« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月 9日 (月)

黄金って良いな。

昨日は天気も悪かったので家でひたすらゴロゴロしながら競馬中継見て過ごすというクズな1日でした。

メインの時間はたまたま普段はあまり見ない、フジのみんなの競馬の方にチャンネルをあわせていたら、1人気馬 ゴールドアクターの生産牧場である北勝ファームの特集に心奪われました。
見てない方向けにざっくり話すと、従業員僅か2名(場長とスタッフのおっさんのみ)、もちろんこれまで中央重賞勝ちなし、そんな小規模牧場に舞い降りたのがゴールドアクター。血統背景もそこまでのもんでもない(母父キョウワアリシバ!)、でもグラスワンダーを父に持つスクリーンヒーローつけたら良いかなー良いなーと思った訳さ。種付けから産まれた時まで手をかけてきてる訳だからなんとも言えない気持ち。ぐっと(想いを)内に秘めて喜んでますって話。

場長もスタッフのおっさんも、長靴が良く似合う「これぞ日高の牧夫」という感じのキャラで、"アクター主演"の文字がデカデカと躍るスポーツ紙紙面を見ながら、「頭がおかしーんでねーべか?と思うくらい。」とかいうコメントに思わずニヤリとしたし、主戦 吉田隼人騎手の「この時代だからこそこのコンビで勝ちたい」という言葉にもグッときました。

こういうエピソードが好きな競馬ファンは多いと思いますし、これが競馬のロマン、魅力のひとつかと思います。ゴールドアクターは見事勝利し、オーナーブリーダーの居城オーナー、そして新冠の小牧場 北勝ファームに初めての中央重賞勝利をもたらしました。
この後は父同様ジャパンカップ制覇を目指すのか?年末のグランプリを目指すのか?どちらにしても楽しみです。

「この時代だからこそ」、良い事言うなあ隼人騎手は。そうそう、なんでもかんでも社台/ノーザングループってのはつまんねえって。ゴールドシップにゴールドアクター、新旧黄金勢がJC/有馬をジャック、これだな。

あ?「べジータ、てめえも社台グループの恩恵に預かってる一口野郎だろうが!そんなてめえが何をロマン持ち出してほざいてんだコラ!」だと?それはそれ、 これはこれだ。自分の社台グループ出資馬が走ってる時は社台グループ万歳だし、そうじゃない時はロマン派なの!そりゃあ俺だってユニオンとかタイキとかで応援したいけど、金の巡りや活躍馬に巡り逢うのにはあまりにも非効率すぎるんだもん。。。
そもそものレベルが底上げされている馬を更に選別という振るいにかけているノーザン馬から選ぶのと、とりあえず集めましたの日高馬から選ぶのでは難易度全然違うからな。
ノーザン馬の活躍馬に出資していい気になってる一口野郎は凄いのは分かったので、ぜひともその素晴らしい選馬力を日高馬で発揮して下さい。お願い致します。


東の「競馬はロマン」の余韻に浸ってたら、西の重賞 みやこSは社台RHのロワジャルダンかよ。そういえば今日(11/8)は京都で社台グループ謝恩会だったじゃねーか!と気付いたのも後の祭り。あー、もったいねー馬券取り逃したわ。
やっぱ、

ダート/スプリント or 長距離路線:社台F/日高勢
芝クラシック/王道路線:ノーザン1強

これの流れは変わんねーな。

2015年11月 7日 (土)

この絵が見たかったんだこの絵が!

今日の東京9Rでレッドライジェルがやってくれた。
4角最後方から上がり32.5であがってきての快勝。外からキャロットの勝負服をぶっ差した絵には興奮したぜ。痛快!この絵が見たかったんだこの絵が!たまには良いことあってもいいだろ。
こういうクラブ馬同士でのバチバチ、それぞれの出資者同士のいがみ合い、プロレス。それが一口野郎の真理ってもんだろ。自分の出資馬が出てるレースでクラブ馬がいる時なんかは特にそいつらだけには負けたくねー!ってのが少なからずあるんじゃねーか?


東京メインのG2はグリーンのダイワメジャーがかっさらっていったが、この馬てっきり社台F産だと思ってたら栃木県那須野牧場産だった。上のデグラーティアもサンデーR所属の重賞勝ち馬だったが、今度はグリーン。素晴らしい。
入線直後、口取りダッシュする一口野郎とおぼしき皆様に遭遇したが、その感極まってる様子に対して素直に良かったな!と思ったのはそれがグリーンだったからだろう。
これがあの勝負服のやつだったら、チッ!はいはいまたお前らね。ってなってただろう。本当にアンチキャロットに磨きがかかってると実感したわ。(笑)

あと、シルクのアルーアキャロル、これも素直に参った!あれは良いゴールドアリュールだな。たしか募集時はほとんど人気なかった馬じゃねーか?こういうのは定石野郎には出資できない。こちらも素直に脱帽。
新開厩舎の馬ってのは地味でダートでしか走らないが、ダートに特化するならおススメってたしか偉い人が言ってた。この馬がその代表になるかもな。

2015年11月 4日 (水)

一口馬主デビューブログ

べジブロ、アクセス数伸びねーな。一子相伝の悟空神拳 第一正統後継者にして、グループPOGでもトップに立つべジータ、崇高なるその存在意義はどうも一口野郎には理解されないようです。

まー、一口野郎に役に立つ情報が皆無だから当然の結果ですが、最近のアクセス解析を見ると、とある一口野郎のブログ経由からのアクセスが圧倒的なのでした。

一口馬主デビューブログ

お礼参りすると、「お気に入り一口馬主ブログ」として、ページのど頭にRSSを配置してご自身が気に入ってる一口野郎のブログのリンクを表示しています。これが効いてる訳です。これは良いね!ボタンを押して、全力で感謝申し上げたいと思います。

タイトルこそなんとも香ばしいブログだが、敢えて狙ってる確信犯だろうし、これぞ一口野郎のブログという内容で、こういうのが一口野郎受けするのでしょう。ということで、勝手にべジブロ宣伝部長に任命します。RSSから消さないでね。(笑)

その一方で、競馬悟空の馬日記経由でのアクセスがほとんどねーぞ!どういうことだ!

最近驚いたこと

いきなり!ステーキ

この名前を聞いた事がある人も多いと思います。簡単に言うと今、物凄い勢いで流行ってる立ち食いステーキの店です。

展開している会社は株式会社ペッパーフードサービス、府中競馬場内にもあるペッパーランチで有名な会社です。ペッパーランチが好きではないべジータは親会社の名前を聞いて、「どうせロクなもんじゃねーだろ。」と思っていた訳ですが、ここの所周囲の連中があまりにも絶賛するもんだから、ものは試しという訳で先日訪れた訳です。

注文したのは

US産アンガス牛サーロインステーキ

この種別は1gあたり7円で200gからということで、1400円+消費税からの注文になるのですが、面白いのがその注文スタイル、フロアスタッフに注文するのではなく肉切ってる場所(カット場というらしい)まで自分で行って、そこで肉切ってる人に希望するグラムを伝えて、実際に切ってもらった肉を確認するというものです。

これは良いですね。クリア。よくある安いステーキ食える店なんかだと、「おいこれホントに200gあんのかよ?しかも脂身多すぎ」ってのが往々にしてありますが、このスタイルだとグラム数がしっかり確認出来ますし、「すんません、脂身がグラム数に勘定されるのは嫌なので、極限まで脂身削ぎ落としてもらっていいすかね?」などと頼める訳です。せこいべジータも当然そう注文した訳ですが、快く応じてくれました。

実際に運ばれてきたステーキは、値段のわりにはしっかりとしたもので食べ応えもあり、充分”ステーキ感”を堪能できるものでした。1500円でこのレベルなら納得という出来でした。

立ち食いという事で、使うケースは「ガッと喰ってすぐ帰る」時になるでしょうが、コストパフォーマンスという観点では最近行った店でも随一のお店でした。一度食ったら同価格帯のステーキ店には行かなく(行けなく)なるでしょう。同時にべジータは、少し前に行った「ステーキのけん」に激しい怒りを覚えたのでした。

立ち食いに抵抗ない肉好きは、店舗を見かけたらぜひお試しあれ。

Image result for いきなりステーキ 当店は腹ペコ

*社長の看板が目印。こういう看板ってロクな店ないよなと思いながら入ってみると....良い意味で裏切られます。

2015年11月 1日 (日)

引退

「引退」:現在の立場及び活動から離れ、以後その活動を行わないこと。

去る10月、本格的なししゃも寿司シーズンを前に衝撃的なニュースが飛び込んできました。


うわー!まじか!と思わず悶絶。ししゃもの町 むかわそしてししゃも好きべジータにとって、ショッキングなニュースでした。
後継者の元、営業を継続という話でしたので、悟空グループ第四の男に突撃取材を敢行してもらいましたが、残念ながら前大将が醸し出す空間、味には遠く及ばないようです。そりゃそうですよね。35年かけてきたものがわずか半年で引き継げる訳がありません。
北海道が全国に誇れる味がひとつ、消えてしまったのは残念でなりません。

ちなみに、ししゃも界の巨人 カネダイ大野商店もこの話題を取り上げていました。
-----
「むかわが寂しくなる」「むかわに来る人が減ってしまう」など、町の今後について不安視する声が上がるのをよそに、当広報室では独自に、下記のような「違う事」を考えていました。

1)広報室の独断により、なんらかの方法で密かに「大豊寿司」の経営権を取得。
2)なんらかの方法で「大豊寿司」の名に恥じない、一流の寿司職人を連れてくる。
3)営業再開、商売繁盛。
4)東京・銀座に姉妹店「蝦夷前寿司 大豊」オープン。商売繁盛。
5)海外展開の皮切りに、ニューヨーク・マンハッタン地区に「Sushi TAIHOU Midtown」オープン。商売繁盛。
6)札幌に回転寿司チェーン「すし大豊」1号店オープン。3年で全国100店舗に。商売繁盛。
etc……………………

-----

巨人的発想(笑)ししゃも界もノーザンよろしく1強時代に突入してしまったようです。あーあ。。。

10月25日には門別ししゃも祭りが開催、今年のゲストは松崎しげるだったみたいですね。ししゃも食いながら見る愛のメモリー(笑)行きたかったです。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »