« Hiroo Sisters Frankel Challenge~フランケルへの挑戦~ | トップページ | 2015-2016シーズン POGネタ拾い読み その2 »

2015年4月21日 (火)

2015-2016シーズン POGネタ拾い読み

一口野郎達の間では2015年度社台グループ提供牧場別1歳募集予定馬リストの話題で持ちきりですが、馬珍々はPOG野郎の掘り起こしを継続します。

先日記載しましたが、今日から東スポにてザッツPOGの連載がスタートしています。例年通り「有力オーナー別」、「厩舎別」をアトランダムに月-木で掲載するそうです。
今日は社台RH編で、以下10頭が紹介されていました。

-----

関東

コアコンピタンス(スティンガー13) 牡 国枝厩舎
スターオブペルシャ(ターフローズ13) 牡 藤澤和厩舎
ナイトインブラック(ステレオタイプ13) 牡 田中剛厩舎
グレイスノート(エオリアンハープ13) 牝 宗像厩舎
ラガマフィン(エアラグドール13) 牝 奥村武厩舎
シトロプシス(ラピッドオレンジ13) 牝 畠山厩舎

関西

サプルマインド(シリアスアティテュード13) 牝 藤原英厩舎
テラノヴァ(エアトゥーレ13) 牝 須貝厩舎
カイザーバル(ダンスインザムード13) 牝 角居厩舎
ファンタサイズ(ファンジカ13) 牡 矢作厩舎

-----

これらの馬達は5/14発売の特別号「ザッツPOG」でも同様に取り上げられると思います。

この中では、シトロプシス(ラピッドオレンジ13)が残口ありで未だ募集中です。上もこの間500万下で強い勝ち方をしましたし、母自身も堅実に走って交流重賞した馬、血統面でも筋が通っています。厩舎から人気していないのでしょうが、面白い1頭だと思います。

社台ファームが昨年に比べ、内地への移動を早める方針というのはPOG野郎にとっては周知の事かと思いますが、さらに付け加えるならば「今年の冬、東丘は雪が少なかった。」と聞きます。例年に比べ雪に悩まされる事が少なくて順調にメニューを消化できたとも聞きました。ノーザンファームの立地に比べて雪が多い地区にある社台ファーム。ここが格差拡大の要因となっている一つのポイントかと思いますが、現2歳馬に関してはこの点での差はそこまでないのかもしれません。クラシック出走馬を見てもノーザンファーム>社台ファームの流れは明白ですが、今期に関しては合えて社台側に賭けてみるのもありかもしれません。

一方、今週の週間Gallopでは「丸ごとPOG」の先出し版、「早出しPOG」特集がありました。こちらは以下の馬達が取り上げられております。

-----

ノーザンファーム

フォイヤーヴェルク(ナイトマジック13) 牡 池江厩舎
アドヴェントス(アドマイヤサンデー13) 牝 堀厩舎
ケイブルグラム(ジンジャーパンチ13) 牡 国枝厩舎

社台ファーム

セネッティ(タッチザピーク13) 牡 音無厩舎
クィーンアマポーラ(リトルアマポーラ13) 牝 藤岡健厩舎

追分リリーバレー

エストソルシエール(オリエンタルアート13) 牝 池江厩舎

大山ヒルズ

ヨシノザクラ(アジアンミーティア13) 牝 萩原厩舎
Believe13 牝 角田厩舎
ネフェルティティ(ラヴェリータ13) 牝 松元厩舎

下河辺牧場

アフェクティーズ(オールウェイズウィリング13) 牡 手塚厩舎
サンクスノート13 牡 美浦入厩予定
ランウェイスナップ13 牝 岩戸厩舎

ファンタストクラブ

マダムチェロキー13 牡 西浦厩舎

吉澤S

マイグッドネス13 牝 安田厩舎
Vodka13 牝 角居厩舎

シュウジデイファーム

リトルブック13 牝 矢作厩舎

美浦入厩組

ナイトインブラック(ステレオタイプ13) 牡 田中剛厩舎
ミュゼモーゼス(チャールストンハーバー13) 牡 大江原厩舎

栗東入厩組

カノヤルジャンドル(カノヤトップレディ13) 牝 坂口則厩舎
デンコウエラ(ゴールドポイント13) 牝 坂口則厩舎
シーイズトウショウ13 牡 角田厩舎

-----

結構な頭数を「早出し」しており、読み応えのある内容でした。この中ではやはり冒頭のフォイヤーヴェルクですかね。ミーハー大好きのキラーワード、「厩舎長」が賛辞を惜しまないとくれば大人気間違いなしですね。

「林厩舎長から「見せたい馬がいるんです。」と言われていた。」
「これまで数々の活躍馬を育ててきた林厩舎長が「別格」と話す逸材」

この2フレーズ、踊るにもってこいの素晴らしい言い回しかと思います。いや、馬は本当に素晴らしいと思うので、買えない分せめてPOGでは指名候補としたいですね。
あと、牝馬で実績充分のアドマイヤサンデーが飛ぶ鳥を落とす勢いの堀厩舎で、既に入厩予定あり、5月末から6月頃に移動し、早ければ夏の新潟デビュー予定とくれば連想するのはハープスター、これまた大人気確実、出資者は既に来春の大舞台を視野に入れていることでしょう。

それぞれの記事は各誌を購入し、確認しましょう。全部無料で読めるほど世の中甘くねーぞコラ。金払って自分で買え!

« Hiroo Sisters Frankel Challenge~フランケルへの挑戦~ | トップページ | 2015-2016シーズン POGネタ拾い読み その2 »

POG書籍」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。