« 東京サラブレッドクラブ 2015新規1歳募集馬ラインナップ発表! | トップページ | 鬼門 中京競馬場 »

2015年7月11日 (土)

ジュライセール第1弾 八戸市場2015 雑感

7月に入り、夏セリが本格的にスタートしています。今週7/7に八戸1歳セリが開催されました。
今年の1歳セリ第1弾でもある訳で、今後の市場を占う意味でも結果に注目していましたが、主な数字は以下の通りでした。

-----

上場頭数:54頭(牡23頭、牝31頭)
落札頭数:31頭(牡20頭、牝11頭)
売却率:57.41%(牡86.96%、牝35.48%) (前年比+7.41%)
売却総額(税別):87,210,000円(牡59,910,000円、牝27,300,000円) (前年比+4010000円
平均価格(税別):2,813,225円(牡2,995,500円、牝2,481,818円) (前年比+196003円)

-----

という事で、前年を上回る成果となりました。現場からは「八戸で500万台がポンポン出るとは....ここ数年ではなかった事。」などの声が届きましたし、八戸ではおそらく初めて?韓国からの購買者もありました。
やはり余剰資金を持つ人口が増えている事に伴い、馬を買い求める層が底上げされている事を裏付ける結果かと思います。八戸における年次推移を見るに、リーマンショック以前の水準にまで戻ってきているようです。

最高落札価格馬は2頭。1頭はモンテチェリーの2014、トーセンホマレボシの牡馬でした。産駒の評判が良いトーセンホマレボシ、改めて評価の高さを窺い知る事が出来ます。
もう1頭のクレイジーラブ(父アドマイヤムーン)と共にタイヘイ牧場産、東北といえばタイヘイ、さすがタイヘイ、面目躍如といった所でしょうか。

来週はいよいよセレクトセール、今年も素晴らしい、所謂現時点でのトップランカー達が揃っています。どんな結果となるか、こちらも楽しみです。

« 東京サラブレッドクラブ 2015新規1歳募集馬ラインナップ発表! | トップページ | 鬼門 中京競馬場 »

おもひで」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。