« 今日イラっときた記事 | トップページ | 【どこよりも早い】2016-2017シーズン POG本 発売予定 2016/4/2時点 »

2016年3月15日 (火)

ノーザンバカみんなが幸せになれる方法

一口野郎共 = 自己顕示欲の塊というのは今更言うまでもない事だが、自分の思い通りにいかない、自己顕示欲が満たされない時に曝け出す醜さもまた人一倍。
netkeibaや一口掲示板なんかはその際たるものだが、これぞ人間。

例えばノーザンファーム馬の抽選に外れ、案の定それが結果を出した時、「チクショー!ノーザンファームの良血馬なんだから走るのは分かってんだよ!自分だって良い馬だってのは分かってたし、出資したかったんだ!」この反応こそが真実、こういう場合は少なからずこう思うだろ。
”出資時に発生する抽選”、これがいがみ合い、嫉妬の原因になり、ベジータのようなダークサイダーを生み出す事にも繋がっているだろう。

その一方で、「金なんかどうでもいいし、仮に自分が抽選に外れて出資できなかった馬が走ったら、それはそれで嬉しい。」
これを本心で言っている、人間がよく出来た方々がいることも事実です。でもこういうイイ人達も一口出資をやっている以上、出資できた方が良いに決まってます。

ダークサイダーに聖人君子、両方が幸せになり、ノーザンバカみんなが仲良くなれる方法はないか?キャロット信者となったベジータは考えた。悪い頭を一生懸命使って。

とにかく、一口野郎ってのは金を出して自己満足を得たい訳ですから、それを阻害する"抽選"の要因となる口数縛りをなくせば良いのでは?

何が言いたいのかというと、活躍する可能性が高いノーザンファーム産の良血馬に対しては、特に金出して応援したい、それで自己顕示、自己満足したい奴が多いのは明白です。そういう大人気/争奪戦が容易に予想できるようなのは口数縛りを取っ払って、最低一口出資金額を定義し(例えば20万とか)、口数上限なしにする訳です。
そうすれば供給側(牧場/クラブ側)は元々定義しようとしていた募集価格より金を得られるでしょうし、出資者側は確実に自分が出資したい馬に希望通り出資出来て、もしかしたらランニングコストはそこまでかからなくてすむかもしれない。そう、Win-Winなんじゃね?と。

供給側:想定していた希望が集まらず、金を集められない。
出資者側:出資者が集まりすぎて出資金に対してのリターンがショボくなり、黒字化はほぼ無理。

というリスクはそれぞれである訳ですが、ガンガン抽選落ちが出てるノーザンファーム産良血馬はそんなリスクは限りなくないに等しいでしょうし、「金なんかどうでもいい」という聖人君子がほとんどの一口野郎ですから、リターンなんて気にしないのが大多数でしょ。

サンデーR、キャロットはこれでいいんじゃねーの?どうよ?これで抽選の当たり外れでどうこうっつうのはなくなるだろ?競走馬ファンドの定義(ルール)とかで考えると駄目なんかね?

競走馬ファンドとして駄目なのなら、サンデーRとかキャロットなんかは「競走馬ファンクラブ会員」くらいにして、機会均等にするのがいいんじゃねえの。で、一口出資ってのはもう少し難易度高いところでバチバチやりあって、ロードクエストだのサンビスタだのに出資した奴がドヤ顔できるみたいなのがかっこいいんじゃねえのかね。

« 今日イラっときた記事 | トップページ | 【どこよりも早い】2016-2017シーズン POG本 発売予定 2016/4/2時点 »

一口出資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日イラっときた記事 | トップページ | 【どこよりも早い】2016-2017シーズン POG本 発売予定 2016/4/2時点 »