« 2015年11月 | トップページ | 2016年2月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

これから一口出資を始めようとする君へ

KEIRINグランプリ、神山は今年もダメだったか。。。
さて今年最後を締めくくる記事はなんとも偉そうなタイトルですが、何のことはありません。ただの年間収支報告でございます。

-----

2015年度一口出資 年間収支

社台RH (2頭 40分の1) :-903685円

サンデーR (2頭 40分の1):-306411円

社台地方オーナーズ(2頭 20分の1):+8969円

東京HR(21頭 400分の1):+407287円

シルクR(8頭 500分の1):
+114030円

ロードTC(2頭 500分の1):
-19751円

ノルマンディー(1頭 400分の1):
+5499円

シェアリンクR(1頭 20分の1):
-489724円

-1183786円 (39頭)

-----

東京、シルク、ノルマンディー、そして地方オーナーズが黒字にもかかわらずトータルでは約120万円の赤字。社台/サンデー、シェアリンクレーシングといった出資割合の大きいクラブで結果が出ていないのが全て。
社台RH/サンデーRでの現出資馬が結果出さないと黒字にもっていくのは無理でしょう。
ただ、今の出資馬にそれを望むのは酷。
おとなしく、相性のいい東京と地方オーナーズ、2期連続黒字(笑)のノルマンディーで楽しむのが自身の今後の方向性としては妥当な気がする。ノルマンディーは退会する気満々なわけですがちょっと考え直すか。


これから一口出資を始めようとするそこの貴方、これを見てどう思う?

金持ち父さん「べジータ下手すぎ(笑)つうか、こんだけ下手でこの頭数/クラブ数でもこんなもんで済むのか。」

と言うのなら、まずは金が正義のシルクホースクラブでひたすら金を積んでノーザンファーム生産の良い馬を買い漁る事をお薦めします。その上でキャロットクラブとサンデーRで年と金を重ねましょう。いつか必ず当たります。


貧乏父さん「うわ、べジータさんでもこれだけの赤字かよ。この規模で年間120万の赤字とかひくわ。手軽に楽しめるとかいうのは嘘かよ。」

と言うのなら、東京・シルクのノーザンファーム産でポテンヒットを狙いつつ、キャロットクラブで数年に一度の大当たりを狙うのが良いと思います。その上で幅を広げるならおまけでノルマンディーかなと。


いやいやちょっと待て、こうして改めて数字見るとやっぱ引くわー。年間120万っつうことは一月あたり10万ずつ損してるわけだろー。毎月10万、散財するならイイ女と美味いもん食いに行った方が良いし、投資目的なら投資信託とかしたほうが絶対いいじゃねーか。どんどん馬鹿馬鹿しくなってきやがった。何やってたんだ俺は。

前言撤回、これから一口出資を始めようとするそこのあなた、考え直したほうが良いぞ!一口出資なんかに足をつっこまなくても競馬は楽しめる訳だし、自己満足するならPOGで十分事足りるじゃねーか。何よりも大事な金と時間の浪費などせず、他の事に金と時間を費やして人生を楽しんだほうが良くねーか?いや絶対良いって。それなりの期間やってきた奴が言うんだから間違いないって。


アンチキャロットからアンチ一口出資へ、競馬野村克也は競馬ダース・ベイダーへ進化しました。ダークサイドの力を得た来年度は一口出資界をバッサバッサと切りまくろうと思います。

2015年12月30日 (水)

競馬ベジータ 2015年出資成績総括

ご無沙汰しております。キャロット軍団の勢いに凹まされている間に今年の競馬が終わっていました。有馬記念もキャロット軍団が勝っていたらマジで心をへし折られて競馬引退している所でした。
ゴールドアクターと吉田隼人騎手に救われたので、もう少しだけこの趣味を続けようと思います。

という訳で、2015年出資成績を記録しておきます。
まずは中央競馬成績から。

-----

1.中央競馬出資馬 2015年成績

戦績 134戦18勝(18-14-9-11-10-72) (前年22勝)

勝率 .134(前年.196)

掲示板率 .463(前年.554)

出資馬獲得総賞金 4億1219万(前年3億4308万)

重賞勝ち:
GⅡ/GⅢ(レッドアリオン)

2015年終了時点での中央出資馬クラス構成

OP:3頭
1600万下:3頭
1000万下:4頭
500万下:7頭
未勝利:6頭
明け3歳未出走:2頭

2015年ファンド解散(引退など) 9頭

(*全て中央競馬のみでの集計)

-----

【べジータ所感】
GⅡ勝って一つ壁を越えたのは良かったんだが、勝ち数/勝率/掲示板率いずれも前年を下回ったのはくそ過ぎ。頭数が増えてこれだからいけてなさ過ぎる。ファンド解散が今年だけで9頭という点と2歳勢がパッとしない点が失速の要因なんだろうが、全てはキャロットクラブ躍進のせいという事にしておく。ちくしょー!

続いて地方編。

-----

2.地方競馬出資馬 2015年成績

成績:17戦5勝 (5-3-2-1-4-2)
勝率:.294
連対率:.470
掲示板率:.882
重賞勝ち:
SⅢ(ドライヴシャフト)

2015年終了時点での地方出資馬クラス構成

3歳B2:1頭
2歳条件馬:2頭 

(*中央ファンド馬の地方転出成績は除いて集計)

-----

【べジータ所感】
ドライヴシャフトで楽しめたが、戸塚記念後に裏筋腫れてしもうた。2歳馬は2頭とも門別で勝ち上がったのは良いが南関東移籍後は順調さを欠いているのが現状。ランニングコストだけがかかる状況は痛い。馬は走ってもらってなんぼを痛感。

最後に年初目標に対しての確認。

-----

3. 2015年目標に対しての結果

1.一口出資 年間勝率.200/年間勝利数24

この辺りが今の自分の規模感での最低ラインでしょう。月に2勝しながら5回に1回勝つ感じからどこまで上乗せ出来るかを楽しみたいと思います。

【べジータ最終レビュー】

上記した通り達成出来ませんでした。「最悪地方成績+して帳尻合わせれば良いだろ。」と思ってたら地方成績足しても達成してねーし。(笑)いつも大口叩いておきながらこれかよと情けなくなります。本当に馬は思い通りにいってくれませんね。

2.馬珍遊記アクセス数 1日平均400ユニークユーザー

平たく言うと倍増です。まずは悟空信者を初めとしたユーザーの掘り起こしが中心となります。悟空ブログからどれくらい流れてきてるのかは知る由もないですが、他に頼る所もありませんからね。

【べジータ最終レビュー】

2015/1/1~2015/12/30までの集計で確認した所、1日平均303ユニークユーザーという結果になりました。こちらも達成出来ませんでした。上半期時点ではPOG野郎の取り込みに成功し、目標以上のアクセス数で順調に推移していましたが、記事更新の頻度が減るにつれてアクセス数は下降線の一途を辿っていきました。そりゃなんもやってないんだから目標達成できなくて当然だわな(笑)
キャロットクラブ躍進のせいでこの趣味の虚しさを感じたのがモチベーション低下の最も大きな要因ですので、今の勢いが当分続くであろう来年度はブログ継続も含め検討していきたいと思います。

3.金になる話 1件

ブログをやっている目的でもあるので、試運転期間を経た今年から本格化させます。更なるアクションを起こさない限り金になる話なんて始まる訳もないので、休み明けから活動をスタートさせます。

【べジータ最終レビュー】

悟空募集馬レビュー有料化で達成!という事にさせては頂けないでしょうか?本人と信者から怒られるな。(笑)
馬に対してのモチベーション低下が著しく、下半期は活動していないに等しいのでこちらも未達成になります。全然ダメじゃねーか!

4.地方で重賞を勝ってもらう。

幸いチャンスのある馬がいますので、勝ちます。

【べジータ最終レビュー】

上半期のうちに達成出来て良かった。。。ドライヴシャフトがいなかったら完全にアウトでした。現有戦力がいずれも順調さを欠いているので、今後は明け2歳の新戦力に期待します。

5.対キャロットでのサシウマ勝利

自身の出資馬がキャロットクラブ所属馬とかち合った時は勝つ。絶対勝つ。とにかくあいつらには負けねぇ。

【べジータ最終レビュー】

直接対決:31戦
勝ち: 18
負け: 13

年間通して直接対決で勝ち越した!2015年の一口出資馬ベストレースは?と聞かれたらこう答える。「レッドライジェルの立冬特別」
来年も勝ち越しはもちろん、デカい舞台で直接やっつけたいわ。デカい舞台にめっぽう強いキャロット軍団だから返り討ちにされるのがオチなのだろうが。

-----

2015年の一口出資を総括すると、楽しさよりもストレス/虚しさを感じる事の方が多い1年でした。例によっての故障多発、1番人気での惨敗、引退馬も多く出ました。そして何よりわたくしの心を蝕んだのはキャロットクラブの2期連続の躍進。特に秋口、毎週のように勝ち上がる2歳勢、重賞戦線でもトロヴァオ、リアファル、ドレッドノータス、マリアライトに加えてトドメの一撃リオンディーズ。。。

有馬記念のCMでの有村架純の台詞「でも勝負って結局は楽しんだもん勝ちですよねー」ってのが、キャロットクラブ会員のコメントのように聞こえて毎回イラっとくるくらいだったので、これはいよいよ終局が近いのか?と。
これまでは岩村明憲よろしく「何苦楚魂」で嫉妬を力に変えてきた競馬べジータでしたが、さすがに2期連続して躍進を見せつけられるとねえ。


悟空は一口出資における"無駄な努力"の一番手として「クラブ批判」を挙げていましたが、競馬ベジータは無駄な努力の最たるものとして「キャロットクラブへの抵抗」を挙げておきます。(笑)

「出資する側にできることは、(不満があるなら)キャロットクラブに入会するということだけです。それが一番簡単な解決方法だと思います。それが嫌なら一口出資自体辞める。それが一番。」

ちくしょー!

« 2015年11月 | トップページ | 2016年2月 »