« 新たな潮流 | トップページ | 夢のある話と夢のない話 »

2015年4月 2日 (木)

2015-2016シーズン POG書籍発売予定 2015/4/2時点

月が替わって4月になり、今シーズンPOG関連書籍第一弾 「POG・クラブ馬選びに役立つ 走る馬の見方が分かる本(エンターブレインムック)」が発売されました。

POG書籍評論家を自認する競馬べジータとしてもライバル誌の内容は当然要チェックという事で購入致しましたが、血統論に偏った記事が多く、馬体派や事情派の方々にとってはあまり見る物のないものだと感じました。「走る馬の見方がわかる本」とうたうくらいなので、もう少し馬体の見方に関する記事が多いものだと思っていましたが....

血統論についても、過去のサラブレの記事を焼き直し(再掲)という内容がほとんどで、サラブレを愛読されている方にとっては目新しいものはなかったように思います。ちなみに競馬べジータは血統論者が苦手です。笠氏から派生する血統屋、読み物としては本当に素晴らしくよく考えられているなあと思うのですが、「ナスキロ」とか「ハイインロー」とかいう造語を聞くとなんだか恥ずかしくなります。

しっかし、この本のように「焼き直し」で金取れるんだったら、「競馬悟空の馬日記 書籍化計画」を改めて立案したいと思います。サイト有料化と書籍化は悟空に常々打診していますが、未だ達成されていません。競馬参謀法師としてここは再考をお願いしたい次第です。

しいてあげれば敏腕競走馬エージェント 柴田英次氏の新種牡馬分析が面白かったですが、まあその辺の一口野郎なら誰でも知ってる内容でした。(笑)

あと、どうしても許せなかったのは

「ゼンノロブロイの産駒は我慢強い性格を受け継いで、調教でじっくり鍛えていけるタイプがいいのかもしれません。

(中略)

脚を動かそうとがんばれるというのが我慢強い性格ということなのです。このあたりがゼンノロブロイの良い産駒の特徴になってきます。」

という鈴木由希子のゼンノロブロイ評。これを見てくれよ!本当に上記のようなゼンノロブロイなんているのか?「我慢強い性格を受け継いでるゼンノロブロイ産駒」の見方を書いて下さいよ。

-----

2015.03.25

(角居厩舎)
障害練習。
助手「この中間は障害練習中心の調整です。サボり癖がひどいので集中させるために始めたのです が、飛びたくないのでしょうね。障害を飛びきるまでしっかり促して行かないと、やめようとする素振りを見せています。まだ始めて5日目ですが、気持ち的に も前向きさがまだまだ出てきていませんし、体もうまく使えていないので、徐々に変わってきてくれたらと思っています」

2015.04.01

(角居厩舎)
助手「こ の中間も障害練習を行っていましたが、相変わらずやめることばかり考えていて、一向に前向きさが出てこず効果が見られません。次走までそこまで時間もない ため、普通の調整に切り替えています。今日は併せ馬での追い切りでした。前半はいいのですが、追い出すと頭が上がってそれがブレーキになってしまう感じですね。後競馬まで1週間ですが、少しでも良い方向に向けるように頑張ります」

-----

愚痴が過ぎました。これから購入を検討しようとしている方向けに内容のタイトルだけ挙げておきます。このお題で惹かれるものがあれば買っても良いでしょうが、競馬悟空の馬日記や他一口野郎の方々のブログの方が私は好きです。あ、種牡馬別2歳馬リストは役に立つと思います。

-----

- 鈴木由希子(競馬エイト)監修 種牡馬別、産駒を見るときはここを見ろ!

- 望田潤が教える POG&一口出資で勝つためのトレンド配合7大チェックポイント

- 平出貴昭が教える 主要種牡馬別・産駒が持っていて”走る血”と”走らない血”

- 敏腕競走馬エージェントが語る 新種牡馬分析

- 笠雄二郎が教える 血統表の見方・短期集中ゼミ(全6回総集編)

- 2015年2歳馬リスト(全6745頭)

-----

話は変わりますが、既存競馬メディアは肩書きに乗っかって仕事をしている、既得権益を貪る連中が多いです。そんな奴らには本当に憤りを感じます。それよりも、ネットでの立ち回りで独自の展開をするうんちく野郎の方がしっかりした内容を書いている事も多いと思います。特にPOG/一口出資分野ではそれが顕著かと。既存POG/一口出資関連メディアに風穴をぶち開ける存在の台頭を切に願います。ぶっちゃけ、数多あるPOG書籍関連記事レベルなら俺らでもどうとでもなるって。
あー、老後はPOG取材班みてえに牧場回って馬見まくって旨い物食ってイイ女抱いて美辞麗句書き連ねる仕事してえなあ。馬好きにとっては楽しくて仕方がないでしょう。

とはいえ、文句ばっかり言っても力が全て。力のない人間にはどうしようもありません。ただでは転ばないのが競馬野村克也、他人のふんどしで相撲を取る事を得意とするのも競馬コバンザメ、どこよりも早いPOG書籍発売予定発信を自負する馬珍々です。これまで判明しているPOG関連書籍発売予定を改めて整理しておきます。今後もアップデートしていきますが、現時点で漏れがあったりしたらぜひご一報下さい。ゴーストライターに言って聞かせておきますので。

-----2015-2016シーズン POG関連書籍発売予定(2015/4/2時点)-----

4/2 POG・クラブ馬選びに役立つ 走る馬の見方が分かる本(エンターブレインムック) :済み

4/13 サラブレ5月号(KADOKAWA/エンターブレイン)

4/23 丹下日出夫と鈴木淑子POGの王道 2015-2016年版 (双葉社スーパームック)

4/25 優駿5月号(中央競馬PRC)

5/1 競馬王のPOG本 2015-2016 (GW MOOK 206)

5/中旬 ザッツPOG 2015-2016(東スポ)

« 新たな潮流 | トップページ | 夢のある話と夢のない話 »

POG書籍」カテゴリの記事

コメント

買ってしまった…。昨夜我が家に届いていましたが未だ封を開けてないので、
今夜帰宅したら内容を確認してみます。
何故だか買っちゃうんですよね…ニッチ的書籍だけど儲かるから出るんでしょうね!
私みたいに買っちゃう人間が確実に居る訳だし…。

旦那

あくまでひねくれ者の競馬べジータの感想です。この内容がマッチする方もいらっしゃるかと。
血統屋系が好きな人には良いと思いますし、なにより先に出しちゃったもん勝ちな所もありますからね。この後も続々とリリースされるPOG関連書籍、楽しみですね。
馬珍々もこれらPOG書籍群から良い物は遠慮なくパクらせて頂きながらがんばります。

この記事へのコメントは終了しました。

« 新たな潮流 | トップページ | 夢のある話と夢のない話 »