« ほんとMデムーロばっかり | トップページ | 【どこよりも早い】2016-2017シーズン POG本 発売予定 2016/3/5時点 »

2016年3月 2日 (水)

なんて血だ!

前回書いたアーリントンC、「どうせサンデーRだろ」と思いながら密かに応援していたのはダンツプリウスだった。何故か?
既に8戦を消化の叩き上げのイメージ、前走ジュニアCでは1人気アーバンキッドを抑えて勝利しているにもかかわらず、9人気と不当な扱いを受けていたからという反骨心などもその理由なのだが、なによりも「父ブライアンズタイム」というのに惹かれたのである。

偉大な種馬ブライアンズタイムの説明についてはここでは割愛するとして、正直まだ直仔がいたのか!という話である。何歳の時の子供だよ、遺伝子というか遺伝能力凄過ぎるだろ。いつぞや、悟空と共に行った秋セリ、主取り連発の中、ブライアンズタイム産駒が高値つけてて、「やっぱり日高にとってブライアンズタイムっつうのは偉大な存在なんだべなあ。」と悟空がしみじみ語ってたのを思い出したわ(笑)

その偉大な血を持つダンツプリウスはノーザンファーム産の間に割って入る見事な2着。これで春のクラシック、マイルC出走もほぼ当確だろう。こういう地味だけど個性派な馬は素直に応援したくなる。さらに中山のメインでも母父ブライアンズタイムのバスタータイプが見事な勝利、BB晩年の産駒が東西のメインレースで存在感を示すという展開にはテンションが上がった。
さらに驚くべきことに現3歳世代のダート路線のブライアンズタイム直仔にはスマートシャレードがいる、この馬も相当やるだろう。ダンツプリウス共々ノーザンファーム一色の3歳路線に風穴をぶち開けてもらいたいものである。

あ?「おいべジータ、てめえもノーザンファームでしか勝ててないノーザン一口野郎じゃねーか!何言ってんだクソが。まーた都合の良い時だけロマン派気取るのかボケ」だと?だから、前にも言ったじゃねーか。自分の出資してるノーザン馬はもちろん応援するが、こういう馬達にも頑張ってもらいたいのよ。それが競馬ファンってもんだろ。

ノーザンファームの馬さえ走ってれば良いノーザンバカには分からねーだろうがな。

« ほんとMデムーロばっかり | トップページ | 【どこよりも早い】2016-2017シーズン POG本 発売予定 2016/3/5時点 »

おもひで」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。