« 2016年12月 | トップページ

2017年1月

2017年1月 3日 (火)

時代が後から追いかけた。そうか!早すぎたんだ

昨日ラジオで坂本龍一が、

「インターネットが普及する以前の1986年くらい、既に配信スタイルでの音楽ビジネスを構想/企画していた。」

みたいな話をしていた。当時の諸々の背景から実現には至たらなかったが、今は主流になりつつあるこのモデル、音楽をやる表現者としては可能性が広がるのと表現の垣根がなくなって様々な音楽にふれる機会が多くなり素晴らしいものだみたいな話だった。

このように時代を先取りし過ぎて、後になって「それ、俺は流行る前から考えてたのに!ちくしょー!」となるのはよく聞く話ではあるが、最近の競馬ネタにおいてもこれを感じることがあった。

-----
リアルダービースタリオン

競馬ファンなら1度は遊んだことがある 「ダービースタリオン」をniconicoを使ってリアルに再現。

ダビスタ開発者の薗部博之氏をはじめ 先輩馬主や調教師の方にアドバイスをもらいながら、ユーザーみんなで購入する馬を決めたり、馬に名前をつけたりして、出産、育成、レースデビュー、引退までを追いかけていきます。

-----

これを見た瞬間、ベジータは数年前に旋風を巻き起こした以下を思い出した。

株式会社スクーデリア開業記念「クラブ牧場名を大募集」

謎の秘密結社スクーデリアについてはここがよく纏められている。
まさに時代が早すぎた。一口野郎共が増殖し、サンクスホースプロジェクトだのリヤンドファミユパートナーシップだのクラウドファウンディングが認知されつつある今ならもしかしたら別の展開があったのかもしれんなと。クラウドファンディングというジャンル自体も相当胡散臭いがな(笑)

それにしても、こういうのを見てもやっぱり馬業界っつうのは胡散臭いねえ。だからこそ憑りつかれる奴が多いんだろうけど。リアルダビスタってのはバック(運営)が市民権を得てて、ユーザー側に金がかからないというからまだマシなんだろうか。
どうせ軌道に乗ってきたら「ニコニコプレミアム会員のみの特典」とか出てくるんだろうがな。

ま、そうなったとしても金の為にやってるってのが分かりやすくてある意味健全だよな。
一番クソなのは「これは馬の為です。決してお金儲けじゃないです!」とかいうの。そういうのは寧ろ不誠実で気持ち悪いからやめろって。競馬なんてもんは馬を使った経済活動だからな。金の為にやってますって開き直った方が気持ちいいわ。

馬業界に色々金出す経験して分かったのは、ノーザンバカでいることが一番楽で幸せってこと。ノーザンファームが作り上げたシステムは余計な事知らないで、自己満足感が得られる。競馬が持つ闇の部分を極力排除したブランディングは洗練されている。
でも、そういうのも競馬の闇の部分を知らないと比較できないでしょうか。

という訳で、闇を知りたい人は競馬ベジータファンドへ寄付をお願いします。

2017年1月 1日 (日)

関係者

新年早々闇ネタだこら。

一口野郎共は"関係者"というキーワードを聞いてどう感じるだろうか?

-----
かんけい‐しゃ【関係者】 の意味

ある事柄に関係がある人。「関係者以外立ち入り禁止」

[補説]新聞放送関係で、情報源を公表しないときや、
情報の信頼度が高いことを示す場合に用いた「権威筋」「消息筋」の代わりに使われるようになってきている。

-----

ググるとこんな感じの意味で出てくる訳だが、「ある事柄に関係がある人」だと定義が広義すぎるよな。「事柄に対して何らかの権限をもつ存在」という意味が付加されていると考えればしっくりくるのではないだろうか?

競馬の場合、調教師は競走馬を調教しレースにエントリする権限があるし、騎手は競走馬に乗りレースをする権限がある。馬主は競走馬を所有してる訳だからそれに付随する様々な権限がある。
これらは直接的な権限になるので誰が見ても"競馬関係者"に該当するだろうし、競馬そのものを施行する権限を持つ日本中央競馬会に属してる人間も言わずもがな"競馬関係者"であろう。

加えて一口クラブ(愛馬会法人/クラブ法人)は競走馬を金融商品として扱い、競馬に参加する権限があるし、牧場従業員も競走馬を育てる権限(というとこれは語弊があるか)があるから当然"競馬関係者"、さらに広義で捉えれば競走馬を取材する権限を与えられている競馬記者やウインズで馬券売る権限を与えられているおばちゃんも"競馬関係者"ってことになる。書けば書くほど何でもありだわなと思う訳(笑)結局、根本の馬に近ければ近い奴ほど"競馬関係者"色が強まるってだけの話だわな。

そもそも"関係者"という単語自体胡散臭い。競馬はギャンブル = 金欲が前面に出る業界だから尚更である。そういう、ただでさえ胡散臭い"関係者"ってやつが内輪でつるんでいたり、偉そうにしてるのを見るのは非常に嫌悪感を感じる。(特に競馬マスコミな。)それは同族嫌悪からくるものなのか?否、シンプルにそんなに偉いもんでもないからだ。確かに"関係者"ってやつはそれを生業にしてそれで飯を食ってたり、自らの財産を投じてるという意味ではガチ度が違う。それはどのような分野でも意味があり素晴らしいことだ。ただ、そうだとしてもそんなに偉ぶるもんでもねーだろうと。

長々と書いたが何を言いたいか?何かと権利ばっか主張してショボいとディスられる一口野郎ですら、競馬に対して少なからず金出してちょっとした権限を与えられている立派な"競馬関係者"ってこと。
だから一口野郎は他の競馬関係者と言われるような存在に対して劣等感を感じたり、媚びへつらうような事はしないでもらいたいのだ。
いつぞや競馬記者が参加する座談会に参加したことがあるが、巷に溢れる一口野郎のうんちくの方が全然マシなレベルだったしな。

一番腹立つ一口野郎は「俺はxxxx(競馬関係者)と知り合い。」ってやつ、てめえ自身の価値下げてるだけだからやめろや。そんなのに頼らず堂々と自分のことしか考えない勘違い野郎でいろよ。

そもそも競馬関係者ってやつと仲良くしていい事なんてほとんどない。最初はなんだか特別な存在になれたような優越感に浸れて楽しいのかもしれんが、知れば知るほど関係者面ってやつにゲンナリすることの方が多い。結局己が為に他を喰いものにしようとしてるだけだからな、競馬関係者ってやつは。
適度な距離感と時々ちょっとだけ絡むという塩梅、そして最後は自分が最強というマインド、これが本当に大事。あ、でも勘違いしないでもらいたいが一口出資者は馬主ではないからな(笑)間違っても馬主面はするなよ。

あ?「新年早々何言ってやがるんだ?ベジータって絶対人徳ないから年賀状届く枚数少ねーよな。」だと?当たりだよバカヤロー!

« 2016年12月 | トップページ