« 競馬悟空グループPOG 2015-2016開催決定 | トップページ | みんな大好き週刊アサヒ芸能 »

2015年4月28日 (火)

2015-2016シーズン POGネタ拾い読み その6

POGブログに鞍替えしてからというもの、1日あたりのアクセス数が急増、いまや2000アクセス/1000ユニークユーザーに迫る勢いです。当面はこの流れにのっていきます。
ただ、POGネタではビジネスに繋がる展開は期待できない訳で、不毛にも思えてきてしまいますが、これも下積みの一環だと思ってゴーストライター達を叱咤激励していきます。

東スポザッツPOGの厩舎ピックアップ編を引き続き拾っておきます。月曜日は大竹厩舎、今日は西園厩舎特集でございました。

------

関東 大竹厩舎

アルカサル(アビラ13) 牡
グースベリー(ラズベリータイム13) 牝
ハッシュバンバン13 牡
ショウナンラピュタ(ショウナンマライア13) 牡
オークルーム13(オークルーム13) 牡
スイートテイスト13 牡
ロジストーム(レーヴドフィユ13) 牡
コスモハイタッチ(プラセール13) 牡

関西 西園厩舎

ジュールポレール(サマーナイトシティ13) 牝
ベルフラワー(コスモベル13) 牝
マイネルチャンプ(シーセモア13) 牡
マイネルブランブル(スターオブサファイア13) 牡
ノンゼロサム(Winendynme13) 牡
タムロイーネー13 牡
フィールドシャルム(タイキクラリティ13) 牡
レッドジェイド(レリックレーヌ13) 牡
オークヒルズ13 牝
サンドスラッシュ13 牡

-----

大竹厩舎は大ブレイク間近、関東の次代を担う存在というのは周知の通りかと思います。ブレイクするにはやはりG1勝ちが欲しい所でしょう。ルージュバックでそれを果たすのか?この世代で果たすのか?その日は近いうちにやってくるでしょう。

西園厩舎も各所から根強い支持を受けている厩舎かと思います。芝中長距離、所謂王道路線ではどうなのか?という話かと思いますが、毎年確実に走らせてくる厩舎でもあります。POG戦略的には中軸ではなく、脇を固めるのを探す際にありがたい存在になるかと思います。

また、吉田竜作氏のPOGコラムでは、松田国厩舎に入る予定になっているキンカメ×ダイワスカーレットの牝馬の話がありました。父母とも厩舎出身で思い入れのある血統を再度扱うとあって、「この一頭で流れをもってきたい。」と意欲的です。既に内地(山元)に来ているとの事ですから、仕上がりも順調そうです。いよいよダイワスカーレットから大物が出現するか?要注目です。
それにしてもなんで最初の相手として、チチカステナンゴつけたんだろうか。完全に黒歴史だわな。

中山ではブリーズアップセールが行われました。POGでここから指名するのは、相当な変化球だと思いますが、走る馬を当てたらフォイヤーヴェルクでかっ飛ばすなんかよりかっこいいですね。
売却率またしても100%という事で改めて金持ってるやつは持ってるなと。ただ、個人的にはどうしてもとりあげたくなるような馬はいませんでした。安心/安定のJRA育成馬ですから堅実に走ってくるのは確実ですが、セイウンワンダーのように突き抜ける存在までには至らないのではないでしょうか。
やはり自分は来月の千葉セリに注目です。

« 競馬悟空グループPOG 2015-2016開催決定 | トップページ | みんな大好き週刊アサヒ芸能 »

POG書籍」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。