« リビングレジェンド | トップページ | 皆、結局同じ所に行き着く »

2015年4月30日 (木)

2015-2016シーズン POGネタ拾い読み その7

そろそろワンパターンで飽きられている頃かと思いますが続けます。先に予告しておきますが、明日5/1は

競馬王のPOG本 2015-2016 (GW MOOK 206)

2015-2016年 最強のPOG青本(ベストセラーズ)

丸ごとPOG 2015~2016 (Gallop)

と、POG書籍が3本リリースされますし、赤本、ザッツPOGなども続いていきますので当面はPOGネタでゴリ押ししていきます。

さて、今日の東スポザッツPOGはシルクホースクラブ編でした。

-----

関東

ゼーヴィント(シルキーラグーン13) 牡 木村厩舎
アストラエンブレム(ブラックエンブレム13) 牡 小島茂厩舎
オルニエール(カラヴィンカ13) 牡 杉浦厩舎
ジスターキ(シーズライクリオ13) 牝 田村厩舎
ウィザリトルラック(Whisp13) 牝 田中剛厩舎
ジェイズジュエリー13 牡 大竹厩舎
Profitability13 牡 木村厩舎

関西

タイムレスメロディ(アコースティクス13) 牝 高野厩舎
レーヌドコロール(シャルマンレーヌ13) 牝 角田厩舎
セカンドエフォート(ディフィカルト13) 牡 村山厩舎

-----

東:ノーザンファーム天栄/木村厩舎、西:ノーザンファームしがらき/高野厩舎、ここ2年ほど常に強調され続けているタッグですが、シルクはことさらこの組み合わせを強調しているように思います。どこかで大当たりをかっ飛ばす事でしょう。

また、シルクはPOG書籍のクラブ枠では残口ありの馬を特に取り上げてもらっているのも目につきます。今回も追加募集2頭をしっかり取り上げています。まあ当然と言えば当然なのかもしれませんが、昨年のなんかの書籍なんかあからさま過ぎて笑ってしまうくらいでした。

この中ではアストラエンブレムですね。昨年(現3歳世代)はネオユニヴァース、この世代はダイワメジャーの良駒がシルクに集まったのは明白です。申し込みが外れて悔しくて仕方がありませんが、この馬は上同様走ってくると思います。悟空にも見せてもらいましたが、「羨望」しかありません。せめてドラPのシルク枠で指名するか....

« リビングレジェンド | トップページ | 皆、結局同じ所に行き着く »

POG書籍」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。