« シェアリンクレーシング 2015年募集2次追加組発表 | トップページ | クラブ会報必要論 »

2015年3月26日 (木)

藤澤和雄調教師と大山本オーナーの新たな試み

天皇賞馬スピルバーグの英国遠征が予定されているのは周知の事実だったかと思いますが、それに加えて史上初、前代未聞の試みが明らかになりました。

日本調教2歳馬の海外遠征

スピルバーグの遠征が発表になった時にも2歳馬の帯同という話は出ていましたが、今回その候補馬も公になった訳です。まずは、

インジャスティス(リトミックダンス13)

山本オーナーの所有馬でフォーエバーマークの全弟ですか。

そして、もう1頭は.....

レッドアルソード(フェアリーバラード13)

やっぱりきた!我々のようなただの一口野郎にも夢を見せてくれる大山本オーナーと、常に先を見据える藤澤和雄調教師にはただただ感謝です。

当のレッドアルソードは血腫除去の手術を受けたばかりなので、このプランに乗っかれるかどうかは微妙な状況でしょうが、レッドアーヴィングは同様の手術後4ヶ月でレースに出走している事を考えると、可能性は0ではないと思います。

若駒の海外遠征は賛否両論あるでしょうが、こういう新しい試みがこのコンビの真骨頂、既成概念に囚われず自分たちのやりたい事、夢を実現する行動力/資金力。心酔するに値します。愚民のくそったれ批判など関係ありません。

「6月16-20日のロイヤルアスコット開催(英王室主催競馬)で行われる2歳戦(計6レース)から、ふさわしいレースを選択することになる。」

なるほど。何かのインタビューで「馬主を始める動機は世界の王族と知り合いになる為」と仰っていた大山本オーナーです。ここに狙いを定めて必ず実現させる事でしょう。

競馬野村克也もドレスコード新調するべ。

« シェアリンクレーシング 2015年募集2次追加組発表 | トップページ | クラブ会報必要論 »

一口出資」カテゴリの記事

コメント

私も自分の出資馬レッドゲルニカを海外挑戦させてくれるなら、負担でマイナスになっても夢に賭けたいです!

ファンド馬ですから出資者皆さん色々な考えが有ろうことかと思いますが、夢を見れるのが一口の良いトコロ♪

いつか必ず願望が実現する様に、今年も藤澤厩舎で一頭は出資したいと思います!

旦那

はい。山本オーナーの夢に乗っからせて頂けるのが東京会員最大のメリットだと思います。
直近ではもう1頭のカジノドライヴがいますよ(笑) この馬こそが東京の夢の一つの形でしょう。

この記事へのコメントは終了しました。

« シェアリンクレーシング 2015年募集2次追加組発表 | トップページ | クラブ会報必要論 »