎/○を整理しておく。結局今年も高馬最強!ベットベトのベッタベタというべトベターな結果になってしまった(笑)が、これもまた「結局皆同じ所にいきつく」って事の証明だろ。ノーザンバカはバカなんだから頭使わずプロの値付けに従っておけば良いって事。

----まとめ

◎:重賞もしくはクラシック戦線確定級

11.ラドラーダの16
52.シーザリオの16

○:OPクラス

2.リッチダンサーの16
4.クルソラの16
13.スカーレットベルの16
15.カメリアローズの16
42.スカイディーバの16
43.チェリーコレクトの16
44.ココシュニックの16
45.ジュモーの16
53.スペシャルグルーヴの16
81.クリソプレーズの16

-----

シルクホースクラブ2017募集 競馬ベジータスカウティングレポート

備忘録と答え合わせ用

【べジータスカウター説明】

◎:重賞もしくはクラシック戦線確定級
○:OPクラス
△:勝ち上がり確実

-----

<早来ファーム>

19.シルクユニバーサルの16 △
サイズはデカくなるだろうがマズマズ。

43.サダムグランジュテの16 △
ゴールドアリュールらしさあり、後ろ○

10.ルシルクの16 △
前の繋ぎが○だが時々躓く様は気になった。

41.スナッチドの16 △
ダイワメジャーならこういうタイプで。

46.プリモスターの16 △
マズマズ。

*10.ルシルクは早来Fのオルフェーヴルなので

<ノーザンファームY5&6>

3.ロジャーズスーの16 △
しっかりした歩きに好感

5.リードストーリーの16 △
これもメジャーらしさある。

11.ウルトラブレンドの16 ○
父に近しい印象、短いところでかなりの出世が見込めそう。

13.キーオブライフの16 △
こういうパリッとしたヴィクトワール産駒も珍しい。どういう結果になるか?

27.レアクラシックの16 △
ワークフォースでここまでの出来なら穴候補

38.ヒッピーの16 ○
バランス○

47.ビアンカシェボンの16 △
ロードカナロアに外れなし。

52.ロザリンドの16 ○
緩さがないルーラーシップも珍しい。体もそれなりに増えてくるだろうし出世候補

63.スカイクレイバーの16 △
馬の出来はいいが、左前の繋ぎが気になる。

*11/38/52がなかなかの出来。ハーツクライとロードカナロアは総じて平均点が高いように感じる。

<ノーザンファームY3>

7.サマーハの16 ○
動画の印象と変わらず実馬も良い印象。走るだろう。

25.ユキチャンの16 △
これは実馬見て良い印象に変わるパターン。突き抜けはしないが確実性ありそう。

33.ウイングステルスの16 △
緩さあるが、後ろに力強さあり。なかなか。

34. サロミナの16 △
これも実馬の方が好印象。

44.ヴィヤダーナの16 △
動き、サイズとも○

60.ラトーナの16 △
これもサイズ○

*7.は改めて人気になるのも頷ける良駒。

<ノーザンファームY9&10>

14.ブラックエンブレムの16 △
馬格あって牝馬らしいしなやかさ。人気落ちでむしろいきたくなる。

20.メジロフランシスの16 △
体は小さいがバランス良し。牝馬だしこれでいいのだろう。

26.フサイチパンドラの16 △
上のほうが好みだが、近くで見るとバランスが良かった。

53.グリューネワルトの16 △(○に限りなく近い)
大好きなタイプ。穴ならこれ。

*票を投じてみたくなる馬はいた。急浮上した惑星は53、かなり好みのタイプ。

<ノーザンファームY11&12>

2.ミュージカルロマンスの16 △
ディープ牝馬らしさは感じる。追いかけたい血統ではあるが手が回るか?

4.スイープトウショウの16 ○
色物かと思っていたら全くそんなことはなかった。後ろの運び(推進力)が抜群。超遅生まれでこれは良い。

15.ケアレスウィスパーの16 △
ちょうど良いサイズのルーラー、前の捌きに好感。

30.ショアーの16 △
まずまずの歩き、後ろの飛節も好きな感じ。

35.リアアントニアの16 △
普通に良い。

39.バラダセールの16 △
少し緩いが良い馬。

41.レーヴドスカーの16 ◎
今期シルク募集馬で1番の馬。とにかく動き抜群で去年のアーモンドアイに通じる感覚。絶対に金出したい。

49.プチノワールの16 ◎
41.と甲乙つけがたい出来、こちらも動き抜群。最低でもどちらかには金出したい。

55.アーデルハイトの16 △
マズマズ。

*最後のステージでようやく即決馬に辿り着いた。41と49、このどちらかには必ず金出したくなった。あと実馬見れてよかったのは4.、成長力を妄想することにする。

-----

まとめ

◎(2頭)

41.レーヴドスカーの16
49.プチノワールの16

○(5頭)
4.スイープトウショウの16
7.サマーハの16
11.ウルトラブレンドの16
38.ヒッピーの16
52.ロザリンドの16

おまけ.53.グリューネワルトの16(○に限りなく近い△)

2017年8月15日 (火)

やっぱこうなるよな(笑)

完全敗北宣言からおよそ1年半、私競馬ベジータのキャロットクラブ初出資馬キュンメル号が未勝利で引退しました。

低レベルの新馬戦でハナ差2着になった時点で嫌な予感がしていましたが、その後の右肩下がりの成績が示す通り、走れば走るほど内容が悪くなっていきました。
金出して追いかける馬が増えていくと、なんとなく「流れがいい馬」と「流れが悪い馬」ってのが分かってくる訳ですが、この馬は後者に該当する典型例だったように思います。終始体質面の弱さに悩まされました。

最後は

-----

※引退案内書面発送後に、右前トウ骨遠位端の骨折が判明し、見舞金9号が適用される見込みです。また、用途は繁殖オークションに変更となります。

-----

ですからね。

「事故見舞金9号290万円」+「抹消給付金165万円」+「繁殖オークション売却金30万(想定)」

として485万/400 = 1口あたり12125円、獲得賞金と合わせると約24000円ってとこだから馬代金(1口 30000円)分くらいは頑張ってくれた訳だから、まあ「お疲れさま」だわな。
これで、これまでのキャロット出資馬3頭中2頭目の引退となり

-----

どうせ、「抽選に落ちた○○がまた重賞勝ち決めやがった!ちくしょー!!なんで俺のキャロット馬に限って走らねーんだよクソ!」ってなるんだろ。 より一層フラストレーションだけが溜まる結果が待ち受けている予感がビンビンですが

-----

と、予想した通りの結果になっています。こういう予想は本当に良く当たるわい。

キュンメルに話を戻そう。繁殖牝馬の質が高いNFにおいて、未勝利馬がOur Bloodになるのはよっぽど良血じゃないと無理だろうから、この楽天行きは致し方ないだろう。骨折してなけりゃ競走馬として払い下げられていたのだろうか。同時期に楽天行きのアトラクティヴアイが税込290万だったみてーだから繁殖よりは値がついただろうな。が、牝馬で320万円以上というのはそれはそれで難しい話だろうから、これで良かったと思うことにする。

あ?「久しぶりに出てきたと思ったら相変わらず金の話ばっかだなてめえは。この銭ゲバめ。」だと?

そりゃそーだろ。これで言ったみたいに「金なんかどーでもいい」聖人君子一口野郎の方が多いのかと反省していたら、バヌーシー全然売れてねーじゃねーか!結局、一定の実入りが期待できねえもんには金出したくないのが一口野郎の本性。それでいい、金なんかどーでもいいとかぬかす野郎よりよっぽど信頼できるわ。競馬ベジータも競馬の本質であり根幹でもある「金の流れ」にはこだわっていく。

今期募集馬の価格も発表になったみたいだが、強気の値付け。当たり前だわな、金の流れにこだわる王者に死角なしか。

2017年7月 2日 (日)

競馬べジータの2017年上半期を振り返る。

備忘録とご報告。
まずは中央競馬成績から。

-----

1.中央競馬出資馬 2017年上半期成績

稼働頭数:21頭(2歳馬除く)

戦績 49戦2勝(2-8-6-5-4-24)
勝率 .041
連対率 .204
掲示板率 .510
出資馬獲得総賞金 1億2961万

重賞勝ち:
なし

2017年上半期終了時点での中央出資馬クラス構成

OP:1頭
1600万下:5頭
1000万下:3頭
500万下:7頭
未勝利:2頭

2歳馬:16頭

2017年上半期引退 3頭

(*全て中央競馬のみでの集計)

-----

【べジータ所感】
20頭相当稼働でこの成績は酷いの一言。
3月の勝利を最後に結局6月末まで連敗が続き、更にキャロットのダービー制覇で完全に意気消沈しました。(笑)

続いて地方編。

-----

2.地方競馬出資馬 2017年上半期成績

成績:19戦1勝 (1-1-1-1-1-14)
勝率:.052
連対率:.105
掲示板率:.263

重賞勝ち:
なし

2017年上半期終了時点での地方出資馬クラス構成

B1:1頭
B3: 1頭
3歳条件馬:2頭
2歳馬:1頭

-----

【べジータ所感】
こちらもどうしようもない成績。
特に地方オーナーズは本当に金が出ていくだけのモードに突入してしまい、正直しんどい。

という事で中央/地方通算しても68戦3勝、今の規模感でやるようになってからここまで悪かったことはなかったので流石にきつい。期待馬が人気を裏切る事多数、活躍馬や大口馬の引退、更に先日のノーザンファーム選抜総選挙も全滅....ほんともう過去最悪といっていいくらいのストレス感。改めてこの趣味は自分ではどうしようもねーことばっかりだなと。

そんなストレスフルな上半期、唯一良かったのは個人馬主として勝てた事。これが自身2017年上半期で唯一の地方競馬勝利でした。

「"オーナー"、貴方がいなかったらこの馬はもうこの世にいなかったでしょうよ。」

と言われた時には「うわ、そういう事言うなやー重いなあ。」と思うと同時に「オーナー」という甘美な響きにグヘへとなってしまったり、走らせたはいいけどレースで全然動かなくて、自分で考えて指示させてもらったり。
で、色々やってもらった結果、馬がそれに応えて(と勝手に解釈)勝った時の達成感。
結局実働(実行)してるのは馬とその世話をしてくれている周りの人達なんで、自分ではどうしようもねーのには変わらないのですが、まあ楽しいことは楽しいです。掲示板外しても普通に走ってくれたらオーナーズとそこまで大差ないくらいのランニングコストで済むし。

このまま自分が希望するノーザンファーム馬に金出すのが叶わない事が続くようなら、こっちに一本化していく事も視野にいれようかと。

2017年7月 1日 (土)

2017年度社台・サンデー・G1レーシング募集馬 競馬べジータスカウティングレポート

備忘録まで。

【べジータスカウター説明】

◎:重賞もしくはクラシック戦線確定級
○:OPクラス
△:勝ち上がり確実

-----

【社台ファーム 関東牝馬】

○3.スタセリタ16(父ディープインパクト)言うまでもなく良駒。
△16.グッドチョイス16(父ロードカナロア) これは捨てたものではない。
18.スターリーロマンス16(父ルーラーシップ)
33.ダンスファンタジア16(父シンボリクリスエス)

【社台ファーム 関東牡馬】

◎1.リリーオブザヴァレー16(父ディープインパクト) 間違いなく本物、佇まいと眼が素晴らしい。

【社台ファーム 関西牝馬】

G-22.ダルタヤ16(父ディープインパクト)
△46.ブルーミングアレー16(父ディープインパクト)好きなタイプ

【社台ファーム 関西牡馬】

42.ドバウィハイツ16(父ディープインパクト) 小さすぎ。
△47.ダンスインザムード16(父キングカメハメハ) でかい。
△48.アカンサス16(父キングカメハメハ) 好きなタイプ。
91.スターシップトラッフルズ16(父Tapit)
△92.サンダーカップ16(父Majestic Perfection) 少し緩いが良い馬。

【追分ファーム】

G-1.ワイ16(父ディープインパクト) サイズ充分もやはり一段見劣るか。

【ノーザンファーム 関東牝馬】

○103.ドナブリーニ16(父ディープインパクト) 品がある。
△104.タピッツフライ16(父ディープインパクト) 動き良いけど顔が大きいのが気になる。
△105.シユーマ16(父ディープインパクト) 実馬の方が良く見せるが、薄さは少し気になった。
○106.ミスエーニョ16(父ディープインパクト) 関東牝馬ディープ4頭の中の比較ではこれ。バランス文句なし。
△111.べネンシアドール16(父ハーツクライ) ハーツらしい前の開き。思ったより良い。
△120.サンデースマイルⅡ16(父ロードカナロア) 繋ぎのクッションが○
146.エクセレンスⅡ16(父Franlel) 少し後ろの捌きが固いかも。
△G-11.ミリオンウィッシーズ16(父ヴィクトワールピサ) 顔が好き。

【ノーザンファーム 関西牝馬】

○149.オーサムフェザー16(父ディープインパクト) 少し丸いが良い。
○151.シーズアタイガー16(父ディープインパクト) 見た目だけならディープ牝馬で1番気に入った。
△152.ジェンティルドンナ16(父ディープインパクト)サイズ小さい。
△155.キラーグレイシス16(父ハーツクライ)動き○だがデカい。 
○159.ミュージカルウェイ16(父オルフェーヴル)バランスよし。
△167.ドナウブルー16(父ロードカナロア)バランスよし。
△168.レーヴディソール16(父ロードカナロア)バランスよし。
○171.モルガナイト16(父ルーラーシップ)好きなタイプ。
△178.アドマイヤセプター16(父ハービンジャー)案外いい感じ。
△179.アロマティコ16(父ハービンジャー)
△182.タンザナイト16(父エイシンフラッシュ)

【早来ファーム 牡馬】

○12.ラルナデミエル16(父オルフェーヴル) 体、動きとも○
○50.ゴールデンドックエー16(父ハーツクライ) 当然良い。
△75.ラルシュドール16(父ハービンジャー) 後ろが○
◎110.ソベラニア16(父ハーツクライ) キビキビ歩き大きく見せる。遅生まれでこれなら文句なし。
△131.アイスフォーリス16(父ルーラーシップ) 悪くない。
△142.パラダイスコーブ16(父ドリームジャーニー) バランスまずまず。
◎G-24.タンタスエルテ16(父ハーツクライ) バランス◎、これも遅生まれで伸びしろを感じる。
○G-29.スキッフル16(父オルフェーヴル) これもよい。スキッフルってのも凄いね。

【早来ファーム 牝馬】

△65.アラドヴァル16(父ルーラーシップ) ルーラーシップ牝馬が好きなだけ
△78.ワールドリープレジャー16(父ゴールドアリュール)
○162.カルマート16(父オルフェーヴル) 父そっくり、気性含め自己主張。個性あり。
△187.タイムトラベリング16(父ディープブリランテ)掘り出し物
△G-8.ワーキングウーマン16(父ルーラーシップ)これも分かりやすいルーラーシップ牝馬。
△G-21.アルーリングボイス16(父ディープインパクト)これは安定株。ただ回収までいくか?
△G-26.サマーナイトシティ16(父ハーツクライ)

【ノーザンファーム牡馬】

○101.ライラックスアンドレース16(父ディープインパクト) 思ったよりも○、バランスよい。
△102.ナイトマジック16(父ディープインパクト) 雰囲気感じるもさすがに小さいか。
△107.ハッピーパス16(父キングカメハメハ) 少し小柄だがこれくらいの方がいいのかも。
△108.ダイヤモンドレラ16(父ハーツクライ)良く見せるが早生まれだから当然なのかも。
◎109.マジックストーム16(父ハーツクライ)素晴らしい。欲しいに決まってるだろうが。
△113.ポルトフィーノ16(父オルフェーヴル)もっと貧弱なイメージだったがバランス良いし悪くないのでは。
△116.ローマンエンプレス16(父ロードカナロア)
○122.スカーレットレディ16(父ルーラーシップ)ルーラー牡ならこれ。というか自分はルーラーシップの馬の出方が好きなのだろう。
△132.エレガントマナー16(父エイシンフラッシュ)悪くない。
△135.ロッシェノワール16(父ブラックタイド)
○148.プラウドスペル16(父ディープインパクト)当然良いが去年の方が断然好み。
△158.アナスタシアブルー16(父オルフェーヴル)
△169.ミクロコスモス16(父ルーラーシップ)まずまず。
○175.グルヴェイグ16(父ハービンジャー)大物感あり。
△180.デュアルストーリー16(父ゴールドアリュール)分かりやすい良い馬。まずまず。
△183.ダークサファイア16(父キンシャサノキセキ)これも分かりやすい良い馬。少し緩いか。
△191.ピュアチャプレット16(父バゴ) 捨てたもんじゃない。穴ならこれ。
△198.マチカネホレルナヨ16(父ヴァーミリアン)

-----

まとめ

◎(4頭)

1.リリーオブザヴァレー16
109.マジックストーム16
110.ソベラニア16
G-24.タンタスエルテ16

○(15頭)

3.スタセリタ16
12.ラルナデミエル16
50.ゴールデンドックエー16
101.ライラックスアンドレース16
103.ドナブリーニ16
106.ミスエーニョ16
122.スカーレットレディ16
148.プラウドスペル16
149.オーサムフェザー16
151.シーズアタイガー16
159.ミュージカルウェイ16
162.カルマート16
171.モルガナイト16
175.グルヴェイグ16
G-29.スキッフル16

2017年1月 1日 (日)

関係者

新年早々闇ネタだこら。

一口野郎共は"関係者"というキーワードを聞いてどう感じるだろうか?

-----
かんけい‐しゃ【関係者】 の意味

ある事柄に関係がある人。「関係者以外立ち入り禁止」

[補説]新聞放送関係で、情報源を公表しないときや、
情報の信頼度が高いことを示す場合に用いた「権威筋」「消息筋」の代わりに使われるようになってきている。

-----

ググるとこんな感じの意味で出てくる訳だが、「ある事柄に関係がある人」だと定義が広義すぎるよな。「事柄に対して何らかの権限をもつ存在」という意味が付加されていると考えればしっくりくるのではないだろうか?

競馬の場合、調教師は競走馬を調教しレースにエントリする権限があるし、騎手は競走馬に乗りレースをする権限がある。馬主は競走馬を所有してる訳だからそれに付随する様々な権限がある。
これらは直接的な権限になるので誰が見ても"競馬関係者"に該当するだろうし、競馬そのものを施行する権限を持つ日本中央競馬会に属してる人間も言わずもがな"競馬関係者"であろう。

加えて一口クラブ(愛馬会法人/クラブ法人)は競走馬を金融商品として扱い、競馬に参加する権限があるし、牧場従業員も競走馬を育てる権限(というとこれは語弊があるか)があるから当然"競馬関係者"、さらに広義で捉えれば競走馬を取材する権限を与えられている競馬記者やウインズで馬券売る権限を与えられているおばちゃんも"競馬関係者"ってことになる。書けば書くほど何でもありだわなと思う訳(笑)結局、根本の馬に近ければ近い奴ほど"競馬関係者"色が強まるってだけの話だわな。

そもそも"関係者"という単語自体胡散臭い。競馬はギャンブル = 金欲が前面に出る業界だから尚更である。そういう、ただでさえ胡散臭い"関係者"ってやつが内輪でつるんでいたり、偉そうにしてるのを見るのは非常に嫌悪感を感じる。(特に競馬マスコミな。)それは同族嫌悪からくるものなのか?否、シンプルにそんなに偉いもんでもないからだ。確かに"関係者"ってやつはそれを生業にしてそれで飯を食ってたり、自らの財産を投じてるという意味ではガチ度が違う。それはどのような分野でも意味があり素晴らしいことだ。ただ、そうだとしてもそんなに偉ぶるもんでもねーだろうと。

長々と書いたが何を言いたいか?何かと権利ばっか主張してショボいとディスられる一口野郎ですら、競馬に対して少なからず金出してちょっとした権限を与えられている立派な"競馬関係者"ってこと。
だから一口野郎は他の競馬関係者と言われるような存在に対して劣等感を感じたり、媚びへつらうような事はしないでもらいたいのだ。
いつぞや競馬記者が参加する座談会に参加したことがあるが、巷に溢れる一口野郎のうんちくの方が全然マシなレベルだったしな。

一番腹立つ一口野郎は「俺はxxxx(競馬関係者)と知り合い。」ってやつ、てめえ自身の価値下げてるだけだからやめろや。そんなのに頼らず堂々と自分のことしか考えない勘違い野郎でいろよ。

そもそも競馬関係者ってやつと仲良くしていい事なんてほとんどない。最初はなんだか特別な存在になれたような優越感に浸れて楽しいのかもしれんが、知れば知るほど関係者面ってやつにゲンナリすることの方が多い。結局己が為に他を喰いものにしようとしてるだけだからな、競馬関係者ってやつは。
適度な距離感と時々ちょっとだけ絡むという塩梅、そして最後は自分が最強というマインド、これが本当に大事。あ、でも勘違いしないでもらいたいが一口出資者は馬主ではないからな(笑)間違っても馬主面はするなよ。

あ?「新年早々何言ってやがるんだ?ベジータって絶対人徳ないから年賀状届く枚数少ねーよな。」だと?当たりだよバカヤロー!

2016年12月31日 (土)

これから一口出資を始めようとする方へ

続いて、ただの年間収支報告でございます。

-----

2016年度一口出資 年間収支

社台RH (2頭 40分の1) :-7577円

サンデーR (3頭 40分の1):-472506円

社台地方オーナーズ(3頭 20分の1):-1135241円

東京HR(15頭 400分の1):+62267円

シルクR(13頭 500分の1):
-775966円

ロードTC(0頭 500分の1):
+188円

ノルマンディー(2頭 400分の1):
-18104円

キャロットC(3頭 400分の1):
-213247円

シェアリンクR(0頭 20分の1):-32000円

-2592166円 (41頭)

-----

赤字拡大、260万。相変わらず数字にするとひでえな(笑)

これから一口出資を始めようとするそこの貴方、これを見てどう思う?

金持ち父さん「べジータ下手すぎ(笑)つうか、こんだけ下手でこの頭数/クラブ数でもこんなもんで済むのか。」

と言うのなら、まずは金が正義のシルクホースクラブでひたすら金を積んでノーザンファーム生産の良い馬を買い漁る事をお薦めします。その上でキャロットクラブとサンデーRで年と金を重ねましょう。いつか必ず当たります。


貧乏父さん「うわ、べジータさんでもこれだけの赤字かよ。この規模で年間260万の赤字とかひくわ。手軽に楽しめるとかいうのは嘘かよ。」

と言うのなら、東京・シルクのノーザンファーム産でポテンヒットを狙いつつ、キャロットクラブで数年に一度の大当たりを狙うのが良いと思います。その上で幅を広げるならおまけでノルマンディーかなと。


いやいやちょっと待て、こうして改めて数字見るとやっぱ引くわー。年間260万っつうことは一月あたり約21万6000円ずつ損してるわけだろー。毎月21万、散財するならイイ女と美味いもん食いに行った方が良いし、投資目的なら投資信託とかしたほうが絶対いいじゃねーか。どんどん馬鹿馬鹿しくなってきやがった。何やってたんだ俺は。

これから一口出資を始めようとするそこのあなた、本当に考え直したほうが良いぞ!一口出資なんかに足をつっこまなくても競馬は楽しめる訳だし、自己満足するならPOGで十分事足りるじゃねーか。何よりも大事な金と時間の浪費などせず、他の事に金と時間を費やして人生を楽しんだほうが良くねーか?いや絶対良いって。それなりの期間やってきた奴が言うんだから間違いないって。

競馬ベジータ 2016年出資成績総括

今年もまもなく終わりますので、2016年出資成績を記録しておきます。

まずは中央競馬成績から。

-----

1.中央競馬出資馬 2016年成績

稼働頭数:30頭

戦績 149戦22勝(22-13-13-9-14-78) ↗ (前年18勝)

勝率 .148 ↗ (前年.134)

掲示板率 .477 ↗ (前年.463)

出資馬獲得総賞金 3億6188万 ↘ (前年4億1219万)

重賞勝ち:
なし

2016年終了時点での中央出資馬クラス構成

OP:4頭
1600万下:5頭
1000万下:1頭
500万下:8頭
未勝利:2頭
明け3歳未出走:1頭
明け2歳馬:16頭

2016年ファンド解散(引退など) 9頭

(*全て中央競馬のみでの集計)

-----

【べジータ所感】
勝ち数/勝率/掲示板率いずれも前年を上回ったものの、獲得総賞金はダウン。重賞勝ちできなかったのが痛い。また、現状規模(30頭前後)での一つの目安としている年間24勝/勝率2割も未達成。
未勝利勝ちだの500万下勝ちでは満足感は得られなくなっているので、大いに不満の残る結果となった。現OP馬および1600万下馬の奮起と明け3歳馬、ノーザンバカ全開で結局過去最多出資世代となってしまった明け2歳勢に期待したい。

続いて地方編。

-----

2.地方競馬出資馬 2016年成績

成績:25戦7勝 (7-3-0-4-0-11) ↗ (前年5勝)
勝率:.280 ↘ (前年.294)
連対率:.400 ↘ (前年.470)
掲示板率:.560 ↘ (前年.882)
重賞勝ち:
なし

2016年終了時点での地方出資馬クラス構成

B1:1頭
B3: 1頭
明け3歳条件馬:1頭
明け2歳馬:1頭

引退: 2頭 

-----

【べジータ所感】
引退馬が2頭出たのが痛い。特に2歳で引退のドライビングジョイには参った。

門別でおろすも南関東転入に必要な収得賞金50万に1万円足りず

水沢に移籍し1万円ゲットをもくろむも初戦は降雪でレース開催されず

年内ならまだ間に合うという事で12/26にレース使うも5着(1万円)に一歩足りずの6着

オークション行き確定も2016年内開催していないので、預託料の足しにするため年明けもう一度だけ使う(笑)

1万円の大事さを知りました(笑)
中央競馬では絶対的なノーザンファーム勢もこと地方競馬に関してはいまだ絶対ではない。そもそもノーザンファーム自体、地方競馬制圧目的ではないというのはあるにせよ、それ以上に地方ダート競馬の奥深さ、懐の深さを感じる。

-----

3. 2016年一口出資を振り返って

3-1.キャロットクラブの軍門に下る

ベジータの2016年は何といってもこれ(完全敗北宣言)
今年もリーディングオーナーのキャロットクラブ入り、なんでも負けるのは嫌なもんですが仕方ありません。負けは負け、大人しく受け入れます。
デビュー戦となったキュンメルは断然人気しながらもハナ差2着と早速洗礼を浴びる結果となりました。(笑)

3-2.ロードサラブレッドオーナーズ退会

先日のベルフィオーレ引退をもって出資馬がいなくなったことで2016年12月をもって退会手続きをとった。自分が一口出資を始めてから初めてのクラブ退会となり、どういう気持ちになるのかと思ったが、湧き上がる感情も特になくハイ終わり。

思えばイケイケドンドン、一口出資が楽しくて仕方がなかった時にロードカナロアの登場によりイケイケドンドンだったロードサラブレッドオーナーズに興味を持ち、レディバラード09(ロードハリケーン)に惚れこみ入会を即決。
そこから3世代出資した訳ですが、結果はふるいませんでした。

ロード自体の成績もロードカナロア以降、重賞勝ち馬こそキャトルフィーユ、エンジェルフェイス、ロードクエストと出ているが、全体の成績はふるわない。株でいうと見事に高値掴みをしてしまった。

ロードカナロア産駒がデビューしてくるこの先もたまに大物は出てくるだろうし、それを引き当ててこそという想いはあるのだが、ここ数年の凋落を見るにどうもケイアイファーム自体が噛み合っていないのと成績のふるわない小口クラブに金を出す事に対してのモチベーションも沸かないのでここで撤退する。

-----

ロードサラブレッドオーナーズ出資馬 最終成績

戦績 68戦9勝(9-11-5-4-8-31)

勝率 .132

掲示板率 .544

出資馬獲得総賞金 1億5672万

重賞勝ち:
なし

ロードサラブレッドオーナーズ出資馬最終クラス構成

OP:1頭(但し3歳春で引退)
1000万下:3頭
未勝利:3頭

計7頭

-----

3-3.ノルマンディーオーナーズクラブ退会予定撤回

ロードの退会とともに予定していたノルマンディーオーナーズクラブの退会だが、今年の躍進を目の当たりにし、予定を撤回。今期2次募集で出資することに。
ロードとは対照的にノルマンディーは岡田牧雄氏の方針とクラブ運営が上手く噛み合っているように思う。打倒ノーザンとまではいかずともダート競馬を中心に勢力を拡大させていくのではないだろうか。この前案内してくれたおねーちゃん、可愛かったし。

3-4.シェアリンクレーシングの顛末

シェアリンクレーシングが上手くいってない。山口氏がここに書いてるが、「シェアリンクレーシングは来年度2歳は新規募集は行わない事になりました」だとさ。共有ってのはやってみると大変だってのが分かります。

シェアリンクにはベジータも参加しましたが、まあ結果論ですが自分でやった方がいいわなと思った。なんていうか「オーナー感」ってのが皆無なんですわ。結局胴元の古谷らに金貢いでる感でバカバカしくなってくる訳です。(笑)

それにしてもシェアリンクレーシング、いきなりWebなくなってるし。。。共有会員のクレームだのトラブルだので嫌になるのはわかるが、そういうのがあるってのは業界のプロなら分かった上での立ち上げなんじゃねえの。組織体としては責任感なさすぎねーか?

3-5.フランケルと藤澤和雄厩舎と社台RH

ソウルスターリング、この馬が阪神JFを快勝した時、真っ先に2015年募集馬ツアーで見た時の感想を思い浮かべた。

-----

牡牝で1頭づつ選ぶならば、

牡:ムーンレディ
牝:スタセリタ

以上。人だかりもこの2頭が特に多かった印象です。もちろん他にも良い馬は沢山いましたが、競馬べジータの目指すところ=芝クラシックの王道を歩めそうなのはこの2頭かなと。2頭ともそれはもう素晴らしい「オーラ」のある馬でした。スタセリタなんかは普通に考えれば日本への適正はまったくの未知数ですし、牝馬らしくないのでどうなんだろう?という感じなんでしょうが、そういった常識、セオリーを打ち破るくらいのスケールの大きさを感じましたよ。周回展示の時に社長が怖い顔でずっとこの馬の歩く様を凝視していたのも印象に残りました。でもなんで藤澤厩舎に入るのかをちゃんと考えてみると、この馬に出資するのはリスクがあるなと思いました。「無事に繁殖に返す事も仕事」そういう事なのだろう。

-----

なーにが、「でもなんで藤澤厩舎に入るのかをちゃんと考えてみると、この馬に出資するのはリスクがあるなと思いました。「無事に繁殖に返す事も仕事」そういう事なのだろう。」だバカ、ほんと恥ずかしいわ。これぞクソ一口野郎だよな(笑)

フランケル、とても日本競馬に適性があるとは思えなかったが産駒初のG1勝ちが日本とは...

ノーザン全盛の今、固定観念として定着していたのは「社台RHはダメ」
堀厩舎全盛の今、固定観念として定着していたのは「藤澤厩舎は時代遅れ」

ソウルスターリングはこういった固定観念もぶち壊した馬。やっぱりこういった固定観念を取っ払わないと小市民は大当たりには辿り着けんわなと改めて感じさせられた。
でもなー、ソウルスターリング活躍の陰に隠れてるが、社台RHの中央2歳戦勝ち上がり9頭/1歳募集中止馬11頭っていうのを見るとやっぱダメだわって思うよな。(笑)今年の冬は雪も多いようだし、明け2歳勢も苦戦は免れないだろうな。

-----

最後に、2016年の馬券成績は回収率78%。馬券なんてクソ(笑)

ちくしょー!

 

2016年10月 3日 (月)

シルクホースクラブ2016募集 競馬ベジータスカウティングレポート

行ってきましたノーザンバカの集いパート2、さすがはノーザンファーム様という事でシルクにもしっかり良い馬を振り分けているのが感じられました。改めてその選別力を見せつけられるとともに、またしても「掌で踊ってる感」を実感させられるのでした。

他人のふんどしで相撲を取らせたら良い相撲とるのが、競馬野村克也そして競馬べジータスカウティングレポートです。「ノーザンバカは頭使わず踊ってナンボ」
とはいえ、自身の振り返りの為にも記録は残しておきます。この便所の落書きが一次募集締め切りが迫る中、盲目的になっているノーザンバカの参考になるのなら、これ以上の喜びはありません。

また例によって以下でピックアップされていない馬は変態スカウトマンべジータの目には留まらなかった馬ですが、寧ろその方が良いという話だろどうせ(笑)ぜひ逆指針としてもご活用頂ければ幸いでございます。

【べジータスカウター説明】

◎:重賞もしくはクラシック戦線確定級(地方馬は地方重賞/クラシック級)
○:OPクラス(生涯総賞金 牡馬1億超え/牝馬重賞勝ち)(地方馬はAクラス級)
▲:最低ライン(1000万下で勝ち負け/生涯総賞金 牡馬5000万超え/牝馬3000万超え)はいく(地方馬はBクラス級)
△:勝ち上がり確実
-:ワシは好かん

-----
<早来ファーム>

6.スナッチド15 △
歩いてて後ろに張りがあって良さを感じる。早来ファームのハーツクライ牝馬、正直イメージが沸かないが、同じ早来Fのキャロットハーツ牝馬2頭と同時期での比較出来たのは良かった。

スナッチド>グレイトフィーヴァー>カニョットの順と記しておく。答え合わせは再来年には。

22.ルシルク15 ▲
踏み込みが深く、いかにもパワータイプ。この繁殖も仔出しが良いし、このステージでは1番気に入った。何より安定感がある。顔も良い。

45.サダムグランジュテ15 △
阿部社長の一口コメントに「バランスに優れた」とあったのでどれどれと見てみたら本当だった(笑) 一口野郎共が総じて敬遠するステイゴールド牝馬だから人気はそこまで集めないでしょうし、抑えに一考したい良駒。

24.シルクユニバーサル15 ▲
分かり易く「良い馬ですね。」と言えるタイプ。これも種馬から大人気にはならないでしょうが、確実に勝ちを拾えるタイプではないかと。ただ、ベジータとは方向性の違いがある。

47.キューティゴールド15 △
阿部社長の一口コメントに「いかにもメジャー牡馬」とあったのでどれどれと見てみたら本当だった(笑) 後ろに張りがあって既に良い筋肉が付いている。飛節のうんたらかんたらは産まれた時に産道通る際のものとの事なんで、問題ないっしょ。

52.ディアアドマイヤ15 -
5月生まれという事で実馬見るのが楽しみだったのだが、後ろの歩幅が小さく気弱なお目めにガッカリした。ポジティブにはなれず。

*22、24のダート馬にメジャーらしい47が続く。早来Fさんは安定感/安心感がありますね。

-----

<ノーザンF Y-5&6>

4.キラーグレイシス15 ▲
出た~新開厩舎!ダート厩舎としての地位を確立しつつある中でのこの関東ハーツクライ、明らかに意図を感じる。「今期小口は関東ハーツ」という色眼鏡で見たせいか実馬はよく見えた。割り切りが出来る野郎向けだが、歩く様には重苦しさはなく、体を持て余している印象はない。

7.アートプリンセス15 △
周回で4.キラーグレイシス同様歩き良く見せ○印つけたので、どれどれと見に行った。が、左前の↓は立たせ方の問題だけではないと判断。評価を下げた。こういうのは気になる奴は気になるので前後からの静体写真はカタログに載せて欲しいところ。そういう意味では東京のカタログはよく出来ている。

Img_0731

15.シャルロットノアル15 △
緩さ感じるもなかなかの馬。ただ高望みするべジータにとっては納得し切れなかったのでこの印。

33.ペンカナプリンセス15 ▲(?)
5月下旬生まれなので、馬体うんぬんは割り引いて甘めに見てみたものの、それでも物足りなさは否めなかった。特にトモが薄く容積も少ない。歩く様は募集時動画より実際の方が捌きが軽く、いかにもディープらしさを感じたのでそこが救い。伸びしろに賭けるか、現時点の見たまま/感じたままで評価するか。。。投票に悩む一頭。

34.プチノワール15 ▲
33.ペンカナプリンセスと比較すると体重はあまり変わらないのだが、こっちの方が断然しっかり。イヤリングの偉い人も「現時点での比較ならやっぱりこっち」と言ってた。2頭順番に歩いてたが捌きなんかはディープのそれだし、安心感はある。ただ、サンデーの高馬軍団やキャロットのヒルダズパッションなんかと比較してしまうと。。。こちらも投票に悩む一頭。

42.リビアーモ15 -
案の定人だかりができていた。プロフィール的に納得なのだが、周回/静体ともどうもピンとこない。そんなテンションでしばらくボケーっと眺めてたら左腕に激痛、このタイミングで蜂に刺された(笑)痛えのなんのって。この出来事をどう捕らえるか?

蜂A.「おい、ボケーっと見てるその馬、とんでもねえ成績残す馬だから考え直せバカ」

蜂B.「この馬は止めといた方がいいぞ。今のうちから警告しておいてやるバカ」

それで悩む。突き抜ける感じではないと思うんだが。

63.ロゼカラー15 △
「意外といいかも」とだけメモが残っていたのでそう思ったのだろうが、印象は残っていない。「どうせワークフォースだろ(笑)いいや。」と思っていたら痛い目にあうのかも。

*ディープ牡馬2頭は見に行く前の期待が大きかっただけに拍子抜け。4.キラーグレイシスをダートonly/仕上がりに時間がかかるというのを許容した上で票を投じるかというところ。

-----

<ノーザンF Y-3>

1.パーシステントリー15 ○
シルクのディープ牡ならべジータは断然これ。肌は違うがラヴィエベール見た時の第一印象に酷似。思わず持ち手の人に「ラヴィエベールに似てませんか?」とクソ質問してしまった(笑)体高の高さに対して幅のない馬体、似てる。サイズ的には現時点ではベスト。唯一の不安は所属厩舎に入ってからの扱いか。それでもべジータは藤澤厩舎を信じる。

9.ラトーナ15 ▲
これもサイズバッチリ。ステイゴールドでこれだけあれば充分。実馬を見て評価を上げるパターンは上手くいった例もあるのでこれは一考したい馬。

23.メジロフランシス15 ▲
票を投じるか最後まで悩む事確実の1頭。確かに馬っぷりは非の打ち所がない素晴らしいもの。弾力性に富み、ムッチムチでゴムマリのよう。ただ実際に歩く様を見ても募集時動画で感じた前の硬さの印象は変わらず。肩が立っていて胸の筋肉もカチカチ。これを良い方に捉えるか悪い方に捉えるかで評価はガラッと変わるだろう。前が出ないのをその強烈な弾力性と後ろで補う後輪駆動のイメージ。本当に悩む。

37.アドマイヤテレサ15 △
動かしてのノビ良し。寝繋ぎなのは上と比較してもそこまで気になるものではないとの事。

38.カリ15 -
緩いと感じる。若駒は多少緩いくらいで良いのだろうが好きな部類の感じではなかった。

53..トゥハーモニー15 △
募集時動画のバランスの良さが好印象だったが、実馬は雰囲気/歩く様とも普通に感じた。こちらは実馬で評価を下げたパターン。

55.ミュージカルウェイ15 △
後ろは力感があるのだが、「放牧地では特に目立たず、馬に向かっていくようなタイプではない。闘争心とかとは無縁ですね。」という正直な話(笑)を聞いてうーんとなる。ファイタータイプが好きなべジータにとっては気に入らないネタだった。

*ここでは1.パーシステントリー。ラヴィエベールの再来で夢を見たいところ。9.ラトーナが次点。23.メジロフランシスは最後まで悩むことになる。

-----

<ノーザンF Y-9&10>

14.ブラックエンブレム15 △
さすが血統馬、動きの良さは目に付くがそれと同時にサイズの小ささも目に付く。6月ならともかく10月頭でこのサイズはさすがに抵抗がある。が、毎年人気のブラックエンブレムだけにサイズが嫌われるなら間隙をつく手もあるだろう。オルフェーヴルはサイズが小さい仔が多いがこれがどう出るか。

18.フサイチパンドラ15 ◎
シルク今期全募集馬No.1評価はこの馬。募集馬動画の段階から素晴らしいバランスでピックアップしていたが、実際に馬を見て更にその姿に驚嘆。歩いて良し、静体を見るとその全体のバランスの良さに魅かれる。時間内で何度も見に行って同じステージのディープ牝馬とも比較したが、こっちの方が好き。惚れた。これまでの産駒は結果が伴っていないが、ロードカナロアとの組み合わせがドンズバでハマッたパターンと見る。

35.サロミナ15 ▲
ボリューム感と後ろの肉付きは36より上。シルクのディープ牝馬はそれぞれ特徴があって甲乙つけがたい。最後は好みの問題だけだがべジータは全部票を投じておく。

36.ピラミマ15 ○
筋肉の質は現3歳フローレスマジックを連想した。パリッとしたいかにも良血の雰囲気。こういう馬は誰が見ても良い馬なので、くどくど言わなくてもいいだろう。当然有力株。

49.ウィッチトウショウ15 △
ここにも「メジャーらしい馬」がいた。完全にパワー先行型に見えたので牝馬だとこういうのはどうなの?と思う。メジャーエンブレムみたいなのを連想しておけば良いのだろうか。出来が素晴らしいのは言うまでもない。

*ここでは何といっても18.フサイチパンドラ15、久々にビビっと来た。ディープ2頭は宝くじ買う感覚。

-----

<ノーザンF Y-11&12>

3.モシーン15 ▲
目を見て、キツそうな印象。意志を感じるこの眼が良い方に出ると思う。このキツい印象とボリュームある後ろの感じから距離の融通性はどうかという風に感じたが、桜花賞目指すなら問題ないでしょう。

Img_0910

5.プリティカリーナ15 △
脚がどうなのか?という点については自分は気にならなかった。3.と16.とこの馬がクラシック路線by天栄場長ってことなので、期待値は高いのだろう。メジャーエンブレムで結果を出した調教師に良い牝馬を回しているようにも思うので、3,16と合わせて網をはっておく手はある。あと関東のハーツ....しつこいがこれも推し材料になろう。

16.サマーハ15 ○
募集馬動画確認段階では18.フサイチパンドラと同格の評価をしていたが、実馬を見てもやはり良かった。静体の時少し背たれにも見えたのでそこだけ気になったが、まあ大丈夫だろ。

20.エンジェルフォール15 ▲
ハービンジャーを諦めないものとしては評価は甘くなる(笑)が、この馬は贔屓目なしにバカにしたもんじゃない。前に出る感じが良いね。

39.ケイティーズベスト15 △
マズマズ。前から見たらハーツクライらしいタイプだなと。

40.ベルベットローブ15 △
好きなタイプ。野中厩舎も注目してるのでこの評価。不安要素は全兄のディライトクライが出来が良かったにもかかわらず結果が出なかった事。

48.ウーマンシークレット15 △
これもメジャーらしい馬。推進力がある感じが良いです。今期シルクのダイワメジャー産駒は総じて良い馬ばかり。

51.レーヴドスカー15 ▲
「どうせ客寄せパンダだろ」と思ってたが、やっぱりこの繫殖は素晴らしい。「いつか故障するだろう」とあらかじめ予防線張っておいて、それがクラシック後である事を祈るだけ。

54.アフリカンピアノ15 -
個人的には興味はなかったが、貴重な若手のホープからの依頼により確認。間違いがないようちゃんと見たつもりだが、これといって印象に残るものはなかった。サイズのせいだろうか。

59.フラーテイシャスミス15 △
周回展示でおっと思って近くで見たら緩さ感じた。牡馬ならなあ。

60.ラッドルチェンド15 ○
低価格帯ならこれ。何より後ろが良いし弾力性を感じる。サイズの割りに仕上がり自体は早そうとの事。

65.マザーロシア15 △
イロモノ枠だと思ってたが、案外面白そう。他クラブで性別も違うがレッドアルヴィスを思い出したので良い印象、当然ダート。これも牡馬ならなあ。

*60.ラッドルチェンド、51.レーヴドスカーに加え、3/5/16の関東牝馬3頭も良い。他にも印をつける馬が多く、牝馬は豊作。大穴は20.エンジェルフォール、応援したい。

まとめは以下。牡馬1頭・牝馬4頭が示す通り、"今期シルクは牝馬"これに尽きる。印を回した他の馬も含め牝馬への投票を厚めにした上で、牡馬の取捨選択にはぎりぎりまで悩む形になりそう。

----べジスポまとめ

◎:重賞もしくはクラシック戦線確定級(地方馬は地方重賞/クラシック級)

18.フサイチパンドラ15

○:OPクラス(生涯総賞金 牡馬1億超え/牝馬重賞勝ち)(地方馬はAクラス級)

1.パーシステントリー15
16.サマーハ15
36.ピラミマ15
60.ラッドルチェンド15

-----

今年のノーザンバカの集いパート2に行ってみて感じたのは、ライトユーザーが増えたという事。少なくとも昨年では見られなかった層が多かったように感じた。シルクホースクラブが打ち出してる方針はカタログのごあいさつで阿部社長が仰ってる通り、

「手軽に、幅広く、多くの皆様に、一口の素晴らしさを味わっていただく」

「勝つ歓びをみんなで分かち合う」

というものだが、良い意味ではシルクホースクラブは一口出資という趣味の裾野を広げている事に一役買っていて、それは確実に成果を出しており更に進んでいくという事を改めて感じさせられた。

その一方で、この趣味により自己顕示/優越感に浸りたいべジータ = 俗物層的にはこの"裾野の拡がり"というやつに抵抗を感じるようになってきた。一口出資やりたての頃なんかは「もっと裾野が拡がって欲しい。拡がれば資源供給元も小口の存在も無視できなくなる。そうなれば小市民も大レース勝つチャンスも増すだろ。」とか思ってたのに勝手だよな。でもな、上手く言えねーんだがこの趣味はある程度マニアックであるべきだと思うんだよ。

一口社会の根源である"競馬"自体、ファン層を拡大すべく女性を取り込もうとしているし、それも確実に結果が出ているように思う。売り手にとっては買い手を増やす販促行為は当然あるべきと思うんだが、なんというかそもそも"競馬"ってのがマニアックである意味気持ち悪い存在であるべき分野だと思うようになり、その世界に浸ってる期間が長いべジータなんぞは、UMAJOだのUmabiだのが蔓延る今の競馬のノリ/キャロットだのシルクだのが好走しまくる一口出資バブル的なノリには抵抗を感じるのである。

一口出資バブルの要因はノーザンファームの突出という点につきるのだろうが、その強大さがこの趣味が持つ希少性、マニアック性を希薄にしているのではないだろうか。ベテラン三蔵法師も言ってたが一強時代のこのご時世、"選ぶ楽しみ"ってのは確実に失われてる訳で、「ノーザン買っておけば当たる」ってのはさすがに面白みがないなと。

馬券と一緒で一口出資なんてもんもほとんどダメな馬つかまされてばっかで簡単には結果出ない、そんな中からごく稀に突出した成績を残す馬が出る。->それをブチ当てる->究極の自己満足と自己顕示を得るってのが良いんじゃねーのかと。

んな事言ってたらスプリンターズS、社台Fの1600万スウェプト産駒/尾関厩舎のレッドファルクスがぶっこ抜きやがった!こういうのはノーザンバカには絶対出資できない馬。スプリントとダートはまだまだ成長力に定評のある社台や日高でいけるな!口取り/表彰式での破顔一笑してやったりの哲や出資者達の姿を見て、「ああすげえなあ。こういうのブチ当てたら快感だろうなあ、痛快だろうなあ。これだよこれ、こういうのが究極の自己満足/自己顕示ってやつだろ」と素直に賞賛の気持ちになった訳。。。

ねーだろ!あーまさか別の東京の馬応援してる中、すぐ目の前で別のレッドの勝負服のG1勝ち見せられるとは思わなかったわ。これがレッドアリオンだったら良かったのに。G1勝てねえなあちくしょー!ノーザン様~何卒おねげーしますだ。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー