« 第60回羽田盃、そして門別ホッカイドウ競馬開幕 | トップページ | またしても山口ステーブル »

2015年4月23日 (木)

2015-2016シーズン POGネタ拾い読み その4

今日はPOG野郎、一口野郎お待ちかねのデイリーPOG虎の巻と丹下と淑子のPOGの王道が発売されました。いやー、ここでもナイトマジック13ことフォイヤーヴェルクの持ち上げられ方は尋常ではなかったですね。

「別の生き物」
「どう表現していいか分からないくらい凄い」
「来たねえ。ヤバい、ヤバ過ぎるよ。日本の3冠どころか、凱旋門賞も意識させる。」

極めつけは勝己社長の「あれはモンスター」

お腹いっぱいです。これは本当に楽しみです。

ざっと読みましたが、POGの王道の方は鈴木淑子さんの奮闘が素晴らしいなあと思いました。牧場代表インタビュー、厩舎取材とも大変満足の内容でございました。

デイリー虎の巻の方はなんと言っても弥永さん、ほとんど弥永さんでもっているようなもんだろう。山本オーナー、哲社長とのスペシャル対談の弥永さんのお姿は他のどんな良血馬の写真よりも素晴らしいものでした。これだけでも買う価値があります。
東京会員は当然必読ですし、有力若駒に対しての「弥永の決断」が読めるのも虎の巻だけ。取り寄せてでも絶対買うべきです。お取り寄せはこちらからどうぞ。

しかも、ほとんど馬に対しての「弥永の目」がポジティブな評価の中、グローサーザール(ファーストバイオリン13)の弥永評「メリハリに欠けるところがある。」 やったぜ!

一方今日の東スポザッツPOG連載はみんな大好き藤沢和厩舎特集。取り上げられていたのは以下7頭。カジノドライヴの2頭がいねー!東京勢は虎の巻担当ってことで。

-----

ティソーナ(ラドラーダ13) 牡
スターオブペルシャ(ターフローズ13) 牡
ムーンクエイク(リッチダンサー13) 牡
アーマイン13 牡
チェッキーノ(ハッピーパス13) 牝
インジャスティス(リトミックダンス13) 牡
レッドアルソード(フェアリーバラード13) 牡

-----

レッドアルソードにかける期待は大きいですが、東京開催間に合うのでしょうか?
あと、POGとは関係ないですが、今日のエビショウの”独舌”口座は良い事言ってた。
皐月賞でのM・デムーロ騎手の騎乗について自身の見解を述べた上で、以下のようにコメント。

「テレビだけではなく新聞や雑誌の記事でも、もう少し、いいものはいい、悪いものは悪いとハッキリ論評してもらいたい。当たり障りのないコメントや記事ばかりになってしまっては面白くないし、長い目で見れば競馬業界全体の損失にもつながる。メディアには、それくらいの影響力があるわけだから、解説者や記者の皆さんには今以上の奮起を期待したいね。ま、かく言う俺は、周りから「言いたいことを言い過ぎだ」って言われるから、他人のことを偉そうに言えないんだけど...。」

これは完全に同意。巷に溢れかえる当たり障りのない記事、全く面白くありません。良いものは良い、悪いものは悪い、気に入らないものは気に入らん。そういうのをぶつけ合うのがメディアだと思うんだが。違うのか?

誰にでも好かれるように媚び諂う様なありきたりな論調には反吐が出る。もっとバチバチやろうぜバチバチ。

ん?これってPOGメディアにも当てはまるんじゃねーの?(笑)

« 第60回羽田盃、そして門別ホッカイドウ競馬開幕 | トップページ | またしても山口ステーブル »

POG書籍」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。