« ほんと金子真人HDばっかり | トップページ | ぷろれす »

2016年3月11日 (金)

完全敗北宣言

先日のチューリップ賞で完全に心折られました。ジュエラーとの鍔迫り合いを制し優勝したシンハライト、強かったです。その勝ちっぷりが素晴らしくて、同じレースに出ていた東京期待のレッドアヴァンセの残念な走りがより一層際立ってしまいました。これが決定打となりました。

キャロットクラブは先週土日で5勝、水曜日には地方のダイオライト記念まで制しています。競馬と言えばノーザンファーム、ノーザンファームと言えばキャロットクラブ。競馬=キャロットクラブ。。。
参りました。完全に競馬べジータの敗北です。毎週毎週ただ指を咥えて「またキャロットか!」と嫉妬ばかりするのにももういい加減疲れました。闘争は終わりにします。
私競馬ベジータ、完全敗北を認めキャロットクラブに入会させて頂きます。

競馬野村克也と化してから今日まで、思えば長い戦いでした。今は、ただただ涙が止まりません。そして憑き物が落ちるかの如く晴れやかな気持ちです。

ノーザンファーム1強の中、活躍馬を次々と輩出するキャロットクラブに抵抗し続ける事の虚しさにはもう耐えられません。そして何よりも愚かなのは大嫌いなキャロットというだけでノーザンファーム産馬に出資する機会の一つをみすみす逃し続けるという事、まさに愚の骨頂でしかありません。あの勝負服はこれからも大嫌いですし、"キャロット"という名前にも反吐が出ますが、

サンデーR/キャロット/シルク

この3本柱を成立させてこそ、小市民がG1勝ちへの最短経路に乗れる可能性が最も高くなるというのが現実です。

「巨大クラブと化したキャロットで希望する馬への出資が叶うのは数年に1度、サンデーRやシルクは金持ちしか希望する馬に出資できない。」

そんな事は百も承知。それで十分、希望が集中しない(人気のない)適当な馬でも走る、走らせる。今のノーザンファームのレベルは突き抜けています。メイショウサムソン産駒だのが上級クラスでも強い競馬をする。それが今のノーザンファームであり、受け皿である3クラブの勢いです。

社台SS種馬の充実振り、繁殖レベルの維持、設備投資に人財投資、そしてOur bloodにアベノシルク....これら全てがあがなう事のできない強大な力です。サンデーサイレンスのように、その血(個)の力でパワーバランスを一変させるような種馬が社台SS以外から出てこない限り、今の流れは続くでしょう。少なくとも競馬ベジータが馬の趣味を続けている間は続くと判断します。

元々悟空らとも「クローディオが重賞勝ちしなかったら罰ゲームでキャロット入会する。」と公約していたのですが、その結果が出る前に罰ゲーム消化しとくことにします。

これで競馬べジータにとっての一口出資の1フェーズが終わりました。随分と機会損失をしてしまいましたが、また新たなスタートです。
どうせ、「抽選に落ちた○○がまた重賞勝ち決めやがった!ちくしょー!!なんで俺のキャロット馬に限って走らねーんだよクソ!」ってなるんだろ。

より一層フラストレーションだけが溜まる結果が待ち受けている予感がビンビンですが、心機一転、キャロット信者として頑張っていきたいと思います。

« ほんと金子真人HDばっかり | トップページ | ぷろれす »

一口出資」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見しております。
キャロは今がピークの様な気もしますし、一方、キャロ出身の牝馬(アヴェンチュラ、ハープスターやマリアライト、シンハライト等)の仔が順当にキャロから募集される様になると、今後、今以上の躍進も有り得るかもしれません。
NF側もサンデーとの逆転現象が露骨になると、ちょっと複雑なのではないでしょうか。

しかし、ポジーの頃からのキャロを知る者としては、今日の隆盛は本当に信じられないものです!
まぁ、社台グループの一口クラブが「ダイナ」の頃は、巷のマスコミ連中も「クラブ馬は大レースを勝てない」などとドヤ顔で吹いていましたが(笑)

競馬ベジータさん、こんばんは。
本当にキャロットに入るのですか?
次回の更新でやはり止めたとか書きそうで…。

しかし入ってもこれまた難しい戦いがありますからね…。
とにかく次回の更新を楽しみにしています。

Tescoboy2016さん

ありがとうございます。
ポジー、キャロット創成期の代表馬ですね。後で知りました。
パイセン一口野郎の方々のお話は勉強になります。
我が師匠悟空なんかも「キャロットの今の隆盛はノーザンファームアウトレットだった時代からは想像できない。」みたいな事言ってます。

小口クラブ馬がこれだけ活躍する時代を造ってるノーザンファームってのは凄いですね。

パパディーさん

はい。罰ゲームは甘んじて受けなければいけませんし、ガチで入りますよ。
ノーザンファーム提供馬の場合、不人気馬からもスーパーな馬が出るでしょうからね。

意外と早く、敗北を認めましたね。ウフフっ (べジータさんの顔を思い浮かべると、正直、笑いが止まりません)

改めて、キャロットへようこそ!!

今年は、キャッロトのツアーでもご一緒しましょうネ! ^o^)/

あと、新しい募集ラインナップが出る前に、売れ残りカス馬に出資しないと、今年の募集馬ドラフトに参加できませんから・・・。 どの馬に出資されるのか、楽しみぃ~(^^♪

ベジータさん、こんにちは!始めまして。
いつも楽しく拝見させていただいております。
今回の”事件”にかなりショックをうけて、初めてコメントさせていただきます。
私も、2006年に初めてキャロのカタログを請求してから、入会を拒み(悩み)続けて今に至っている者で、ベジータさんの「アンチ人参」の心意気にかなり勇気づけられていたものです(笑)
現在も、サンデーR、シルク、東サラ、G1で細々と頑張っております。先日のチューリップ賞は本当にショッキングでした。が、しかし!アヴァンセは、いつかきっと、キャロット勢をねじ伏せてくれると信じておりますよ。
キャロットに入っても、ベジータさんの愚痴が益々増えることを、密かに期待しております(嘘嘘)今後も、養分一口ヤローの味方で居てくださいね。ってが(^^;

きむたかさん

はい。賭けは私の負けでございます。もう出資馬は確定しましたので、走ったら公表します(笑)

龍湖田さん

この度は本当に申し訳ございません。
貴方様のような素晴らしいアンチキャロットの期待を裏切る形となり、心苦しい次第でございます。
が、これ以上キャロット会員ばかりが良い思いをするのには耐えられません。

入会してもあくまでアンチキャロットの立ち位置は変わりません。
どうせ私のような邪な感情で入会したクソヤローには良い馬なんか回ってくるわけがないので、走らずグチグチ言うのを「ベジータざまあ(笑)」と煽って頂きますようよろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ほんと金子真人HDばっかり | トップページ | ぷろれす »