« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月23日 (火)

競馬悟空グループ POG 2016-2017 最終局面および2017-2018 開催要綱

ドラP参加者各位

2016-2017POG期間もラストウィーク、残すは日本ダービーのみという事で競馬悟空グループの覇権争いでもあるドラPもいよいよ最終局面をむかえています。

ここ

優勝争いは三蔵法師とべジータに絞られています。ダービーでのアトサキで決着という状況です。

それぞれのダービー出走馬は

三蔵法師:アルアイン
べジータ:レイデオロ、サトノアーサー

ポイント差が3952pt差、ダービーの5着までの賞金は

1着 20000万円
2着 8000万円
3着 5000万円
4着 3000万円
5着 2000万円

ですから全ては3頭の着順次第。
アルアインだけにはなんとしても勝って欲しくないし、指名しておきながらレイデオロでキャロットがダービー制覇という絵も見たくない。(藤沢調教師の悲願達成は来年でお願いしたい。)という訳でサトノアーサー勝利でアルアイン、レイデオロがズブズブという結果で宜しくお願いしたい。

また、来期の開催も決定。悟空グループ第4の男は2期連続の最下位が確定、成績不振を重く見たDPC(Dragon POG Council :ドラP評議会)は全会一致で無期限活動停止処分を通達、本人もこれを受理し、修行の旅に出ました。

DPCは返す刀で新参者として競馬トランクスの参加も一方的に決定、第3期は以下要綱で開催する形としました。ルールは前期を踏襲です。

-----

第3回(2017-2018シーズン) 競馬悟空グループPOG(ドラP)開催要綱

1.参加者(予定):

競馬悟空
競馬三蔵法師
シルク師匠(連絡待ち)
競馬トランクス(新規参入)
競馬べジータ (幹事)

2.ルール:

・2017年 JRA2歳新馬戦開催日から翌2018年東京優駿日本ダービー当日の最終レースまでのJRA開催(中央競馬)レースを対象とし、本賞金の10000万分の1を1ポイント、全レース5着本賞金までがポイント対象として、獲得ポイントを競い合う事とする。

・地方競馬、海外競馬に関しては海外遠征、地方交流、移籍などによる賞金獲得など一切ポイントに含まれない事とする。また、保険金、付加賞金、抹消給付金など本賞金以外の賞金も一切ポイントに含まれない事とする。

・指名頭数は10頭、以下の条件にて指名する事とする。

一口クラブ指名枠(6頭):
競馬悟空グループメンバーが所属している主要一口クラブ(サンデーR、社台RH、G1レーシング、キャロットクラブ、シルクホースクラブ、東京サラブレッドクラブ)所属の2歳馬より、クラブ毎に1頭選択する。牡馬/牝馬の選択は自由とする。

サンデーR: aaaaaa
社台RH: bbbbbb
G1レーシング: cccccc
キャロットクラブ: dddddd
シルクホースクラブ: eeeeee
東京サラブレッドクラブ: ffffff

というように指名。

フリー枠(4頭):
上記クラブ、上記クラブ以外、個人所有などどのような条件からでも自由に選択可能とする。こちらも牡馬/牝馬の選択は自由とする。

・メンバー間での指名重複アリ。指名後の指名馬入れ替え、期間中抹消時における代替指名は一切ナシ。

・指名馬には”ノーザンファーム生産以外”の馬を必ず最低3頭含めること(3頭以上でも構わない)

・ポイント管理はPOGスタリオンを使用、サイトのポイント計算を全面的に信用する事とするが、明らかに計算がおかしいような事態が生じる場合は、メンバー間で審議する事とする。 指名確定後、幹事べジータが登録。

3.優勝者特典

・ゲーム終了後から2018年中、競馬悟空グループ代表権利
・悟空グループ代表 襲名披露会主役
・サプライズ?

-----

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »