« 競馬べジータの2017年上半期を振り返る。 | トップページ

2017年7月 8日 (土)

金の話

例えばこんな感じ。

------

【収入】

出走手当 (2走)

:180000円

【支出】

預託料 5330円/1日(税抜) = 160000円

消費税 12800円

出走申し込み料金 1500円

装蹄費 18000円(税込)

獣医治療費 5832円(税込)

特別飼料代 20088円(税込)

ニンジン代 3300円(税込)

予防接種 3500円(税込)

:225020円

【収支】

-45020円

-----

地方での1例な。これにお心遣いという名の割引が少しされる。オーナーズとかおねーちゃんと遊んで吹っ飛ぶのとそんなに変わらんでしょ?

こういうリアルなのを情報交換したいよな。預ける地区によって相場が違うのは理解しているが、その場所の相場に対してこれが高いのか安いのかよく分からん。そもそも相場ってのもあってないようなもので、あえてブラックボックスにしてるんだよなきっと。それとも同じ地区内においては大差ないように各調教師会で紳士協定結ばれてんのかね。
これとかに、連絡先一覧はあるんだけど小物だから聞きづらいので価格.comとかトリバゴみてーに「預託料比較サイト」みたいなの欲しいわと思う。地方なら地方競馬全国協会、中央ならJRAがそういう案内用意すれば馬主になろうとする人にとっていいんじゃないの?

一口出資だと「維持費」という一言で丸められるランニングコスト、ひと月100万以上になった時など以外はその明細までは開示されることはない訳だから、疑り深いベジータなんぞは「ホントにこんなに金かけるもんなのかよ」と思う訳です。

まー、なんでもかんでもオープンにってのもそもそもおかしな話だし、そういう細かい言うと「これだから弱小は(笑)」とクソヤロー扱い受ける事確定だし、馬社会の常識ってやつがあるんだろうから「グダグダ言うな。餅は餅屋って事知らねーのか?」というのが結論なんだろうが、特別飼料代などは「なんか凄そうだけどどんな効能なのよ(笑)」とか興味あるんだよ俺は。(笑)

あと馬運車による輸送費もバラバラみたい。厩舎お得意様の育成先/休養先があるように、馬運車会社とのやりとりも「付き合い」の上でってのがあると聞く。そんなの分からんって。(笑)これもトリバゴみたいに....以下略。

« 競馬べジータの2017年上半期を振り返る。 | トップページ

おもひで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 競馬べジータの2017年上半期を振り返る。 | トップページ