« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

皆、結局同じ所に行き着く

POGシーズン真っ盛りという事もあり、POGブログ一直線の馬珍々ですが、決して一口出資についておろそかにしている訳ではありません。ちゃんと考えてます。

ウンチクが好きな一口野郎達は、日々様々な角度から検討、研究、妄想を行っています。競馬という趣味自体、うんちくの集合体で成り立っているようなものですから、色々なアプローチがあるのは結構なことだと思います。競馬べジータもそういうのは大好きです。

ただその一方で情報過多、インプットを多くし過ぎて迷走しがちになり、消化不良に陥ってしまいがちになるのも事実かと思います。

そんな彷徨える子羊達に手を差し伸べるのが、一口出資界のDr.倫太郎こと競馬悟空であり、競馬悟空グループです。(笑)師匠悟空も金言をやってますが、

「皆、結局同じ所に行き着く。」

競馬べジータはこのシンプルな話からOP馬に行き着く為のセオリーを纏めておきます。

-----

1.  牧場でざっくり絞る。

ノーザンファーム育成。以上。

2. 次に所属予定厩舎でざっくり絞る。

関東:堀、国枝、手塚、木村、藤澤和、戸田、大竹、尾関

関西:角居、池江、藤原英、石坂、須貝、高野、安田隆、音無、西園、池添学

この辺りに所属している馬のみから選択。ノーザングループの時流だけちゃんと捉えておくこと。(昆は日高枠なので1.の条件から該当しない為除外しています。日高で買うなら昆厩舎所属馬に網をはるのが良いと思います。橋口、松田博両師もここにジャンルされますが、お二方とも定年が迫っている為同じく除外です。)

3.  さらに血統でざっくり絞る。

ナスキロがああだとか、ハイインローがこうだとかいう小難しい、回りくどい事は必要ありません。1.で募集されるレベルの馬に悪い馬なんていません。サンデーサイレンスの血がどっかに入っていればOK。もっと絞りたければ種牡馬で。ディープ、キンカメ、ハーツ産駒から。あと今後はオルフェーヴル、ノヴェリスト、ルーラーシップ、ロードカナロアといった社台SSの強力次世代新種牡馬から。

4.  馬体(写真/動画)で見る所

悟空信者なら

牡馬:トモ

牡馬/牝馬共通:全体のバランス

ってとこか。動画(歩いてる姿)はバシッと歩けてて活気があればOK。多少左右があべこべな歩き方でも全然大丈夫。トモだけだと牡馬はダートもしくは短距離馬量産の競馬悟空モード、牝馬は牝馬らしさに繋がらない恐れがあるので、最も重視するのは全体のバランス感。これに尽きます。ダート/短距離でも良ければ競馬悟空モードでももちろんOK(笑)

あと、脚元は繋ぎの角度だけ見ておけば良いや。

あと、馬体重は募集時点で極端に小さかったり、大きかったりする馬はオミット。470-500くらいで競馬しそうな馬を選ぶ。

-----

たったこれだけです。簡単でしょう?あと、三大難要素はいくら考えても明快な答えは出ません。時間の無駄。悪い方に出たら運が悪かったと思いましょう。

ここに時間を使って頭を悩ませるくらいなら、写真でも良いのでたくさん馬を見た方が良いです。だいたい募集時期に人を乗せてもいないような馬に対して、気性がどうとか体質がどうとか考えても仕方ないです。

「皆、結局同じ所に行き着く。」 上記4点が皆が行き着く所 = 定石です。ここからどう自分なりのアレンジを加えて肉付けしていくか?がこの趣味の面白い所だと思いますが、まずは出資馬が走らない事には面白くなる訳もありませんので、このセオリーを基本とするのが良いと思います。

「ミもフタもないつまらない事ばっかぐだぐだ書きやがって!そんな事誰だって分かっとるわ!」という声が多方面から聞こえてきそうですが、初心ってなんでも大事でしょ。

「このセオリーに当てはまる馬は大人気で思い通りに出資できないじゃねーか!どーすんだよ。」という声も多方面から聞こえてきそうですが、案外そんな事ないと思うぞ。「隙間」ってのは必ずある。現にべジータだってこれでソコソコ走ってるんだから。そう、東京サラブレッドクラブでね。

2015-2016シーズン POGネタ拾い読み その7

そろそろワンパターンで飽きられている頃かと思いますが続けます。先に予告しておきますが、明日5/1は

競馬王のPOG本 2015-2016 (GW MOOK 206)

2015-2016年 最強のPOG青本(ベストセラーズ)

丸ごとPOG 2015~2016 (Gallop)

と、POG書籍が3本リリースされますし、赤本、ザッツPOGなども続いていきますので当面はPOGネタでゴリ押ししていきます。

さて、今日の東スポザッツPOGはシルクホースクラブ編でした。

-----

関東

ゼーヴィント(シルキーラグーン13) 牡 木村厩舎
アストラエンブレム(ブラックエンブレム13) 牡 小島茂厩舎
オルニエール(カラヴィンカ13) 牡 杉浦厩舎
ジスターキ(シーズライクリオ13) 牝 田村厩舎
ウィザリトルラック(Whisp13) 牝 田中剛厩舎
ジェイズジュエリー13 牡 大竹厩舎
Profitability13 牡 木村厩舎

関西

タイムレスメロディ(アコースティクス13) 牝 高野厩舎
レーヌドコロール(シャルマンレーヌ13) 牝 角田厩舎
セカンドエフォート(ディフィカルト13) 牡 村山厩舎

-----

東:ノーザンファーム天栄/木村厩舎、西:ノーザンファームしがらき/高野厩舎、ここ2年ほど常に強調され続けているタッグですが、シルクはことさらこの組み合わせを強調しているように思います。どこかで大当たりをかっ飛ばす事でしょう。

また、シルクはPOG書籍のクラブ枠では残口ありの馬を特に取り上げてもらっているのも目につきます。今回も追加募集2頭をしっかり取り上げています。まあ当然と言えば当然なのかもしれませんが、昨年のなんかの書籍なんかあからさま過ぎて笑ってしまうくらいでした。

この中ではアストラエンブレムですね。昨年(現3歳世代)はネオユニヴァース、この世代はダイワメジャーの良駒がシルクに集まったのは明白です。申し込みが外れて悔しくて仕方がありませんが、この馬は上同様走ってくると思います。悟空にも見せてもらいましたが、「羨望」しかありません。せめてドラPのシルク枠で指名するか....

2015年4月29日 (水)

リビングレジェンド

プロの世界には生ける伝説、リビングレジェンドと称される偉大なスーパースターが存在します。野球で言えば王貞治、長嶋茂雄、野村克也にイチロー、サッカーで言えばカズ、プロレスで言えばアントニオ猪木、邪道大仁田厚、最近で言うならば葛西紀明、スキージャンプ界の「レジェンド」として今もなお一線級で活躍しています。

競馬界においても、武豊騎手はその域に達しているでしょう。ただ、競馬べジータが”リビングレジェンド”という単語から連想するのは武豊騎手ではありません。

的場文男

大井の帝王とも呼ばれ、6700勝を超える通算勝利数は現役ではダントツの数字、
58歳にして南関東リーディング上位にいまだ君臨し続ける超人ジョッキー。
その輝かしい略歴は「的場文男」でグぐればいくらでも出てきますので割愛しますが、地方競馬、南関東競馬と言えば「的場文と石崎隆」で覚えた自分としては彼の名が、いの一番に連想されるのです。

そんな伝説的騎手となっている的場文男騎手ですが、自身の大井競馬のキャリアの中でどうしても手中にする事が出来ていないタイトルが東京ダービーです。これまで33回挑戦して一度も勝てていません。当然チャンスのある馬もいましたが、2着が8回、超人をしても何故か勝てません。

そんな的場文男騎手がオーナーズ馬ドライヴシャフトの次走、ダービートライアル東京湾カップで騎乗してくれる事になりました。先日オーナーズのWebにて以下談話がアップされました。

-----

悲願のダービー制覇を目指す的場文男騎手からは「同じレースで乗っていたので、難しい馬だというのはわかっています。騎手生命をかけて、この馬でダービーへ向かえるよう頑張ります。」とのコメントがありました。

-----

騎手生命をかけて.....武者震いがしました。リップサービスなのかもしれませんが、自分がイメージする大井の帝王は軽口でこんな事は言いません。

大井競馬の七不思議とも揶揄されるジンクス、そのジンクスを打ち破るのが自分が金を出してる馬だとしたら....リビングレジェンドの悲願達成のシーン、俗物にとっても一口出資のハイライトにしたい!

こういう妄想くらいしても罰は当たらんだろ。

2015年4月28日 (火)

みんな大好き週刊アサヒ芸能

POG書籍ではありませんが、週刊アサヒ芸能のGW合併特大号に2大競馬特集と題して、天皇賞春ネタとともに、いかにも下世話な一口野郎共が飛びつきそうなネタがありました。

「誰も書けなかった競馬界の巨大大国 ノーザンファームの独走と野望」

POG書籍群と共にG/Wのお供にどうぞ(笑)

2015-2016シーズン POGネタ拾い読み その6

POGブログに鞍替えしてからというもの、1日あたりのアクセス数が急増、いまや2000アクセス/1000ユニークユーザーに迫る勢いです。当面はこの流れにのっていきます。
ただ、POGネタではビジネスに繋がる展開は期待できない訳で、不毛にも思えてきてしまいますが、これも下積みの一環だと思ってゴーストライター達を叱咤激励していきます。

東スポザッツPOGの厩舎ピックアップ編を引き続き拾っておきます。月曜日は大竹厩舎、今日は西園厩舎特集でございました。

------

関東 大竹厩舎

アルカサル(アビラ13) 牡
グースベリー(ラズベリータイム13) 牝
ハッシュバンバン13 牡
ショウナンラピュタ(ショウナンマライア13) 牡
オークルーム13(オークルーム13) 牡
スイートテイスト13 牡
ロジストーム(レーヴドフィユ13) 牡
コスモハイタッチ(プラセール13) 牡

関西 西園厩舎

ジュールポレール(サマーナイトシティ13) 牝
ベルフラワー(コスモベル13) 牝
マイネルチャンプ(シーセモア13) 牡
マイネルブランブル(スターオブサファイア13) 牡
ノンゼロサム(Winendynme13) 牡
タムロイーネー13 牡
フィールドシャルム(タイキクラリティ13) 牡
レッドジェイド(レリックレーヌ13) 牡
オークヒルズ13 牝
サンドスラッシュ13 牡

-----

大竹厩舎は大ブレイク間近、関東の次代を担う存在というのは周知の通りかと思います。ブレイクするにはやはりG1勝ちが欲しい所でしょう。ルージュバックでそれを果たすのか?この世代で果たすのか?その日は近いうちにやってくるでしょう。

西園厩舎も各所から根強い支持を受けている厩舎かと思います。芝中長距離、所謂王道路線ではどうなのか?という話かと思いますが、毎年確実に走らせてくる厩舎でもあります。POG戦略的には中軸ではなく、脇を固めるのを探す際にありがたい存在になるかと思います。

また、吉田竜作氏のPOGコラムでは、松田国厩舎に入る予定になっているキンカメ×ダイワスカーレットの牝馬の話がありました。父母とも厩舎出身で思い入れのある血統を再度扱うとあって、「この一頭で流れをもってきたい。」と意欲的です。既に内地(山元)に来ているとの事ですから、仕上がりも順調そうです。いよいよダイワスカーレットから大物が出現するか?要注目です。
それにしてもなんで最初の相手として、チチカステナンゴつけたんだろうか。完全に黒歴史だわな。

中山ではブリーズアップセールが行われました。POGでここから指名するのは、相当な変化球だと思いますが、走る馬を当てたらフォイヤーヴェルクでかっ飛ばすなんかよりかっこいいですね。
売却率またしても100%という事で改めて金持ってるやつは持ってるなと。ただ、個人的にはどうしてもとりあげたくなるような馬はいませんでした。安心/安定のJRA育成馬ですから堅実に走ってくるのは確実ですが、セイウンワンダーのように突き抜ける存在までには至らないのではないでしょうか。
やはり自分は来月の千葉セリに注目です。

2015年4月25日 (土)

競馬悟空グループPOG 2015-2016開催決定

競馬三蔵法師からの

「いやー、キャロット出資勢が調子良くって参っちゃうよ。べジータ、調子どう?あ、相変わらずアンチキャロットなんて時代錯誤のポリシーに拘ってるから聞くまでもないか(笑)」

という挑発に端を発しグループ内抗争が勃発、開催が危ぶまれていた競馬悟空グループPOGでございますが、無事開催の運びとなりました。これもひとえに総大将悟空の求心力の賜物かと存じます。

という訳で開催要綱を整理致します。参加者各位は内容ご確認の程よろしくお願い致します。おって指名方法、指名時期をお伝えします。

-----

第1回(2015-2016シーズン) 競馬悟空グループPOG(ドラP)開催要綱

1.参加者:

競馬悟空
競馬三蔵法師
競馬悟空グループ第4の男
シルク師匠
競馬べジータ (幹事)

2.ルール:

・2015年 JRA2歳新馬戦開催日から翌2016年東京優駿日本ダービー当日の最終レースまでのJRA開催(中央競馬)レースを対象とし、本賞金の10000万分の1を1ポイント、全レース5着本賞金までがポイント対象として、獲得ポイントを競い合う事とする。

・地方競馬、海外競馬に関しては海外遠征、地方交流、移籍などによる賞金獲得など一切ポイントに含まれない事とする。また、保険金、付加賞金、抹消給付金など本賞金以外の賞金も一切ポイントに含まれない事とする。

・指名頭数は10頭、以下の条件にて指名する事とする。

一口クラブ指名枠(6頭):
競馬悟空グループメンバーが所属している主要一口クラブ(サンデーR、社台RH、G1レーシング、キャロットクラブ、シルクホースクラブ、東京サラブレッドクラブ)所属の2歳馬より、クラブ毎に1頭選択する。牡馬/牝馬の選択は自由とする。

サンデーR: aaaaaa
社台RH: bbbbbb
G1レーシング: cccccc
キャロットクラブ: dddddd
シルクホースクラブ: eeeeee
東京サラブレッドクラブ: ffffff

というように指名。

フリー枠(4頭):
上記クラブ、上記クラブ以外、個人所有などどのような条件からでも自由に選択可能とする。こちらも牡馬/牝馬の選択は自由とする。

・メンバー間での指名重複アリ。指名後の指名馬入れ替え、期間中抹消時における代替指名は一切ナシ。

・ポイント管理はPOGスタリオンを使用、サイトのポイント計算を全面的に信用する事とするが、明らかに計算がおかしいような事態が生じる場合は、メンバー間で審議する事とする。 指名確定後、幹事べジータが登録。

3.優勝者特典

・ゲーム終了後から2016年中、競馬悟空グループ代表権利
・悟空グループ代表 襲名披露会主役
・サプライズ(笑)

-----

2015-2016シーズン POGネタ拾い読み その5

今日発売の優駿にて、「2歳馬情報 part1」としてPOG特集記事が掲載されておりますので、早速確認しました。育成牧場別に計151頭が紹介されていました。
掲載されている育成場は以下の通りです。

-----

社台ファーム
ノーザンファーム早来
ノーザンファーム空港
追分ファームリリーバレー
ビッグレッドファーム明和
ビッグレッドファーム真歌
下河辺牧場
坂東牧場
ノルマンディーファーム
千代田牧場
吉澤ステーブル
コスモヴューファーム
ファンタストクラブ
ファンタストクラブ内木村牧場
加藤ステーブル
二風谷軽種馬共同育成センター
小国スティーブル

-----

優駿がピックアップする馬は他POG書籍群と比較すると少し「ハズし」て来るのがここ数年の傾向かと思いますが、今期特集もその傾向は良い意味で変わらずといった印象でした。ハズすといっても悪い意味での外し方ではなく、なんと言うか表現しづらいのですが絶妙なハズし方なんです。ミーハー臭がしない、硬派なチョイスというか。一口クラブや牧場側に媚びてない感じがするのは、さすが中央競馬ピーアールセンター様でございます。

べジータのような俗物一口野郎が期待するような、一口クラブ馬の紹介は他媒体と比較しても圧倒的に少ないです。

そんな中でもまたまた登場のフォイヤーヴェルクにプレシャスラバー13、ここまでの所

社台グループ:フォイヤーヴェルク
日高:プレシャスラバー13

が戦線を引っぱる展開となっています(笑)この2頭を取り上げない媒体がいたら寧ろ評価に値するように思います。

という訳でミーハー一口野郎にとっては物足りなく感じる内容かもしれませんが、必ず走る馬が出てくるのも、優駿のPOG特集の特徴でもあります。純粋に「POGを楽しむ上では欠かせない存在」というのは今期も変わらずでございました。安堵致しました。

今回の優駿特集の中では、MMBの1億ヴィクトワールピサ、メイキアシー13が1番好きです。これが走らなかったらヴィクトワールはどうなの?ってくらい素晴らしいですね。

次月5/23(土)発売の6月号においても2歳馬特集 Part2が予定されています。おそらくPOGドラフト直前にはなりますが、こちらも要確認かと思います。

またしても山口ステーブル

昨日は大井で2歳新馬戦が行われました。南関東でも施行時期を早めての2歳新馬戦開催とあって、そこを狙ってくる猛者達が集まりましたが、ここでも勝ったのは山口ステーブル、シェアリンク募集馬のイジワルナハローでした。大井開催の新馬に狙いを定めて、そこでもしっかり結果を出す。何度でも言います。本当に凄まじいです。コパノフウジン産駒で250万Getですからね。

トレーニングセール前の公開リハでも1番時計馬連発、狙い打ったスーパーフレッシュも勝って、南関クラシックでもしっかり結果を残す。地方戦線においては今1番信頼できる所だと思います。その強さの源はブログでもふれられています。完全に手の内に入れている感があります。この勢いは今後も止まる所を知らないのではないでしょうか。

他にも日本馬が出走する海外レースの馬券を国内でも買えるようにする改正競馬法が可決されたり、吉田一族の次の海外戦略(韓国展開)が取り上げられたりと、今後の競馬を占う意味でも意義のあるニュースが飛び交いました。

競馬悟空グループ共有馬でもあるローブデソワも韓国遠征話に乗っかったみたいですし、楽しみがまたひとつ増えました。それにしても初の遠征ネタがドバイでも香港でも豪州でも欧米でもなく韓国って所がいかにもべジータだな。

また、競馬ラボでの西川賢 中山馬主会会長とアンカツこと安藤勝己氏のスペシャル対談「馬将たちの提言、金言」は大変読み応えのある内容でございました。こちら、必読です。

最後に今日は優駿発売日です。信頼度抜群のPOG特集、派手さはありませんがここで取り上げられた馬の未来は明るいので、掲載される事を切に願います。
他では取り上げられなくて良いので、優駿には取り上げられたい所です。

2015年4月23日 (木)

2015-2016シーズン POGネタ拾い読み その4

今日はPOG野郎、一口野郎お待ちかねのデイリーPOG虎の巻と丹下と淑子のPOGの王道が発売されました。いやー、ここでもナイトマジック13ことフォイヤーヴェルクの持ち上げられ方は尋常ではなかったですね。

「別の生き物」
「どう表現していいか分からないくらい凄い」
「来たねえ。ヤバい、ヤバ過ぎるよ。日本の3冠どころか、凱旋門賞も意識させる。」

極めつけは勝己社長の「あれはモンスター」

お腹いっぱいです。これは本当に楽しみです。

ざっと読みましたが、POGの王道の方は鈴木淑子さんの奮闘が素晴らしいなあと思いました。牧場代表インタビュー、厩舎取材とも大変満足の内容でございました。

デイリー虎の巻の方はなんと言っても弥永さん、ほとんど弥永さんでもっているようなもんだろう。山本オーナー、哲社長とのスペシャル対談の弥永さんのお姿は他のどんな良血馬の写真よりも素晴らしいものでした。これだけでも買う価値があります。
東京会員は当然必読ですし、有力若駒に対しての「弥永の決断」が読めるのも虎の巻だけ。取り寄せてでも絶対買うべきです。お取り寄せはこちらからどうぞ。

しかも、ほとんど馬に対しての「弥永の目」がポジティブな評価の中、グローサーザール(ファーストバイオリン13)の弥永評「メリハリに欠けるところがある。」 やったぜ!

一方今日の東スポザッツPOG連載はみんな大好き藤沢和厩舎特集。取り上げられていたのは以下7頭。カジノドライヴの2頭がいねー!東京勢は虎の巻担当ってことで。

-----

ティソーナ(ラドラーダ13) 牡
スターオブペルシャ(ターフローズ13) 牡
ムーンクエイク(リッチダンサー13) 牡
アーマイン13 牡
チェッキーノ(ハッピーパス13) 牝
インジャスティス(リトミックダンス13) 牡
レッドアルソード(フェアリーバラード13) 牡

-----

レッドアルソードにかける期待は大きいですが、東京開催間に合うのでしょうか?
あと、POGとは関係ないですが、今日のエビショウの”独舌”口座は良い事言ってた。
皐月賞でのM・デムーロ騎手の騎乗について自身の見解を述べた上で、以下のようにコメント。

「テレビだけではなく新聞や雑誌の記事でも、もう少し、いいものはいい、悪いものは悪いとハッキリ論評してもらいたい。当たり障りのないコメントや記事ばかりになってしまっては面白くないし、長い目で見れば競馬業界全体の損失にもつながる。メディアには、それくらいの影響力があるわけだから、解説者や記者の皆さんには今以上の奮起を期待したいね。ま、かく言う俺は、周りから「言いたいことを言い過ぎだ」って言われるから、他人のことを偉そうに言えないんだけど...。」

これは完全に同意。巷に溢れかえる当たり障りのない記事、全く面白くありません。良いものは良い、悪いものは悪い、気に入らないものは気に入らん。そういうのをぶつけ合うのがメディアだと思うんだが。違うのか?

誰にでも好かれるように媚び諂う様なありきたりな論調には反吐が出る。もっとバチバチやろうぜバチバチ。

ん?これってPOGメディアにも当てはまるんじゃねーの?(笑)

第60回羽田盃、そして門別ホッカイドウ競馬開幕

大井競馬場から帰って参りました。目的はもちろん南関東牡馬クラシック第一弾、羽田盃観戦でした。

「べジータさん、べジブロで色々偉そうな事ほざいてますけどちゃんと出資した馬走ってんすか?偉そうな事言うからには実績を示さないといつまでたっても悟空さんみたいに信者つかないですよ。」

確かにな。ゴーストライターの言う事ももっともだったので自慢しとくと、この羽田盃、地方オーナーズ馬、ドライヴシャフトが出走したんじゃ!南関クラシックの16頭枠に入ってんぞ。どーだ、参ったか。こんなもんで良いか?

午前中の快晴模様からうって変わって夜の大井は雨、せっかくの晴れ舞台がまさかの雨とはいかにもべジータ、なんで快晴予報が急に雨になるかね。

パドックで山口ステーブル勢や浦和小久保調教師が楽しそうにバチバチ談笑する中、小物らしくこそこそと自身のオーナーズ共有馬をチェックしていた時点で勝負は決していたのかもしれません。ただ、馬自身は大変素晴らしい出来で、さすが荒山厩舎と思わせました。

レースは好スタートを決めたドライヴシャフトが鞍上真島という事もあり、ある意味想定通りのハナ、大本命オウマタイムがかかり気味に番手、この2頭での並走状態が続く形となりました。この時点で逃げていたドライヴシャフトにとっては厳しい展開になりました。オウマにびっしり競りこまれての雁行状態が続いた結果、3コーナー過ぎたあたりで鞍上のムチが飛ぶ有様、その横をオウマが絶妙な形で切り込みつつ颯爽と交わしていきました。この瞬間、競馬べジータにとっての羽田盃は終わりました。

結果は王者の競馬をしたオウマタイムに、最後怒涛の末脚で迫ったストゥディウムが勝利、奇しくも昨年のハイセイコー記念と同じような結果というものでしたが、個人的にはオウマタイムの強さが印象に残りました。3着ラッキープリンスの巻き返しと合わせてやはり山口ステーブル強しの印象を強くしました。山口氏にとっては大変悔しい結果になったかと思いますが、次の大舞台、東京ダービーで捲土重来を期している事でしょう。

馬主のNicksはスワーヴとして売り出し中の諏訪氏という事で、結局金持ち、勢いのあるものが勝つって事か。MMBが高笑いしている絵が想像できました。こちらも凄えなあ。様似産だぜ。

一方、門別競馬が開幕しました。初日の注目はなんと言っても2歳戦開幕でもあるスーパーフレッシュ、勝利したのはシェアリンクの走るパイロことプレイザゲームでした。この馬も相当厳しい競馬をしながら最後まで抜かせずのハナ差勝ち、山口ステーブルの狙い撃ちがここでも結果を出しています。月並みですが本当に凄いとしか言いようがありません。

競馬べジータとしては、「この結果は予想できた事、予想していたんじゃ!」

と言ったところですが、出資したのはこの馬じゃねえんだよなあ(笑)

結局金持ちが勝つって事か。

あー、羽田盃勝って、スーパーフレッシュも勝って「これがオレ流じゃ!」ってやりたかったなあ。これじゃ過ぎた事をネチネチ悔しがってる小物そのものじゃねえか。いかにもべジータらしいな。ちくしょー!言ってんのがお似合いってか!

ちくしょー!

Img_3178

2015年4月22日 (水)

2015-2016シーズン POGネタ拾い読み その3

今日も今日とてPOGネタ。他人のふんどしで相撲を取ってアクセス数を稼ぎたいと思います。
東スポザッツPOG連載、今日は宿敵キャロットクラブ特集でございます。以下10頭が取り上げられております。

-----

関東

ケイブルグラム(ジンジャーパンチ13) 牡 国枝厩舎
ケルフロイデ(ケルアモーレ13) 牡 加藤征厩舎
ブランシェクール(モンプティクール13) 牝 高柳厩舎
メートルダール(イグビジットワン13) 牡 戸田厩舎
アドヴェントス(アドマイヤサンデー13) 牝 堀厩舎

関西

ジークカイザー(ヒルダズパッション13) 牡 池江厩舎
レプランシュ(レディドーヴィル13) 牡 高野厩舎
リオンディーズ(シーザリオ13) 牡 角居厩舎
クラシックリディア(ブルーメンブラット13)  牝 石坂厩舎
リュラ(ヒストリックスター13) 牝 松田博厩舎

-----

悔しいがやっぱり素晴らしい馬ばっかりじゃねーか! 牡馬ではヒルダズパッション13ですね。べジータの記憶が正しければ、元々サンデーRでの募集予定だったのをキャロットに持ってきたとかいう話だったかと思います。「それって良い事なの?」って話ですが、飛ぶ鳥を落とす勢いの昨年度リーディングオーナーですから、良い事なんでしょう。

牝馬はなんと言ってもヒストリックスター13でしょう。誰が見ても図抜けている馬、牝馬はこの馬が全部持っていくのではないかと思わせるくらいの馬です。この馬が走らない訳がありません。

この内の何頭かは必ずクラシック路線に乗ってきて、競馬べジータの前に立ちはだかる事でしょう。それ以前に自分がクラシック路線に乗れんのか?が懸念ですが。。。。

2015年4月21日 (火)

2015-2016シーズン POG書籍発売予定 2015/4/21時点

-----2015-2016シーズン POG関連書籍発売予定(2015/4/21更新)-----

4/2

POG・クラブ馬選びに役立つ 走る馬の見方が分かる本(エンターブレインムック) :済み

4/13

サラブレ5月号(KADOKAWA/エンターブレイン):済み

UMAJIN5月号(UMAJIN編集部):済み

競馬最強の法則5月号(ベストセラーズ):済み

4/23

丹下日出夫と鈴木淑子POGの王道 2015-2016年版 (双葉社スーパームック)       

デイリーPOG虎の巻(デイリースポーツ)

4/25

優駿5月号(中央競馬PRC)

5/1

競馬王のPOG本 2015-2016 (GW MOOK 206)

2015-2016年 最強のPOG青本(ベストセラーズ)

丸ごとPOG 2015~2016 (Gallop)

5/9

POGの達人 2015~2016年 完全攻略ガイド(光文社) new!

5/13

サラブレ6月号(KADOKAWA/エンターブレイン)

UMAJIN6月号(UMAJIN編集部)

競馬最強の法則6月号(ベストセラーズ)

5/14

ザッツPOG 2015-2016(東スポ) 

-----

ようやく、ようやく赤本の発売予定日が公開されました。内容は大きく変わった所はなさそうですが、そこは老舗、安定感重視でしっかり纏めてくる事でしょう。
「今こそ学ぶ「馬のカラダと動き」」と題した内容が赤本的には目新しい感じでしょうか。

一通り出揃いましたかね。

2015-2016シーズン POGネタ拾い読み その2

今日も引き続きPOGネタです。まず東スポザッツPOGの連載から。今日はみんな大好きサンデーレーシング編で、以下12頭が紹介されていました。

-----

関東

ハートレー(ウィキッドリーパーフェクト13) 牡 手塚厩舎
レーヴァティン(レーヴドスカー13) 牡 堀厩舎
ユークリッド(オルティア13) 牡 尾関厩舎
テオドール(アンブロワーズ13) 牡 国枝厩舎
アルカサル(アビラ13) 牡 大竹厩舎
プラトリーナ(フラニーフロイド13) 牝 木村厩舎

関西

リライアブルエース(ゴールデンドックエー13) 牡 矢作厩舎
フォイヤーヴェルク(ナイトマジック13) 牡 池江厩舎
ポルトフォイユ(ポルトフィーノ13) 牡 高野厩舎
エルプシャフト(ビワハイジ13) 牡 角居厩舎

ライラムーン(ライラプス13) 牝 佐々木厩舎

ラヴェラータ(ヴェイルオブアヴァロン13) 牝 友道厩舎

-----

もう、この馬達だけ選んでおけば良いんじゃなかろうかという気持ちになります。どの馬も上位指名候補でしょう。またフォイヤーヴェルクが出てますね。これは相当な大物なんでしょう。母ナイトマジックについては、「この肌はとにかくやっべえぞ」という話を聞いた事がありました。なにがやばいのかは想像にお任せしますが、やはり300万投資する価値はある馬だったか。小柄ですが全身バネですねこれは。

続けます。競馬王さんのPOG本の表紙が公開されました。楽しみなのはなんと言ってもグラサン師匠のマンガでしょう。追分ではなく中尾さん。どのような内容なのか本当に楽しみです。他にもレジェンド山本昌推奨馬、山崎エリカのクラブ突撃取材、美野さんの産地馬体検査この10頭など胸が高まる企画が目白押し。間違いなくPOG書籍の本命です。

デイリーさんも負けていません。「独占配信! オルフェ全妹最新映像」という事で、エストソルシエールをはじめとした追分リリーバレー有力馬達の最新動画が確認できます。豊島記者の良記事と合わせて、要チェックです。

23日は待望の虎の巻が発売されますし、今週末には優駿もリリースされます。POG野郎はもちろん、一口野郎も自分の出資馬の記事で妄想MAX。楽しむしかないだろ。

2015-2016シーズン POGネタ拾い読み

一口野郎達の間では2015年度社台グループ提供牧場別1歳募集予定馬リストの話題で持ちきりですが、馬珍々はPOG野郎の掘り起こしを継続します。

先日記載しましたが、今日から東スポにてザッツPOGの連載がスタートしています。例年通り「有力オーナー別」、「厩舎別」をアトランダムに月-木で掲載するそうです。
今日は社台RH編で、以下10頭が紹介されていました。

-----

関東

コアコンピタンス(スティンガー13) 牡 国枝厩舎
スターオブペルシャ(ターフローズ13) 牡 藤澤和厩舎
ナイトインブラック(ステレオタイプ13) 牡 田中剛厩舎
グレイスノート(エオリアンハープ13) 牝 宗像厩舎
ラガマフィン(エアラグドール13) 牝 奥村武厩舎
シトロプシス(ラピッドオレンジ13) 牝 畠山厩舎

関西

サプルマインド(シリアスアティテュード13) 牝 藤原英厩舎
テラノヴァ(エアトゥーレ13) 牝 須貝厩舎
カイザーバル(ダンスインザムード13) 牝 角居厩舎
ファンタサイズ(ファンジカ13) 牡 矢作厩舎

-----

これらの馬達は5/14発売の特別号「ザッツPOG」でも同様に取り上げられると思います。

この中では、シトロプシス(ラピッドオレンジ13)が残口ありで未だ募集中です。上もこの間500万下で強い勝ち方をしましたし、母自身も堅実に走って交流重賞した馬、血統面でも筋が通っています。厩舎から人気していないのでしょうが、面白い1頭だと思います。

社台ファームが昨年に比べ、内地への移動を早める方針というのはPOG野郎にとっては周知の事かと思いますが、さらに付け加えるならば「今年の冬、東丘は雪が少なかった。」と聞きます。例年に比べ雪に悩まされる事が少なくて順調にメニューを消化できたとも聞きました。ノーザンファームの立地に比べて雪が多い地区にある社台ファーム。ここが格差拡大の要因となっている一つのポイントかと思いますが、現2歳馬に関してはこの点での差はそこまでないのかもしれません。クラシック出走馬を見てもノーザンファーム>社台ファームの流れは明白ですが、今期に関しては合えて社台側に賭けてみるのもありかもしれません。

一方、今週の週間Gallopでは「丸ごとPOG」の先出し版、「早出しPOG」特集がありました。こちらは以下の馬達が取り上げられております。

-----

ノーザンファーム

フォイヤーヴェルク(ナイトマジック13) 牡 池江厩舎
アドヴェントス(アドマイヤサンデー13) 牝 堀厩舎
ケイブルグラム(ジンジャーパンチ13) 牡 国枝厩舎

社台ファーム

セネッティ(タッチザピーク13) 牡 音無厩舎
クィーンアマポーラ(リトルアマポーラ13) 牝 藤岡健厩舎

追分リリーバレー

エストソルシエール(オリエンタルアート13) 牝 池江厩舎

大山ヒルズ

ヨシノザクラ(アジアンミーティア13) 牝 萩原厩舎
Believe13 牝 角田厩舎
ネフェルティティ(ラヴェリータ13) 牝 松元厩舎

下河辺牧場

アフェクティーズ(オールウェイズウィリング13) 牡 手塚厩舎
サンクスノート13 牡 美浦入厩予定
ランウェイスナップ13 牝 岩戸厩舎

ファンタストクラブ

マダムチェロキー13 牡 西浦厩舎

吉澤S

マイグッドネス13 牝 安田厩舎
Vodka13 牝 角居厩舎

シュウジデイファーム

リトルブック13 牝 矢作厩舎

美浦入厩組

ナイトインブラック(ステレオタイプ13) 牡 田中剛厩舎
ミュゼモーゼス(チャールストンハーバー13) 牡 大江原厩舎

栗東入厩組

カノヤルジャンドル(カノヤトップレディ13) 牝 坂口則厩舎
デンコウエラ(ゴールドポイント13) 牝 坂口則厩舎
シーイズトウショウ13 牡 角田厩舎

-----

結構な頭数を「早出し」しており、読み応えのある内容でした。この中ではやはり冒頭のフォイヤーヴェルクですかね。ミーハー大好きのキラーワード、「厩舎長」が賛辞を惜しまないとくれば大人気間違いなしですね。

「林厩舎長から「見せたい馬がいるんです。」と言われていた。」
「これまで数々の活躍馬を育ててきた林厩舎長が「別格」と話す逸材」

この2フレーズ、踊るにもってこいの素晴らしい言い回しかと思います。いや、馬は本当に素晴らしいと思うので、買えない分せめてPOGでは指名候補としたいですね。
あと、牝馬で実績充分のアドマイヤサンデーが飛ぶ鳥を落とす勢いの堀厩舎で、既に入厩予定あり、5月末から6月頃に移動し、早ければ夏の新潟デビュー予定とくれば連想するのはハープスター、これまた大人気確実、出資者は既に来春の大舞台を視野に入れていることでしょう。

それぞれの記事は各誌を購入し、確認しましょう。全部無料で読めるほど世の中甘くねーぞコラ。金払って自分で買え!

2015年4月18日 (土)

Hiroo Sisters Frankel Challenge~フランケルへの挑戦~

Hirooの新企画きました!

-----
​Hiroo Sisters Frankel Challenge~フランケルへの挑戦~

「ネヴァーピリオド14、Bijoux Miss14、ステラリード14、この3頭を Hiroo Sisters と名付けます。」

「Hiroo Sisters Frankel Challengeとしまして、Hiroo Sisters が G1 勝利を達成した場合
生ける伝説の最強馬 Frankel を種付けします。
(万一、種付けが出来ない場合は、別のトップ種馬との種付けを予定)」

-----

Hiroo Sisters ? チャーリーズエンジェルみたいなもんか。それは良いとして、夢のある企画ですね。素晴らしいと思います。最後の()付の部分が言い訳くさいですが(笑)

さらに、

-----
Hiroo Sisters Frankel Challengeを記念して、
2015年8月31日(月)までに
Hiroo Sisters、全3頭にご出資いただいた方の中から抽選で3名様
Frankelの種付けをするなど極近しい関係者のみにしか配られない
スペシャルな Frankel グッズをプレゼント致します。
-----

とあります。これも素晴らしいプレゼント企画ですね。ただ、「全3頭に出資」というのがいかにもな印象もうけます。(笑)

ぶれずに独自路線を突き進むHiroo、やはり目が離せません。

2015年4月17日 (金)

青の始動

競馬三蔵法師から「最近超可愛い後輩から一口出資デビューしたいと相談を受けている。どのクラブを推奨すべきか?」と真面目な相談を受けましたので、間髪入れずこう答えておきました。

「超可愛い?まずは悟空グループに勧誘しましょう!」

超大型新人となるか?まずは三蔵法師の腕の見せ所、お手並み拝見です。とりあえず競馬悟空の馬日記とシルクのファンブック「馬と私」を読む所から始めるみたいです(笑)

真っ当な第4の男などは「そりゃキャロット入りだろう。」と至極常識的な意見を述べておりましたが、邪道 競馬大仁田厚ことべジータはちょうどタイミング良く、今期2歳募集馬を今更本日発表したブルーインベスターズを紹介したいと思います。

-----

4月17日
2015年2歳募集馬について、4月30日までの期間限定でキャンペーンを実施しております。詳細はトップページのご案内、もしくはパンフレット同封の資料にてご確認ください。クラブホームページでは募集馬情報ページにて2歳募集馬の詳細と動画を公開しておりますので、ぜひご覧ください。

No201301

グリーンフレイアの2013
美浦・田島俊明厩舎入厩予定 牡・鹿毛 2013.4.1生
父エンパイアメーカー 母グリーンフレイア
総額1800万 一口45000円


No.201302

ラフレッシュブルーの2013
美浦・松山将樹厩舎入厩予定 牡・鹿毛 2013.4.30生
父パーソナルラッシュ 母ラフレッシュブルー
総額880万 一口22000円


No.201303

ブルーポラリスの2013
美浦・畠山吉宏厩舎入厩予定 牝・鹿毛 2013.3.8生
父サムライハート 母ブルーポラリス
総額1200万 一口30000円


No.201304

オオシマジョリーの2013
美浦・尾形和幸厩舎入厩予定 牝・栗毛 2013.4.22生
父バトルプラン 母オオシマジョリー
総額1100万 一口27500円


No.201352

ダイワリープの2013
栗東・松下武士厩舎入厩予定 牡・青鹿毛 2013.3.16生
父ジャングルポケット 母ダイワリープ
総額2000万 一口50000円


No.201353

ケンブリッジマイアの2013
栗東・小崎憲厩舎入厩予定 牡・鹿毛 2013.3.20生
父パイロ 母ケンブリッジマイア
総額1200万 一口30000円


No.201354

マチカネナナエヤエの2013
栗東・鈴木孝志厩舎入厩予定 牝・黒鹿毛 2013.4.2生
父パイロ 母マチカネナナエヤエ
総額1000万 一口25000円

-----

待ちに待った募集馬公表でした。

以前より募集されていた無料提供募集馬のトーヨーサンバ13に加え、上記7頭(関東4頭、関西3頭)の計8頭での募集となりました。千葉セリ/ブリーズアップ/トレーニングセール直前のこの時期での2歳馬募集ということで、リスクの少ない即戦力候補を揃えたと申し上げておきましょう。

さらにキャンペーンとして、一括払いで申し込みすることで

-----

1. 入会金無料

2. 2頭以上の出資で割引(出資頭数に応じて割引率変動)

3. 2歳馬出資の方にはトーヨーサンバ13もつけられる!

-----

の3つの特典が得られるようです。トーヨーサンバ13の扱い.....このカジノドライヴ産駒、競馬ベジータは本気で応援します。

馬の様子、キャンペーン詳細については、ブルーインベスターズのWebをご確認頂ければと思います。ぜひ三蔵法師にはお弟子さんにも「こういう世界もある。」と伝えて頂ければ幸いです。厩舎、血統、馬の雰囲気、どれを取っても玄人受けする感じで、べジータの好奇心をそそられます。捨てたもんじゃないと思うとともに、いきなりブルーから入ったら大したもんだと思います。

一通り拝見しましたが、関東なら松山厩舎のパーソナルラッシュ、関西なら小崎厩舎のパイロが良いですね。2頭とも良い所があります。地方所属ならしっかり走ってくれそうな印象を持ちました。

「ある程度一口続けた欲深く罪深い一口野郎達は結局皆同じ趣向に行き着く。でもそれだけじゃ面白くねえだろうが。皆が注目していない所から発掘する面白さだってある。」

まったくです。広い視野を持つのは大事です。

2015年4月16日 (木)

2015-2016シーズン POG書籍発売予定 2015/4/16時点

-----2015-2016シーズン POG関連書籍発売予定(2015/4/16更新)-----

4/2

POG・クラブ馬選びに役立つ 走る馬の見方が分かる本(エンターブレインムック) :済み

4/13

サラブレ5月号(KADOKAWA/エンターブレイン):済み

UMAJIN5月号(UMAJIN編集部):済み

競馬最強の法則5月号(ベストセラーズ):済み

4/23

丹下日出夫と鈴木淑子POGの王道 2015-2016年版 (双葉社スーパームック)       

デイリーPOG虎の巻(デイリースポーツ)

4/25

優駿5月号(中央競馬PRC)

5/1

競馬王のPOG本 2015-2016 (GW MOOK 206)

2015-2016年 最強のPOG青本(ベストセラーズ)

丸ごとPOG 2015~2016 (Gallop)

5/13

サラブレ6月号(KADOKAWA/エンターブレイン)

UMAJIN6月号(UMAJIN編集部)

競馬最強の法則6月号(ベストセラーズ)

5/14

ザッツPOG 2015-2016(東スポ) new!

-----

東京スポーツ特別号 ザッツPOG 2015-2016の発売日が5/14(木)に正式決定!後発の分、充実の内容が期待できます。また、次週から月-木で恒例のPOG2歳馬連載が始まります。

競馬の東スポ、期待を裏切りません。

社台RH 入厩済み/予定/山元トレセン、グリーンウッド組一覧 2015/4/16時点

ここ数日のアクセス数急増、心より御礼申し上げます。急増の理由は明白で、検索キーワードにて「POG」が圧倒的に目立ちます。ここ数日それが顕著です。本当にPOG野郎には頭が下がります。こんな2番煎じブログにも情報ねえが~情報ねえが~と来訪頂けるのですから。

今日はそんなPOG野郎に御礼の気持ちをこめて、本日時点で社台RHの中央入厩済み、入厩予定が判明している馬、もしくは内地まで来ている馬一覧をお届けしたいと思います。
今後もPOG野郎共の本格的な取り込みを目指していきますので、引き続きご愛顧の程宜しくお願い致します。

-----

社台RH

入厩済み

ラガマフィン(エアラグドール13) 奥村武厩舎 牝

ウィズエモーション(ミスアルダント13) 栗田博厩舎 牝

ナイトインブラック(ステレオタイプ13) 田中剛厩舎 牡 4/15 ゲート試験PASS 函館視野

スターオブペルシャ(ターフローズ13) 藤澤和厩舎 牡 

入厩予定

アルティマチャーム(アルティマトゥーレ13) 奥平厩舎 牝 4/16入厩予定

山元TC/グリーンウッド組

スクエアフォールド(センシュアルドレス13) 伊藤圭厩舎 牡 15-13まで来ている。間もなく入厩

ラバンノワール(ラスリングカプス13) 斉藤誠厩舎 牝 今月末入厩予定

エレクトロポップ(ロリポップガール13) 小島太厩舎 牡 15-14も乗ってる。入厩近し。

グロウインザダーク(ダークエンディング13) 鈴木伸厩舎 牡 来週あたりの入厩予定。

スイングビバーチェ(シングライクバード13) 友道厩舎 牝 週2回14-15まできている。

サラザン(エービーヌードル13)  須貝厩舎 牡 16-17

テラノヴァ(エアトゥーレ13) 須貝厩舎 牝 坂をキャンター程度

デアリングエッジ(デアリングハート13) 河内厩舎 牝 4/5 グリーンウッド到着 

-----

社台Fが例年より早期始動を意識しているのはご承知の通りです。須貝厩舎の2頭とターフローズ13は早漏POG野郎も要注目です。

2015年4月13日 (月)

一口出資、セリ、地方競馬小ネタ

-----

・社台/サンデーの2015年度募集馬カタログセットは6月8日発送予定

・辛口の柏木集保氏、NZTにおけるグランシルクのパフォーマンスを絶賛(笑)

・4/28 JRAブリーズアップセール上場馬 日高展示会開催。

・競馬ブック 水野隆弘氏の「ホッカイドウ競馬能検 オプショナルクレーミング能検」案に賛成。地方向けトレーニングセールという位置づけで実施して欲しい。高くなるだろうけど....

・船橋競馬ナイター開催の愛称が「ハートビートナイター」に決定

・ホッカイドウ競馬、グランシャリオナイター7周年を記念し「7th Dreamホッカイドウ競馬特設サイト」を設置

-----

明日は九州2歳セリです。いよいよ国内競走馬セリも開幕、テンション揚げて望みたいと思います。

サラブレ、最強の法則、UMAJIN 5月号 読書感想文

「べジータさん、ここんとこPOGユーザーに媚売ってアクセス数稼いでるみたいですが、金になる話の進捗どうなってんすか!ダービーまでになんらかしらの成果見せてくれないと今度こそストライキ起こしますよ。」

いよいよゴーストライター共の不満も鬱積してきているようですが、てめえらが良い記事持ってこないのも進捗が芳しくない要因だろうが! 金金うるせえな!POG野郎のおかげでアクセス数が倍になったんだから、ろくな記事書かないお前等なんかよりPOG野郎の方がよっぽどありがたいってんだ。

失礼しました。さて、前述した通り本日発売されたサラブレ、最強の法則、UMAJIN各誌のPOG特集を一通り確認しましたので、POG書籍評論家の感想を書きたいと思います。

-----

サラブレ: 「2015-2016 POG 2歳馬早出し情報!」と題して関係者のコメント付きで馬体写真を掲載。今回掲載されていたのは吉澤ステーブル、下河辺牧場、坂東牧場、加藤ステーブル、ファンタストクラブ、ファンタストクラブ内木村牧場、ビックレッドファーム、コスモヴューファームといった日高系の牧場でした。一口野郎にとっても馴染み深い各牧場です。当然情報に飢えている一口野郎の購買も目論む各誌ですから、クラブ所属馬も大きく取り上げられています。

吉澤ステーブル:ミスペンバリー13、ベイビーローズ13(広尾)、グランドアメリフローラ13(セゾン)、レディクラシック13(友駿)、シルバージョイ13(ターファイト)

坂東牧場:アスクコマンダー13(広尾)、レインボーフェロー13(東京)

加藤ステーブル:プレシャスラバー13(東京)

ファンタストクラブ:ダラバンカ13(東京)

ファンタストクラブ内木村牧場:グレイスフルソング13(広尾)

ビックレッド、コスモヴューファーム:ラフィアン、ウインの馬がたくさん。

広尾の超大物や東京のキンカメに目が行きます。これらに出資されている方は関係者が素晴らしいコメントをされていますから、購入して当該記事を読むと幸せな気持ちになれると思います。今回の3誌の中では最もPOG特集らしい内容だったかと思います。

競馬最強の法則:まず最初に「POG2105-2016超速報!ノーザンファーム育成馬の【馬体写真】を先行公開!」として、青本編集部がセレクトした至極の以下9頭の馬体写真を先出ししていました。合同撮影会の時に取った写真の中から所謂「超良血」をピックアップしているのですが、まーどれも素晴らしい馬達だこと。この中から来年のクラシックに何頭出走するか、注目です。

プロディガルサン(ラヴズオンリーミー13)

フォイヤーヴェルク(ナイトマジック13)

エルプシャフト(ビワハイジ13)

リオンディーズ(シーザリオ13)

アラバスター(レーヴディソール13)

ハルーワスウィート13

リュラ(ヒストリックスター13)

チェッキーノ(ハッピーパス13)

ロゼリーナ(ローズバド13)

これ以外に社台グループ生産の2歳馬(全977頭)完全データという事で種馬別の社台グループ生産馬のリストが掲載されていました。「クラシックホースは、ココから生まれる!」はい。ここから適当に選ぶだけでもそれなりの結果が伴うことでしょう。

UMAJIN:「2015-2016先取り!!POG種牡馬別リスト」という事で種馬毎の注目馬リストと一緒に村本、望田両名のそれはそれは素晴らしい見解文が掲載されておりました。上記2誌に比べると物足りない内容だったのは否めませんが、そこは前フリという事で6月号付録「POG「福」読本」に期待したいと思います。

-----

本日4/13発売の3誌のPOG特集、個人的にはサラブレ>最強の法則>UMAJINという感想です。各誌とも次月の6月号が本チャンの特集という事で前フリの要素が強い訳ですが、そんな中でもサラブレ誌の内容は良かったと思います。完全に一口野郎を狙い打ってきてやがる(笑)

特にプレシャスラバー13とかハードル上げ過ぎですって。ちなみに水を差すつもりはないですが、この馬については「頭が良すぎるくらい」というのがどうしても気になっています。

「馬は馬鹿の方が良い」....競馬べジータが知りえている限りでの持論でもあります。競馬に行って果たしてどうなるか。こういうのも楽しみの一つとしたいと思います。

2015-2016シーズン POG書籍発売予定 2015/4/13時点

-----2015-2016シーズン POG関連書籍発売予定(2015/4/13更新)-----

4/2

POG・クラブ馬選びに役立つ 走る馬の見方が分かる本(エンターブレインムック) :済み

4/13

サラブレ5月号(KADOKAWA/エンターブレイン):済み

UMAJIN5月号(UMAJIN編集部):済み

競馬最強の法則5月号(ベストセラーズ):済み

4/23

丹下日出夫と鈴木淑子POGの王道 2015-2016年版 (双葉社スーパームック)       

デイリーPOG虎の巻(デイリースポーツ)

4/25

優駿5月号(中央競馬PRC)

5/1

競馬王のPOG本 2015-2016 (GW MOOK 206)

2015-2016年 最強のPOG青本(ベストセラーズ)

丸ごとPOG 2015~2016 (Gallop)

5/13

サラブレ6月号(KADOKAWA/エンターブレイン) new!

UMAJIN6月号(UMAJIN編集部) new!

競馬最強の法則6月号(ベストセラーズ)new!

5/中旬

ザッツPOG 2015-2016(東スポ)

-----

UMAJIN、競馬最強の法則をカテゴリに含めました。次回発売予定日(5月13日)の6月号でそれぞれ本格的にPOG特集が組まれる予定になっています。

UMAJINは「今年もやります!!POG「福」読本」 と題して別冊付録にてPOG特集を組む形式です。少し前は「白本」などと称して新たな勢力としての台頭を目論んでいましたが、まだ既成勢力には追いついていない印象です。今期はボリュームアップを目指し、300頭超の掲載を予定しているとのこと。

本日発売のサラブレ、最強の法則、UMAJINのPOG特集内容については、この後別記事にて。

2015年4月12日 (日)

2015-2016シーズン POG書籍発売予定 2015/4/12時点

-----2015-2016シーズン POG関連書籍発売予定(2015/4/12更新)-----

4/2

POG・クラブ馬選びに役立つ 走る馬の見方が分かる本(エンターブレインムック) :済み

4/13

サラブレ5月号(KADOKAWA/エンターブレイン)

4/23

丹下日出夫と鈴木淑子POGの王道 2015-2016年版 (双葉社スーパームック)       

デイリーPOG虎の巻(デイリースポーツ)

4/25

優駿5月号(中央競馬PRC)

5/1

競馬王のPOG本 2015-2016 (GW MOOK 206)

2015-2016年 最強のPOG青本(ベストセラーズ)

丸ごとPOG 2015~2016 (Gallop) new !

5/中旬

ザッツPOG 2015-2016(東スポ)

-----

Gallopの丸ごとPOGも5/1で発売予定出ました。244ページ 定価1650円(税込)です。Gallop最大の目玉はなんと言っても社台/ノーザンファーム代表のインタビュー、推奨馬紹介。今年も例年同様ある模様です。今年は追分の晴哉氏&正志氏のインタビューに加え、マエコウさんと里見オーナーの特集もあるとの事。あとは牧場・クラブ別注目馬情報、注目厩舎リポート、各記者の「ズルしてでもとれ」シリーズといった定番企画という構成のようです。

馬体写真の多さが目立つのもGallop POG本の特徴、代表勢のインタビューと合わせてもPOG/一口野郎は買っておいて損はないと思います。

5/1(金)は発売ラッシュとなりそうですね。続々と決まっていく中老舗のあれは毎年遅せえなあ。

2015年4月11日 (土)

特集号 デイリーPOG虎の巻 2015-2016

NZTのグランシルクは正に”ちくしょー!”でした。久々にちくしょーな目にあいましたよ。よりによってなんであんなに出遅れるかね。悟空が戦前から超強気で、馬の出来も素晴らしかったので期待してしまいましたが、そういう時にも落とし穴が潜んでいます。あーあ、今日こそG2勝てると思ったのに!

人間が出来てる悟空などは、

「賞金加算出来て、G1の権利も取れた。競馬の内容も一番強いものだったし、出遅れたからこそあの脚が使えた可能性もある。今日絶好調の戸崎騎手の勢いあってこその結果かも。」

という類の常識的見解を述べられるのでしょうが、どうしてもG2の壁を越えたかった俗物べジータは「戸崎てめー!また大事な所でやってくれたな!」というのが率直な感想でございます。どうもこの騎手とは勝負掛かりでの相性が悪いです。

前置きが少々長くなりました。終わった事をぐだぐだ言ってもしょうがないので、今日のメインネタです。先日今期の発売日が4/23(木)に決定したデイリーPOG虎の巻、内容の一部が判明しました。

-----

今年の超目玉はやっぱり弥永明郎TMによる対談企画!恒例の山本英俊氏、西川哲氏(東京サラブレッドクラブ代表)に加えて、キズナ、ワンアンドオンリーで日本ダービー連覇中のノースヒルズ 前田幸治氏とのビッグ対談が実現しました。

さらに”サトノ”でおなじみ里見治氏のインタビューなど、ファン必見の企画が目白押しです。

32ページオールカラー、定価350円(税込)

-----

俺たちの弥永さんは今年もやってくれた!毎年存続が危ぶまれている(?)BIG2対談を今年も実現してくれたようです。これは本当に弥永さんだからこそ、弥永さんにしか出来ない仕事です。東京一口野郎は弥永さんにもっと感謝しないといけません。さらに今年はマエコウさんとの対談も実現させるとは....弥永さんあっての虎の巻です。

里見会長枠も用意して充実の内容で350円、発売時期を考えても本当に素晴らしい努力の賜物である事が想像が出来ます。まずはここからPOG戦線がスタートすると言って良いでしょう。圧倒的購入推奨です。

ここ数年、デイリーさんと東スポさんのタブロイド特別版と競馬王さんが頑張っていて独自の色を出している印象です。実積に胡坐かいてるどっかのに見習って欲しいわ。

馬の見方で1番大事にしたいこと

春、北海道に馬を見に行くには良い季節になって参りました。種付けシーズン真っ只中でもあり、見学に訪れる人も増えるこの時期、牧場側は忙しい時期かと思います。対応頂く現場の方々には本当に感謝です。2歳馬の育成もペースアップしてこれからどんどん馬が変わっていく時期でもあり、ここからの成長曲線がその後の競走生活を占うといっても過言ではないでしょう。

一方、POG取材はあらかた終了したと聞こえてきます。あとは産地馬体検査組とブリーズアップセールでのネタ取りを経て書籍群が出揃う形でしょう。トレーニングセールは時期を考えると書籍にするのは難しいと思いますが、そういうのを拾うのが競馬べジータです。ドラフト直前のトレーニングセール推奨馬にご期待頂ければ幸いでございます。

トレーニングセールが終わればすぐに日本ダービー/東京ダービー、そしてPOG野郎お待ちかねのPOGドラフトです。でもってその後すぐに社台/サンデー/G1の募集馬見学ツアーがやってきます。4月-6月は一年で最もテンションが上がる時期という方も多いでしょう。競馬べジータももちろんその一人な訳です。

という事で、これから益々若駒を見る機会が増えてくるという事もあり、自分なりの馬の見方を過去の経験や競馬悟空の金言などと照らし合わせアップデートをかけている所ですが、大事なアプローチをおろそかにしている事に気がつかされ、反省しました。

「良いところを見るようにしなさい。良いところを見つけなさい。」

これはとある方に言われた事です。
馬の形、血統背景、育っている環境、一つとして同じ馬などいません。当たり前ですがそれぞれに個性、特徴があります。「馬は個性の戦い」なんていうプロもいます。
ただ、とかくその個性のネガティブな面/気になる面に目がいってしまいがちです。それよりもその馬の良い面、素晴らしい面、気に入る面を見るようにして、それを経験として積み重ねた方が上手くいく事が多いよ。というのです。

この話をはじめて聞いた時、ひねくれ小物競馬べジータは正直「? よく分からん。んな事あるんかいな。」と思ったものです。ネガティブな点をオミットしてふるいにかけていく方が確実だろと。実際自身が馬を見て、出資馬を選定していく際もセオリー、定石を基本にしてふるいをかけていきながら、その上で残った馬から決める。というやり方をずっととってきています。

ただ、そんな馬の選び方だと限界があるのではないかと。ネガティブな観点を中心にした馬の見方/選び方よりポジティブな観点から選んだ方が成功事例/好例の積み重ねになるのではないかと。実際G2以上では結果が出ていないのがこれまでの競馬べジータです。その壁を突き破る為には今までのアプローチから更にアレンジを加えなければいけないのでしょう。振り返っておいて良かったです。

根拠はありません。ただ、その馬の良い所を見つけようとするアプローチは良い巡り合わせを生むような気がしています。セオリーはもちろん基本にあるとして、このアプローチ、大事にしたいと思います。

やはり、競馬べジータが競馬べジータでなくなる時がスーパーサイヤ人に昇華する時なんでしょうか。

2015年4月10日 (金)

2015-2016シーズン POG書籍発売予定 2015/4/10時点

-----2015-2016シーズン POG関連書籍発売予定(2015/4/10更新)-----

4/2 POG・クラブ馬選びに役立つ 走る馬の見方が分かる本(エンターブレインムック) :済み

4/13 サラブレ5月号(KADOKAWA/エンターブレイン)

4/23

丹下日出夫と鈴木淑子POGの王道 2015-2016年版 (双葉社スーパームック)       

デイリーPOG虎の巻(デイリースポーツ)

4/25 優駿5月号(中央競馬PRC)

5/1 競馬王のPOG本 2015-2016 (GW MOOK 206)

2015-2016年 最強のPOG青本(ベストセラーズ) new!

5/中旬 ザッツPOG 2015-2016(東スポ)

-----

ぐりぐり君とネタが思いっきり被ってるらしいですが、負けてられません。青本5/1で発売予定でました。G/WはPOG本とにらめっこするのが正しいPOG/一口野郎のあり方でしょう。あ、競馬王のグラサン師匠のマンガ、今年は例年以上に面白いものになりそうですよ。

それにしても「POG」ってキーワードはアクセス数アップの特効薬だな。こんな中身のないシリーズ上げるだけで今年の目標だった倍増をあっさり達成してしまうんだもの。
どんだけ情報に飢えてんだ(笑)ほんと自分も含めPOG/一口野郎ってのはどうしようもないな。

2015年4月 7日 (火)

馬喰

「馬喰ろう」、馬を生業にしているブローカーの事ではありません。馬肉のお店です。東京の馬肉屋というジャンルでは素晴らしい部類に入るお店だと思っています。競馬べジータ推奨のお店です。競馬を趣味にしている、競走馬出資をしている人間で馬肉を食すという事に抵抗がある人は多いでしょう。実際口にしない、出来るわけがないだろうというポリシーの方も多いでしょう。

競馬べジータは馬肉が大好きです。誘われたら喜んで行きますし、がっつきます。前述の馬喰ろうもそうですが、都内ではFREGOLI なども宜しいかと思います。ただ、これらも一度だけ食べた事のある熊本の馬刺しに勝るものではありませんでした。熊本のやつはかなり昔に食したのですが、今もその感覚を覚えているくらいやばかったです。もちろん最上級という意味で。

本当に馬には頭が上がりません。「馬に楽しませて頂いている。」競馬は人間のエゴの側面もあります。そういった部分も踏まえて、馬への感謝、そして「頂きます。」の精神だけは忘れないようにしたいと思います。

2015年4月 4日 (土)

2015-2016シーズン POG書籍発売予定 2015/4/4時点

-----2015-2016シーズン POG関連書籍発売予定(2015/4/4更新)-----

4/2 POG・クラブ馬選びに役立つ 走る馬の見方が分かる本(エンターブレインムック) :済み

4/13 サラブレ5月号(KADOKAWA/エンターブレイン)

4/23 丹下日出夫と鈴木淑子POGの王道 2015-2016年版 (双葉社スーパームック)

       デイリーPOG虎の巻(デイリースポーツ)
new !

4/25 優駿5月号(中央競馬PRC)

5/1 競馬王のPOG本 2015-2016 (GW MOOK 206)

5/中旬 ザッツPOG 2015-2016(東スポ)

-----

毎年大好評、デイリーPOG虎の巻の発売予定日が判明。4/23の発売に向けて編集作業開始の模様です。

2015年4月 3日 (金)

夢のある話と夢のない話

キャロット軍団はまた1頭海外遠征が決定しましたね。ステファノスが26日の香港クイーンエリザベス2世C招待受諾ですか。悟空の海外遠征リベンジが見られるか?勝手に注目させて頂きます。(笑)

一方でスピルバーグの英国遠征に伴う帯同馬候補になっていた2歳馬2頭、インジャスティスとレッドアルソードの遠征プランは中止が決定したそうですね。2頭とも放牧から6月の東京開催を目指すようです。決定した事なのでもうこの話題は終わりますが、本当に残念です。その分まで大将スピルバーグには頑張ってもらいたいものです。

今週はレッドアーヴィングが僚馬レッドキングダムに追いつくために勝利、レッドライジェルがグレーターロンドンをぶっ倒して青葉賞 or プリンシパルS行きを決めて、阪神メインでローブデソワが最内から粘りこんで3連勝。そんな絵が見たい。

2015年4月 2日 (木)

2015-2016シーズン POG書籍発売予定 2015/4/2時点

月が替わって4月になり、今シーズンPOG関連書籍第一弾 「POG・クラブ馬選びに役立つ 走る馬の見方が分かる本(エンターブレインムック)」が発売されました。

POG書籍評論家を自認する競馬べジータとしてもライバル誌の内容は当然要チェックという事で購入致しましたが、血統論に偏った記事が多く、馬体派や事情派の方々にとってはあまり見る物のないものだと感じました。「走る馬の見方がわかる本」とうたうくらいなので、もう少し馬体の見方に関する記事が多いものだと思っていましたが....

血統論についても、過去のサラブレの記事を焼き直し(再掲)という内容がほとんどで、サラブレを愛読されている方にとっては目新しいものはなかったように思います。ちなみに競馬べジータは血統論者が苦手です。笠氏から派生する血統屋、読み物としては本当に素晴らしくよく考えられているなあと思うのですが、「ナスキロ」とか「ハイインロー」とかいう造語を聞くとなんだか恥ずかしくなります。

しっかし、この本のように「焼き直し」で金取れるんだったら、「競馬悟空の馬日記 書籍化計画」を改めて立案したいと思います。サイト有料化と書籍化は悟空に常々打診していますが、未だ達成されていません。競馬参謀法師としてここは再考をお願いしたい次第です。

しいてあげれば敏腕競走馬エージェント 柴田英次氏の新種牡馬分析が面白かったですが、まあその辺の一口野郎なら誰でも知ってる内容でした。(笑)

あと、どうしても許せなかったのは

「ゼンノロブロイの産駒は我慢強い性格を受け継いで、調教でじっくり鍛えていけるタイプがいいのかもしれません。

(中略)

脚を動かそうとがんばれるというのが我慢強い性格ということなのです。このあたりがゼンノロブロイの良い産駒の特徴になってきます。」

という鈴木由希子のゼンノロブロイ評。これを見てくれよ!本当に上記のようなゼンノロブロイなんているのか?「我慢強い性格を受け継いでるゼンノロブロイ産駒」の見方を書いて下さいよ。

-----

2015.03.25

(角居厩舎)
障害練習。
助手「この中間は障害練習中心の調整です。サボり癖がひどいので集中させるために始めたのです が、飛びたくないのでしょうね。障害を飛びきるまでしっかり促して行かないと、やめようとする素振りを見せています。まだ始めて5日目ですが、気持ち的に も前向きさがまだまだ出てきていませんし、体もうまく使えていないので、徐々に変わってきてくれたらと思っています」

2015.04.01

(角居厩舎)
助手「こ の中間も障害練習を行っていましたが、相変わらずやめることばかり考えていて、一向に前向きさが出てこず効果が見られません。次走までそこまで時間もない ため、普通の調整に切り替えています。今日は併せ馬での追い切りでした。前半はいいのですが、追い出すと頭が上がってそれがブレーキになってしまう感じですね。後競馬まで1週間ですが、少しでも良い方向に向けるように頑張ります」

-----

愚痴が過ぎました。これから購入を検討しようとしている方向けに内容のタイトルだけ挙げておきます。このお題で惹かれるものがあれば買っても良いでしょうが、競馬悟空の馬日記や他一口野郎の方々のブログの方が私は好きです。あ、種牡馬別2歳馬リストは役に立つと思います。

-----

- 鈴木由希子(競馬エイト)監修 種牡馬別、産駒を見るときはここを見ろ!

- 望田潤が教える POG&一口出資で勝つためのトレンド配合7大チェックポイント

- 平出貴昭が教える 主要種牡馬別・産駒が持っていて”走る血”と”走らない血”

- 敏腕競走馬エージェントが語る 新種牡馬分析

- 笠雄二郎が教える 血統表の見方・短期集中ゼミ(全6回総集編)

- 2015年2歳馬リスト(全6745頭)

-----

話は変わりますが、既存競馬メディアは肩書きに乗っかって仕事をしている、既得権益を貪る連中が多いです。そんな奴らには本当に憤りを感じます。それよりも、ネットでの立ち回りで独自の展開をするうんちく野郎の方がしっかりした内容を書いている事も多いと思います。特にPOG/一口出資分野ではそれが顕著かと。既存POG/一口出資関連メディアに風穴をぶち開ける存在の台頭を切に願います。ぶっちゃけ、数多あるPOG書籍関連記事レベルなら俺らでもどうとでもなるって。
あー、老後はPOG取材班みてえに牧場回って馬見まくって旨い物食ってイイ女抱いて美辞麗句書き連ねる仕事してえなあ。馬好きにとっては楽しくて仕方がないでしょう。

とはいえ、文句ばっかり言っても力が全て。力のない人間にはどうしようもありません。ただでは転ばないのが競馬野村克也、他人のふんどしで相撲を取る事を得意とするのも競馬コバンザメ、どこよりも早いPOG書籍発売予定発信を自負する馬珍々です。これまで判明しているPOG関連書籍発売予定を改めて整理しておきます。今後もアップデートしていきますが、現時点で漏れがあったりしたらぜひご一報下さい。ゴーストライターに言って聞かせておきますので。

-----2015-2016シーズン POG関連書籍発売予定(2015/4/2時点)-----

4/2 POG・クラブ馬選びに役立つ 走る馬の見方が分かる本(エンターブレインムック) :済み

4/13 サラブレ5月号(KADOKAWA/エンターブレイン)

4/23 丹下日出夫と鈴木淑子POGの王道 2015-2016年版 (双葉社スーパームック)

4/25 優駿5月号(中央競馬PRC)

5/1 競馬王のPOG本 2015-2016 (GW MOOK 206)

5/中旬 ザッツPOG 2015-2016(東スポ)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »