« 2020年6月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年7月

2020年7月23日 (木)

一口出資のニューノーマル

コロナ第2波の兆候なニュースには気が滅入ります。そんな中でも競馬開催は継続中、関係者の皆様の努力には頭が下がる思いです。一方で一口出資界、社台グループの募集が一区切りつき現在は東京/シルクの募集真っ只中ですが、一口出資も新たな局面を迎えています。

 

-----
2020/7/23時点での主なクラブ会員特典状況
・牧場見学:×
・愛馬命名:○
・会報誌:○
・インターネットで愛馬の情報提供:○
・動画配信サービス:○
・愛馬のゼッケンプレゼント:○
・優勝賞品の提供:○
・優勝写真の提供:○
・優勝時記念撮影(口取り)へのご参加:×
・競馬場馬主席の一部提供:×
・重賞レース優勝記念品制作:○
・ノーザンホースパーク:△(予約制)
・G1優勝祝賀会:×
・クラブパーティーの開催:×
・北海道募集馬見学ツアー:×
・xxの夕べ(笑):×
・しがらき/天栄プレミアムツアー:×
・クラブラウンジ:×
-----

 

感染リスクの懸念がある特典は、コロナが収束したとしても全く同じ形に戻ることはないのではないでしょうか。

 

そんな中、アナウンスされたシルク・ホースクラブ「おうちツアー」募集馬最新動画公開予定。社台G募集の際も同様の取り組みはありましたが、特にノーザンバカ対象の募集馬ツアーの在り方は今後これがベースになっていくのではと感じます。
JTBの碇さんに会う事がなくなったり、道南バスに煩悩むき出しのノーザンバカを詰め込んで放牧地をぐるぐる回る絵にはもう戻ることはないと思うと、一抹の寂しさはありますね。牧場見学も何らかの形式変更があるでしょうし、パーティーの類もバーチャルな感じになるんでしょうかね。あと、xxの夕べは自粛方面からバッシングされるのでやめた方が良いと思います。度々トラブルになる口取りや馬主席なんかもついでだから止めとくかーも考えられますね。

 

馬と直接接する機会が影響を受ける(減る)のは致し方ないですが、これだと尚更一口"馬主"ではなく一口"出資/ファンクラブ"の趣がより強くなり、馬好きにとっては魅力低下ですね。ベジータも少なくとも今年度募集に対してのモチベーションは一向に上がりません。

それにしても「おうちツアー」とはよく言ったもんだ。本物のシルク兄さんの語りを楽しみにしておきますか。

 

-----
シルク・ホースクラブ「おうちツアー」公開予定のお知らせです。

7月30日(木)〜8月1日(土)に予定しておりました「2020年度北海道 募集馬見学ツアー」ですが、現在の新型コロナウイルス感染症の影響を考慮しまして開催の中止をご案内しておりましたが、募集馬についての最新の情報を少しでも皆様へお届けできるよう、シルク・ホースクラブ「おうちツアー」を企画しました。

 

「おうちツアー」とは、ご自宅で「募集馬見学ツアー」に参加したかのように募集馬を見ていただき、検討の材料にしていただく為の動画です。ノーザンファーム空港の門様にご協力いただきまして、募集馬全74頭の解説ナレーションが入り、そして募集馬見学ツアーの展示会場にいるかのようなカメラワークで募集馬を撮影いたしました!
7月16日に公式サイト「2020募集馬情報」で公開した動画よりも新しい動画で、測尺の馬体重は7月中旬計測の最新の馬体重を掲載しております。
是非、シルク・ホースクラブ「おうちツアー」をご出資の検討材料にご活用いただければと思います。
-----

« 2020年6月 | トップページ | 2020年12月 »