« 東京サラブレッドクラブ2016募集スカウティングレポート 【夢の続きその1】 | トップページ | 競馬べジータグループ頭領 就任祝賀会 »

2016年7月25日 (月)

東京サラブレッドクラブ2016募集スカウティングレポート 【夢の続きその2】

翌2011年も"キーンランドの挑戦"は続きます。

Img_0046

Img_0047

"今年も皆様のご期待にお応えできる逸材を購買するための態勢を整え、当セールへと望みました"

この年の様子はこちらの記事にも書いた通り。プロ集団 キーンランド・プロジェクトチームはここでも大活躍でした(笑)

牝馬で競り落としたのは以下2頭。

レッドファンタジア(キャットチャット10)

-> 2.レッドファンタジア15の母

Img_0048

Img_0049

募集時動画

201112動画

201202動画

201205動画

レッドエルザ(ベルヴァ10)

-> 15..レッドエルザ15の母

Img_0050

Img_0051

募集時動画

201112動画


201202動画


201203動画


201205動画

前年の3頭に続き、この2頭も競走成績は奮いませんでした。しかし、いずれも来るべき次世代のクラブ運営を見据えた繁殖目的の購入であったのは明白でした。その第一世代となるのが今期2016募集です。5頭にはいずれも今や大種牡馬となったディープインパクトがつけられ、それが無事募集となった訳で、これは2010年から6年越しの夢の続き、いや新たな夢の始まりという事になります。これにのっからずして東京会員である意味はありましょうか?いやないでしょう。

俺達の哲は今年度募集馬カタログでの冒頭ごあいさつで以下のように述べてます。

「リニューアルから10年目を迎えるメモリアルイヤーに相応しい、豪華絢爛なラインナップをご提供できる運びになりました。-中略- 血統面での裏づけはもとより、専任スタッフをはじめ、東西のトップトレーナーや獣医師など、各分野のプロフェッショナルと考察を重ね、厳格な選定ラインに到達したA級馬のみで構成された究極の布陣は、皆様の厳しいお眼鏡にも必ずや適うであろう逸材たちであると自負しております。」

「生涯一度の3歳クラシック競走への挑戦はもちろん、日本のすべてのホースマンが夢見る、その先の世界のステージへ。競馬に親しむことでしか出会えない壮大な夢、永遠となる歓喜の瞬間、私たちがデザインする世界の大舞台への夢を現実のものとするために、東京サラブレッドクラブは確固たる意志を持って、皆様とともに邁進を続けます。」

あの時と変わらない"夢"そして"意志"。東京魂、Tokyo Spiritsは死んではいません。

競馬べジータの一口野郎としての歩みは東京サラブレッドクラブと共にあります。キャロットの軍門に下った今もその想いは変わりません。私のメインクラブは後にも先にも東京サラブレッドクラブ、このスタンスは変えるつもりはありません。

Img_0073

「世界の競馬」への挑戦、東京サラブレッドクラブメモリアルイヤー募集にこの夢を託したいと思います。

« 東京サラブレッドクラブ2016募集スカウティングレポート 【夢の続きその1】 | トップページ | 競馬べジータグループ頭領 就任祝賀会 »

一口出資」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。