« シーズンイン | トップページ | 王者の丘 »

2015年3月22日 (日)

馬時間

先週は悟空とデートしたり、シルク師匠と密会した後、そのまま海外に出ていました。滞在先からもブログを更新しようかとも一瞬思いましたが、海外の風景や食事をアップして「こんな所行きました!」というノリになりそうだったので止めました(笑)そういうのはべジータブログの目指す所ではありませんからね。

1週間の競馬ネタやレース結果を確認している訳ですが、1番衝撃を受けたのは京浜盃の結果でした。オウマタイム、8馬身差の圧勝というのは渡航先でも確認していましたが、レース映像を改めて見た後、思わず「強い」の一言が出ました。ヒヤシンスS挑戦が実を結んだように思います。あの流れを経験したからこその楽勝だったと感じました。ゴールデンバローズをはじめとしたヒヤシンスS上位組はどれだけ強いのか、ゴールデンバローズの次には本当に注目したい所です。
山口氏は今後もシェアリンク組の中央挑戦を明言されていますし、中央で仮に惨敗したとしてもオウマタイムのようにそれが糧となり、次に繋がる事もある。自分の馬もこういう成果が出る事を妄想したいと思います。

一方、ホッカイドウ競馬でも能力検査が始まりました。初日のプレイザゲーム、素晴らしい走りでした。やっぱりこのパイロは走るでしょうね。2歳馬概定番組も公表されていよいよ開幕のカウントダウンに入りました。今年はシェアリンクで認定取りに挑みます。わくわくします。

ちなみに、能力検査は 一般公開 もされていますので、春の牧場見学の合間に行ってみるのもよろしいかと思います。スタンドはほとんど関係者で、その玄人臭にすぐ帰りたくなるかもしれませんが(笑)そういうのが好きな人はどうぞ。

« シーズンイン | トップページ | 王者の丘 »

おもひで」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。