« AKB48グループ選抜総選挙を見て。 | トップページ | 音無調教師に共感 »

2015年6月 7日 (日)

またしても引退ならず。

安田記念、第4の男に抑えて頂いた席で快適に観戦出来ました。ありがとうございました。
レッドアリオンは想定したイメージに近いレースが出来たと思いますが、直線追われてから伸びず、8着。G1制覇はまたしても叶わず、競馬べジータの引退も先送りとなりました。無念。

それにしてもモーリスは完勝でしたね。マイル路線はこの馬を中心に回っていく事になるでしょう。この馬、少し調べれば分かる事ですが、最初はサマーセールでわずか157万5000円(税込)で取引された馬でした。それが大作ステーブルで育成され、翌年のトレーニングセールに上場、1050万円(税込)でノーザンファームが落札。その後、デビュー時から素質の片鱗を見せていた馬が吉田厩舎から堀厩舎への転厩を経て才能が完全に開花した訳です。

ここまで書いて、ん!?と思いました。大作ステーブル育成、堀厩舎所属と言えば....ジャガーメイルも吉田和美氏名義だったじゃねーか。あの日トレーニングセールでノーザンファームに落札された瞬間から活躍は約束されていたという事でしょうか。

日高馬を引っ張ってきても結果を出すノーザングループ、いよいよ盤石、隙なしとなってきた感があります。モーリスを引っ張ってきた陣営、プロ中のプロ達が目利きをして厳選しているのがノーザンファーム/サンデーRの募集馬達でもあります。今日の結果で更に、ノーザンファーム産/サンデーRに人気が集中する事になるでしょう。

その裏で断然人気の新馬スターオブペルシャでも残念な結果となり、ヴァンセンヌで健闘したものの苦杯を嘗める事となった社台ファーム....格差は広がる一方のようです。
さすがに今日の結果が決定打となってしまったように思います。

この世の春を謳歌するノーザンファームグループ、一口出資はただひたすらここに乗っかっていくだけです。

« AKB48グループ選抜総選挙を見て。 | トップページ | 音無調教師に共感 »

競馬観戦記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。