« ぴよぴよ | トップページ | 2015年 サラブレッドクラブ 北海道牧場見学ツアー 2日目 »

2015年6月15日 (月)

2015年 サラブレッドクラブ 北海道牧場見学ツアー 1日目

馬、見てます。という事で、馬日記のような真っ当な正統派一口出資ブログであれば各募集馬やツアー自体の様子や馬の写真、それに対しての感想を分かり易く速報したりするのでしょうが、そこはひねくれもの馬珍々、ちょっとハズした感じでお送りしたいと思います。

社台ファーム:
序盤、天候コンディション悪かった事もあり、馬も人も大変そうでした。そんな中、途中2頭放馬。1頭はダンスオールナイト、もう1頭は中央オーナーズの馬だったはず。幸い人馬とも異常なかったようで一安心でした。牡牝で1頭づつ選ぶならば、

牡:ムーンレディ
牝:スタセリタ

以上。人だかりもこの2頭が特に多かった印象です。もちろん他にも良い馬は沢山いましたが、競馬べジータの目指すところ=芝クラシックの王道を歩めそうなのはこの2頭かなと。2頭ともそれはもう素晴らしい「オーラ」のある馬でした。スタセリタなんかは普通に考えれば日本への適正はまったくの未知数ですし、牝馬らしくないのでどうなんだろう?という感じなんでしょうが、そういった常識、セオリーを打ち破るくらいのスケールの大きさを感じましたよ。周回展示の時に社長が怖い顔でずっとこの馬の歩く様を凝視していたのも印象に残りました。でもなんで藤澤厩舎に入るのかをちゃんと考えてみると、この馬に出資するのはリスクがあるなと思いました。「無事に繁殖に返す事も仕事」そういう事なのだろう。

追分ファーム:
癒しの場。上手く言えませんがなんだかボンヤリしてるんですよね。あととある馬に対しての扱いでムムッ!となる事がありました。客が大勢いる中でそれって良いのか?と個人的に不愉快でした。ちょっとした事かもしれませんがすぐ風評がばら撒かれるネット社会はこえーぞ。べジータみたいなパパラッチ野郎もいるので気をつけたほうが良いと思うんだが。
ちなみに、来年からは追分ファームでの展示ではなく、追分Fリリーバレーでの展示となる予定との事。

さて、ツアーの楽しみといえば「人間模様」です。競馬べジータは馬と同時にこれを見に来ているといっても過言ではありません。牧場(売り手)、関係者(取り巻き)、我々のような出資者(買い手)がどのような感じで参加しているのか?この雰囲気を感じ取ることで今の一口出資の”ど真ん中”がどんな感じなのかを伺い知る事が出来るので。
初日を見て思うことは、G1レーシングのテコ入れをさらに進めていくのでしょうって事です。追分の事を考えるとそう簡単には上手くいくとは思えませんが、それでも体制変更の事を踏まえると今期募集馬の中から当たりが出てくるように思います。「G1レーシングに何頭か良いのを持っていかれた。」クラブの社員もそんなような事を言っていましたし。
それと、参加して以来毎年思うことは「資本主義、ここに極まれり。」ということです。セレクトセールもそうですがまさに縮図、金を持っている者が強者、非常に明快かつ単純な話ですが、来る度にその現実を突き付けられます。社長から「お!どうもこんにちは!」みたいに声をかけられている方はそれはもう素晴らしい実績を残されているのでしょう。乾杯の挨拶の壇上に上がるのももちろん出資成功者。
そういった羨望をかき集め、「俺もそっちにいきたい。」というパワーをそのまま金に換える、「欲」を利用したよく出来たシステム。このシステムを構築した社台/ノーザングループは本当に凄いとし言いようがありません。

歓迎夕食会の後、酔い覚ましついでに苫小牧の繁華街に繰り出しました。
苫小牧の夜は相変わらずの雰囲気といった所ですが、クラブ(スナック?)の呼び込みのねーちゃん相手にオリエンタルラジオのようなアクションで絡むグループにおや?っとなったり。

「どこで誰が見てるかわからねーな。お互い気をつけよう。今日は1日お疲れ様でした。」
そう心の中で呟きながらホテルに戻るべジータなのであった。

Img_3861
相変わらずの風景。

« ぴよぴよ | トップページ | 2015年 サラブレッドクラブ 北海道牧場見学ツアー 2日目 »

おもひで」カテゴリの記事

コメント

競馬ベジータ様

初めまして、唐突に失礼致します。
最近になって貴殿ブログを知ったのですが、大変楽しく拝読させて頂いております。
昨年募集からファンド出資を始めて以来、様々な方のブログを拝見しましたが競馬ベジータさんの記事を一番楽しく読ませて貰っています。
当方もこの世界に深く関わりたいと考えておりますので、今後も楽しい文面に期待しております。

赤い線香さん

ご丁寧にありがとうございます。
約1年前の記事へのコメントでしたので見逃してました。大変失礼致しました。
この世界、とにかく「人間のエゴ」が凝縮していますのでお気をつけ下さい。
くれぐれもべジータのようにはならずに、純粋に楽しんで下さいね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぴよぴよ | トップページ | 2015年 サラブレッドクラブ 北海道牧場見学ツアー 2日目 »