« これから一口出資を始めようとする方へ | トップページ | 時代が後から追いかけた。そうか!早すぎたんだ »

2017年1月 1日 (日)

関係者

新年早々闇ネタだこら。

一口野郎共は"関係者"というキーワードを聞いてどう感じるだろうか?

-----
かんけい‐しゃ【関係者】 の意味

ある事柄に関係がある人。「関係者以外立ち入り禁止」

[補説]新聞放送関係で、情報源を公表しないときや、
情報の信頼度が高いことを示す場合に用いた「権威筋」「消息筋」の代わりに使われるようになってきている。

-----

ググるとこんな感じの意味で出てくる訳だが、「ある事柄に関係がある人」だと定義が広義すぎるよな。「事柄に対して何らかの権限をもつ存在」という意味が付加されていると考えればしっくりくるのではないだろうか?

競馬の場合、調教師は競走馬を調教しレースにエントリする権限があるし、騎手は競走馬に乗りレースをする権限がある。馬主は競走馬を所有してる訳だからそれに付随する様々な権限がある。
これらは直接的な権限になるので誰が見ても"競馬関係者"に該当するだろうし、競馬そのものを施行する権限を持つ日本中央競馬会に属してる人間も言わずもがな"競馬関係者"であろう。

加えて一口クラブ(愛馬会法人/クラブ法人)は競走馬を金融商品として扱い、競馬に参加する権限があるし、牧場従業員も競走馬を育てる権限(というとこれは語弊があるか)があるから当然"競馬関係者"、さらに広義で捉えれば競走馬を取材する権限を与えられている競馬記者やウインズで馬券売る権限を与えられているおばちゃんも"競馬関係者"ってことになる。書けば書くほど何でもありだわなと思う訳(笑)結局、根本の馬に近ければ近い奴ほど"競馬関係者"色が強まるってだけの話だわな。

そもそも"関係者"という単語自体胡散臭い。競馬はギャンブル = 金欲が前面に出る業界だから尚更である。そういう、ただでさえ胡散臭い"関係者"ってやつが内輪でつるんでいたり、偉そうにしてるのを見るのは非常に嫌悪感を感じる。(特に競馬マスコミな。)それは同族嫌悪からくるものなのか?否、シンプルにそんなに偉いもんでもないからだ。確かに"関係者"ってやつはそれを生業にしてそれで飯を食ってたり、自らの財産を投じてるという意味ではガチ度が違う。それはどのような分野でも意味があり素晴らしいことだ。ただ、そうだとしてもそんなに偉ぶるもんでもねーだろうと。

長々と書いたが何を言いたいか?何かと権利ばっか主張してショボいとディスられる一口野郎ですら、競馬に対して少なからず金出してちょっとした権限を与えられている立派な"競馬関係者"ってこと。
だから一口野郎は他の競馬関係者と言われるような存在に対して劣等感を感じたり、媚びへつらうような事はしないでもらいたいのだ。
いつぞや競馬記者が参加する座談会に参加したことがあるが、巷に溢れる一口野郎のうんちくの方が全然マシなレベルだったしな。

一番腹立つ一口野郎は「俺はxxxx(競馬関係者)と知り合い。」ってやつ、てめえ自身の価値下げてるだけだからやめろや。そんなのに頼らず堂々と自分のことしか考えない勘違い野郎でいろよ。

そもそも競馬関係者ってやつと仲良くしていい事なんてほとんどない。最初はなんだか特別な存在になれたような優越感に浸れて楽しいのかもしれんが、知れば知るほど関係者面ってやつにゲンナリすることの方が多い。結局己が為に他を喰いものにしようとしてるだけだからな、競馬関係者ってやつは。
適度な距離感と時々ちょっとだけ絡むという塩梅、そして最後は自分が最強というマインド、これが本当に大事。あ、でも勘違いしないでもらいたいが一口出資者は馬主ではないからな(笑)間違っても馬主面はするなよ。

あ?「新年早々何言ってやがるんだ?ベジータって絶対人徳ないから年賀状届く枚数少ねーよな。」だと?当たりだよバカヤロー!

« これから一口出資を始めようとする方へ | トップページ | 時代が後から追いかけた。そうか!早すぎたんだ »

一口出資」カテゴリの記事

コメント

ベジータさん、こんにちは。
先日、シェアリンクに関して言及した者です。
(ななしでのコメント失礼しました。)

新年早々荒れていますね笑
私は今年初めてファンド2頭に出資しました。
念願の?社台グループ会員の集いに参加し、小金持ちの
集いってこんなものか・・・と感じることができたのは収穫でした。
(ベジータさんのコメントに通じるものがあるかと思いますが、関係者として
ただのタニマチ気分を味わえるコミュニティだと。悪い意味ではないです。)

また、地方競馬の馬主資格を取得したので、馬主登録維持のためにも
一頭共有馬主の出資を決めたところです。

今後、これ以上(3頭以上)増やすつもりはありません。
所詮、一口馬主界のヒエラルキーの底辺にいる自分が損をせずにいつづける
ことはほぼ不可能だと思うからです。

もちろん、購入費用を抑えられればリスクが低減することは間違いないので、
①中央、募集価格2,000万円以内、ダート狙い。
②地方(南関)、募集価格500万円以内。
この条件に絞って細々と続けていこうと思います。

山手ミサイルさん

>念願の?社台グループ会員の集いに参加し、小金持ちの集いってこんなものか・・・と感じることができたのは収穫でした。

このコメント、秀逸です。ベジータは会員の集いには参加した事はありませんが、タニマチ感を味わうにはもってこいの場なんでしょう。金を出して自己満足感を得るってそういうことかと。

地方競馬馬主、素晴らしいことです。この間とある地方オーナーズの馬の応援に行った時、
隣にいた個人馬主連中に「オーナーズ連中は群れてて気に喰わん」みたいな事言われました(笑)
オーナーズも所詮オーナーズ扱いなので、ピン芸人目指さねーとダメだなと改めて思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« これから一口出資を始めようとする方へ | トップページ | 時代が後から追いかけた。そうか!早すぎたんだ »