« ザッツPOG 有力オーナー別期待の2歳馬 サンデーレーシング編 | トップページ | 続 ミッドウェイオーナーズ »

2016年4月22日 (金)

南関クラシック結果とホッカイドウ競馬開幕に思うこと

「ベジブロ、ここの所ノーザンファームネタかPOGネタばっかで、元々つまらないのに輪をかけてクソなんですけど。」という御意見を頂戴しました。
うるせー!"ノーザン"だの"POG"っつうキーワードでアクセス稼ぎまくって布石打ってんだから黙ってろや。と言いたい所だが、確かにノーザンPOGバカにも飽きてきたので、今日は違う角度の記事を垂れ流し。

今週行われた南関クラシック 羽田盃と東京プリンセス賞、更に門別ホッカイドウ競馬開幕について触れたいと思います。

<2016羽田盃>

1着 タービランス(1人気) 厚真大川牧場産 浦和水野厩舎 父パイロ
2着 トロヴァオ(3人気) 安平ノーザンファーム産 大井荒山厩舎 父カネヒキリ
3着  ジャーニーマン(6人気) 新ひだかグランド牧場産 川崎内田厩舎 父サウスヴィグラス

<2016東京プリンセス賞>

1着 リンダリンダ(2人気) 登別ユートピア牧場産 大井荒山厩舎 父フレンチデピュティ
2着 スアデラ(5人気) 千歳社台ファーム産 船橋佐藤厩舎 父ゴールドアリュール
3着 モダンウーマン(1人気) 新ひだかグランド牧場産 川崎佐々木厩舎 父サウスヴィグラス

まさに多士済々、中央競馬のノーザンファーム寡占状態とは違いバリエーションに富んだ面子が活躍を見せる地方競馬はやっぱり面白い。トロヴァオ、スアデラといったノーザン/社台F勢を下し、厚真産や登別産が勝利を収める場面は爽快感すら覚える。

そんな中でもやはり荒山厩舎とグランド牧場サウスヴィグラスの素晴らしさが浮かび上がってくる。これらは今後も権勢をふるう事だろう。そしてこの2つのキーワードを上回る、最も大事な事実を忘れてはならない。これら6頭中スアデラを除く5頭はホッカイドウ競馬でデビューした、所謂「道営馬」という事実を。地方競馬の根幹は今ホッカイドウ競馬にあるといって良い。道営出身は本当に強い。

その"強い"ホッカイドウ競馬も4/20からスタートした。開幕初日の目玉は5Rに組まれた2016開幕記念 JRA認定スーパーフレッシュチャレンジ競争とメインの北海道3歳3冠第一弾北斗盃。

スーパーフレッシュは門別新馬戦では破格の1着賞金300万円、ここに狙いを定めた猛者達のガチバトルが見られた。勝ったのはバンドオンザラン ここでも新ひだかグランド牧場の存在感が際立った。ほんと凄えわ。

北斗盃の方は、これも道営デビューの強豪スティールキングが快勝。桑村騎手/登別ユートピア牧場は東京プリンセス賞馬リンダリンダもまったく同様のタッグ、連夜の歓喜となった。いやーこの結果も面白い。

今期も道営から来年の南関東クラシックを賑わせるような馬がバンバン出てくるだろう。中央競馬のノーザンファーム産よろしく、地方競馬は道営出身馬が幅を利かせる時代が続くのではないか。特に道営での仕上げ方/勝ち方を熟知している感のグランド牧場、山口ステーブル勢には引き続き注意を払っていきたい。

そんな道営が強い時代だが、「今は道営勢が強いから大変.....」と弱気なスタンスの社台地方軍団には本当にガッカリだぜ。確かに南関東の新馬開催が早まっていて、賞金も高く、前半戦は頭数(レベル)も揃わない事から容易に稼ぎ安いのは直接南関東からという方なんだろうが、強い所でも勝ち抜いて駆け上がっていくという気概、自信っつうのがねえのかと。今年の募集から地方の40口ファンドを完全に止めて、オーナーズオンリーにしたのも弱気の表れのように思えてくる。オーナーズ勢は結果出なくてもそこまでカリカリする野郎はいねえだろうからな。

社台F勢は社台調整じゃなく門別や外厩に委託した馬もいるそうだから、社台ファーム育成は地方でも自信を失って弱体化してくんじゃねーの?結果が出てないからボロクソ言ってるが、社台Fはこんなもんじゃないはず。今一度奮起をお願いしたいし、復権を本当に期待しているのです。

« ザッツPOG 有力オーナー別期待の2歳馬 サンデーレーシング編 | トップページ | 続 ミッドウェイオーナーズ »

おもひで」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。