« 人はなぜ馬に金を出すのか | トップページ | これから一口出資を始めようとする方へ »

2020年1月 1日 (水)

競馬ベジータ 2019年出資成績総括

2019年出資成績を記録しておきます。
まずは中央競馬成績から。

-----

 

1.中央競馬出資馬 2019年成績

 

稼働頭数:46頭

 

戦績 187戦36勝(36-19-18-13-16-85) ↘ (前年37勝)

 

勝率 .193 ↘ (前年.248)

 

掲示板率 .545 ↘ (前年.604)

 

出資馬獲得総賞金 15億8454万 ↗ (前年14億0542万)

 

重賞勝ち:
7つ

 

2019年終了時点での中央出資馬クラス構成

 

OP:9頭
3勝クラス(1600万下):8頭
2勝クラス(1000万下):9頭
1勝クラス(500万下):8頭
未勝利:4頭
明け3歳未出走:9頭
明け2歳馬:8頭

 

2018年ファンド解散(引退など) 7頭

(*全て中央競馬のみでの集計)

 

-----

【べジータ所感】
年間勝利数/勝率とも前年を下回り勝率も2割をきってしまったものの、獲得総賞金は15億超え、G1勝ちも継続。牡馬クラシックを制することも出来た。アンチキャロットから卒業し本格的にノーザンバカへ。なりふり構わずノーザンバカ全開で出資した4歳世代の15年産、3歳世代の16年産も引き続き結果を出してくれた。重賞出走馬率は33.0%をキープ、3頭に1頭重賞出走を果たしている。もはやG1勝ちのみがこの趣味を続けている理由となった強欲野郎にとってはこの数字が重要。全てノーザンファームのお陰、2019年は36勝全てがノーザンファーム絡みということで、ついに完全体のノーザンバカとなった。完全に混じりっ気なしのノーザンバカ。

1

2

3

 

成績面では相変わらずシルクレーシング躍進の恩恵に預かれているのが大きい。以下は35頭近く出資してきている中での数字だが、勝率.246、平均獲得賞金7134万、重賞出走馬率35.3%。実績制の中、対した実績がない中でも上手く立ち回ってこの結果。「新シルク兄さん」襲名してから1年経ったが数字はキープ出来ている訳だが、明け2歳世代は満足な出資が出来なかったのでこれももう終わりだろう。

4

5

 

-----

 

2.地方競馬出資馬 2019年成績

 

成績:29戦2勝 (2-2-2-1-3-19) ↘ (前年4勝)
勝率:.068 ↘ (前年.102)
連対率:.137 ↘ (前年.205)
掲示板率:.344 ↘ (前年.461)
重賞勝ち:
なし

 

2019年終了時点での地方出資馬クラス構成

明け3歳馬:1頭
明け2歳馬:1頭

引退/ファンド解散: 2頭

 

-----

【べジータ所感】
相変わらずドマイナス。相変わらず地方競馬馬主やる奴は増えている感じがするが、そろそろ不景気になるしやらない方が賢明だぞ。これはマジで。個人での活動に完全にシフトしたので2020年からが勝負。

-----

 

3. 2019年出資を振り返って

 

3-1.個人

オーナーズと完全に決別完了、個人で重賞出るところまできた。

 

3-2.G1

牡馬クラシックと海外で勝てたのであとはダービー。

 

3-3.卒業

2019年終了時点でちょうど1000戦。(184勝)
1000戦200勝、通算勝率.200は達成ならずもノーザンバカも生きにくい時代になったので卒業を視野に。

« 人はなぜ馬に金を出すのか | トップページ | これから一口出資を始めようとする方へ »

一口出資」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。