« 競馬ベジータ徹底分析2020 その4【厩舎】 | トップページ | 競馬ベジータ 2020年出資成績総括 »

2020年12月31日 (木)

競馬ベジータ徹底分析2020 その5【牧場】

最終回は牧場別成績です。便宜上3頭以上の馬の表でいきます。以下をご覧ください。

H 

はい、ノーザンバカ、以上。というのもさすがに味気ないので少しだけ。

これを見て頂いてベジータがノーザンバカに傾倒するのもご納得頂けるかと思います。社台ファームの成績が悲惨です。この中には社台RHの馬が5頭含まれているので、見事に金の面でも足を引っ張りまくっています。出資は自己責任という事で選馬については全てベジータが悪いのですが、それにしても相性が悪すぎるので見切りをつけてます。社台の影に隠れてますが、白老も29戦1勝ですから相性最悪ですね(笑)

一方で自負しているのは海外出身馬の目利き。これまでの3頭ともしっかり勝ち上がり、勝率/回収率とも悪くありません。外国産馬の時代は再び来る(もう来ている?)と思っているので引き続き琴線に触れた馬は積極的に狙っていきます。

という事で5回に渡ってお送りした徹底分析、いかがでしたでしょうか。最後にベジータ金言2020をまとめておきます。迷える一口野郎の参考になれば幸いです。

-----

金言その1"475 - 499kgで競走するイメージの馬を選べ。1にも2にも全体のバランス"

金言その2" 3000万円台までで投資対効果に見合う良い馬は必ずいる。重賞勝ちたいならリスクを取ってもノーザンの高馬へ"

金言その3" 自分の中で好相性(形が好きな)種馬を早く確立すべし。あとは積極的に先物買いにトライ"

金言その4"NF注力厩舎をしっかり見極めること"

金言その5"ノーザンバカになれ"

-----

« 競馬ベジータ徹底分析2020 その4【厩舎】 | トップページ | 競馬ベジータ 2020年出資成績総括 »

一口出資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 競馬ベジータ徹底分析2020 その4【厩舎】 | トップページ | 競馬ベジータ 2020年出資成績総括 »