« 競馬べジータグループ頭領 就任祝賀会 | トップページ | 出資馬をさらすこと »

2016年7月28日 (木)

一口野郎と馬券

競馬 = 馬券

競馬の根幹を支えているのは勝馬投票券(馬券)の売上であることに異論を唱える奴はいないだろう。近年JRAのたゆまない努力により、クリーンなブランドイメージが作り上げられていてるものの、競馬はギャンブル。これが根幹。競馬を嗜む俗物は総じて多かれ少なかれ馬券を楽しんでいるだろう。

一口野郎が競走馬に出資して自己満足出来て、自己顕示欲を満たす事ができるのも競馬という舞台が成立しているからであり、その舞台運営/興行が続くのも馬券の売上があるからこそ。馬券は本当に尊いもの。競馬をやっている奴にとっては切り離せない存在である。

しかし、競馬べジータ 本当に馬券が当たらない。悲しくなるくらい馬券が当たらない。馬券を買っては外して、「馬券なんてクソ」とか愚痴る事多数である。そんな致命的に馬券が当たらない星のもとに生まれた競馬べジータ、その運命に逆らうよりも受け入れて上手く活用する術を考えた結果、ある結論にたどり着いた訳です。ダークサイダーが集うべジブロ、信者であれば大体想像がつくのではないだろうか? そう、「逆張り」という手段に。

一口野郎は自分の出資馬が出るレースで馬券を買う場合、「応援馬券」として出資馬の馬券を買うのが普通だろう。出資馬が勝って更に馬券も当たって2重の喜び、これは本当にテンションが上がり幸福を得られる行為であろう。クソ一口野郎べジータをしてもその考えは同意で、「よーし、追い切りも動いて相手関係にも恵まれた、ここは勝つだろグヘへ」と思うと思わず馬券も買いたくなる訳です。

ところが残念ながら世の中そんなに甘くない訳で、大概そういう時は出資馬も負けて馬券も散々の2重苦を味わうというのが現実。「なんでキャロットの馬はさくっと勝つのにワシの馬は勝負掛かりでもさくっと負けんのよ!」となって、「馬券も外れるし、一口、そして競馬ってホントクソみてえな趣味だな!」とグチグチ文句垂れながら安い酒をあおることになります。

このダークサイドスパイラル、2重苦を脱却する意味で「逆張り」は非常に有効な手段です。
やり方は単純です。自分の出資馬が出るレースでは"出資馬以外"の馬券を買うのです。そうするとアラ不思議

a.出資馬が勝って馬券は外れる = 出資馬が勝つことにより自己満足、達成感は得られるのでまあ良いかってなる。

b.出資馬は負けるが馬券は当たる = 出資馬は負けて残念だが、馬券によって懐は温まるのでまあ良いかってなる。

これこそリスクヘッジってやつじゃねーの?これ思いついたべジータはやっぱすげえな。こういう何の根拠もないオカルト話を嫌う悟空あたりは、「まーた、何言ってやがるんだバカが」と思うのでしょうが、馬券ダークサイダーのダークフォースというのは実に凄いもので、本当にこれやると出資馬勝つんだって!この間のクライムメジャーの時でもソーグリッタリングから馬連流したらちゃんとクライムメジャー勝ったぞ。

ちなみに、グループで一番馬券を買う(はず)競馬悟空グループ第4の男は正統派一口野郎の馬券の買い方で、自身の出資馬を真剣に見極めた上で出資馬の馬券を購入します。出資馬が被って一緒にレース見る時などは「べジータ、馬券買った?」と聞かれる事もあるのですが、べジータの答えはいつも「買いました!○○(出資馬)以外で!」となります。そうすると「よーやるわ。虚し くなんねえの?」と返ってくるわけですが(笑)べジータだって本当は出資馬の単勝馬券買って、出資馬1着、馬券もウハウハってのをやりたいのよ。でも本当に当たんねーんだから!疫病神になるよりマシだべ。

あと、逆張りは嫌いなキャロット馬に対してもよくやります。(勝って欲しくないキャロット馬の馬券購入)ただ、大体は大正義ノーザンFの強大なセントフォースによってべジータフォースはあっさりとはじき返されます。出資馬負けてキャロット馬で馬券的中ってのは虚しさが懐の温もりを余裕で上回るのでリスクヘッジになりません。

ちくしょーが!

« 競馬べジータグループ頭領 就任祝賀会 | トップページ | 出資馬をさらすこと »

一口出資」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。