« キャロットクラブ2017募集 "アンチキャロット"競馬ベジータスカウティングレポート | トップページ

2017年9月23日 (土)

区切りの数字

先週(2017/9/16-18)の開催で1つ勝って、一口出資馬の中央競馬での勝ち数が100勝に到達した。悟空に師事し、2010年(2008年産)からこのゲームを初めて7世代目、通算620戦目での達成となった。

A「やい、ベジータ!いつも偉そうにデカい口叩いてるがてめえの成績実際どうなってんだよ?」

B「べジさん、今後ブロガー活動続けていくならこの区切りのタイミングで成績晒しておいた方がいいんじゃないすか?」

C「最近忘れっぽくなってるみたいですし、いつもの"備忘録"としてって感じでお願いしますよ。」

と各方面から情報開示要求?があったので、100という区切りの数字を達成した時点での中央競馬出資成績を残しておく。
競馬ベジータの規模感(稼働馬数20-30頭)だと"勝率2割、勝ち上がり率70%"という数字が目安だと勝手に思っていて、そこには及んでいないという事で残念ながらまだこのゲームからは抜けられない。

ただ、何度でも繰り返すが今はただひたすらノーザンバカになればこの辺の数字は上がってくる。流れが変わらないうちに金出してる馬がG1勝ってオサラバ、個人の活動にシフトしてより自己欲求を満たす方向へ。というのが理想だな。

Db3

Db_4

Db2_2

 

« キャロットクラブ2017募集 "アンチキャロット"競馬ベジータスカウティングレポート | トップページ

一口出資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キャロットクラブ2017募集 "アンチキャロット"競馬ベジータスカウティングレポート | トップページ