« 2018年12月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年1月

2019年1月 1日 (火)

人はなぜ馬に金を出すのか

1.「純粋に馬が好きだから。」馬が好き、シンプルかつ最も明快な理由。根幹でもある。

2.「出資した馬が大金を運んでくる可能性があるなんて夢があるじゃないか。」投資対象としての馬。金融商品としての馬はほとんど儲からないのは分かっていても金儲けの可能性がある所に人は群がる。

3.「自分の金を使って選んだ馬が活躍、それによって自己満足/達成感を得たい。」ゲーム感覚。これもあるでしょう。

4.「とにかく馬に金出して、活躍したらそれをSNSでひけらかしたり周りに自慢したい。」自己顕示欲を満たす手段としての馬、金持ってて見せびらかし的なスタイルの奴らが馬をやる理由はほとんどこれだと思うので、欲を前面に押し出すスタイルとして大いに結構。ベジータもブログやるくらいだからその気はもちろんある。

5.「馬を通じて人脈を広げられる。一口クラブなら共通の趣味を持つ人と知り合う機会も多そうだ。」友達作りのツール、ベジータはあまり共感できないがこういう理由も当然あるでしょう。

こんなところか。上記のうちのいずれかという奴もいるだろうし、いくつかもしくは全てが該当するという奴もいるだろう。

新しい年を迎えて、競馬ベジータもなんで馬に金出してんのか?というのを改めて考えてみた時、

「名を残すことができる。金出して活躍したらそれを見出した自分が正しかったという(身勝手な)承認を得られた気分になる。」

この2つの理由が特に当てはまった。社会では特に秀でたものがなく歯車の一部でしかない自分が馬を買って走らせる事により、JBISやnetkeibaなどのデータベースやインターネット上に何らかしら形で名が残る。これは最終的にこの世からいなくなる自分という存在がいたという証跡を残すという行為ができるという事に他ならない。何の才能もなく大きな事を成し得なくてもこの世に名を残せる、なんとまあ素晴らしいことだろうか。あと、表立って社会に受け入れられることがないクソヤローにとっては、金出した馬が活躍するってのは英雄になった気分にさせてくれるんだよな。だからこそこの行為を軽んじるような奴には本当に腹が立つ。特に地方競馬馬主を軽んじる奴な!てめえらが考えてるほど甘くねーぞ。

ん?名前をこの世に残したいだけなら実名晒してブログとかフェイスブック、なんならyoutuberとかでもいいんじゃねーの?って?いや、個人のやつじゃダメなんだって!なんかこう機関的なところ、歴史に名を残す的なのがいいのよ。

« 2018年12月 | トップページ | 2020年1月 »