« はらたつのり | トップページ | See you Sunday »

2015年6月28日 (日)

競馬べジータの2015年上半期を振り返る。

宝塚記念が終わり、来週から夏競馬開幕です。
ここで、上半期を終えての出資成績と年初目標の進捗状況を確認しておきます。まあ所謂、自己顕示/自己満足の内容ですが、一口野郎のブログは自慢、自己顕示なしには成り立たないと思いますので、そこの所は読者各位におかれましてもご理解頂けるものと思います。

備忘録よ備忘録(笑)

-----

1.中央競馬出資馬 2015年上半期成績

成績:68戦11勝 (11-7-6-6-7-30)
勝率:.161
連対率:.264
掲示板率:.554
重賞勝ち:
GⅡ(レッドアリオン)

2015年上半期終了時点での中央出資馬クラス構成

OP:4頭
1600万下:2頭
1000万下:6頭
500万下:7頭
未勝利:1頭
2歳新馬:10頭

2.地方競馬出資馬 2015年上半期成績

成績:7戦2勝 (2-0-1-0-2-2)
勝率:.285
連対率:.285
掲示板率:.714
重賞勝ち:
SⅢ(ドライヴシャフト)

2015年上半期終了時点での地方出資馬クラス構成

大井 B1-B2:1頭
門別 2歳未勝利:1頭
門別 2歳新馬:1頭

3.年初目標 進捗状況

1.一口出資 年間勝率.200/年間勝利数24

この辺りが今の自分の規模感での最低ラインでしょう。月に2勝しながら5回に1回勝つ感じからどこまで上乗せ出来るかを楽しみたいと思います。

【べジータ 上半期レビュー】

勝率、年間勝利数とも目標を下回るペースとなってしまいました。6月未勝利だったのが響いてますが、ここからV字回復で達成だろ。

2.馬珍遊記アクセス数 1日平均400ユニークユーザー

平たく言うと倍増です。まずは悟空信者を初めとしたユーザーの掘り起こしが中心となります。悟空ブログからどれくらい流れてきてるのかは知る由もないですが、他に頼る所もありませんからね。

【べジータ 上半期レビュー】

2015/1/1~2015/6/27までの集計で確認した所、1日平均414ユニークユーザーということで一応目標通りで推移しています。悟空信者取り込みはアンチべジータが多いでしょうから諦めました。POG開幕前の時期に、POG野郎共からのアクセスを稼いだ事が目標値到達の大きな要因となっている訳ですが、社台/サンデー/G1募集については何も書かなかった事もあり、ここの所はすっかり下火となってしまっています。本当に一口野郎ってのは分かり易いな。(笑)

「東京、シルクでいい馬を見つけたいですね」、この後に続く東京、シルク募集こそが競馬べジータの本領発揮の場です。競馬悟空とは違うものを出していく所存でございます。

3.金になる話 1件

ブログをやっている目的でもあるので、試運転期間を経た今年から本格化させます。更なるアクションを起こさない限り金になる話なんて始まる訳もないので、休み明けから活動をスタートさせます。

【べジータ 上半期レビュー】

それなりにやってます。下半期におそらくサプライズ(笑)があると思います。

4.地方で重賞を勝ってもらう。

幸いチャンスのある馬がいますので、勝ちます。

【べジータ 上半期レビュー】

勝ってくれました。感謝。

5.対キャロットでのサシウマ勝利

自身の出資馬がキャロットクラブ所属馬とかち合った時は勝つ。絶対勝つ。とにかくあいつらには負けねぇ。

【べジータ 上半期レビュー】

直接対決:19戦
勝ち: 11
負け: 8

上半期は勝ち越し。とにかくあの勝負服にだけは負けて欲しくない。この調子で頼む。

-----

という訳で、まあ相変わらず上手くいったこと、上手くいかなかったこと、色々ありましたが総じて楽しめました。G1には4回出てくれましたし、G2の壁も突破、ダート路線/マイル路線/クラシック路線/古馬戦線、それぞれベストの結果とはなりませんでしたが、路線には乗りました。確実に成果は出つつあります。
地方でも南関東クラシック路線のど真ん中で、自分が金を出した馬が走るという事がどういうモチベーションとなるのかを体験する事が出来ました。

金を出した馬が結果を出してくれるのには本当に心が満たされますし、結果が出ない時には人間の汚い部分にダイレクトにタッチし、嫌でも人の業を感じる事ができる。「人」として生きている事を実感できるのもこの趣味の素晴らしい所です。

机上で色々と見識を深める事は素晴らしい事です。そういった積み重ねはやらないよりやった方が絶対良いです。が、結局自分で金を出して経験するものに勝るものはありません。金を出すから必死になる=だから身になる。

一口出資においてもそれは同様で、どういうマインドで金を出すに至り、実際に金を出した馬のレースに至るまでの過程、競走結果に一喜一憂する、そして最終的にどういう結果になったか検証する。何より競馬をちゃんと見るようになります。

金を出しての経験が一番糧になる。

悟空も似たような事言ってますが、まさしくその通りだと思います。

何が言いたいか? 馬券野郎にしても一口野郎にしても、身銭をきって競馬と真剣に向き合っている愛すべき存在って事を再認識したってこと。

あ?「相変わらず知性とスマートさがない」って?うるせー(笑)

« はらたつのり | トップページ | See you Sunday »

一口出資」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。