« 馬時間 | トップページ | 今後のノーザンファームの起用を暗示する1枚 »

2015年3月22日 (日)

王者の丘

先日悟空と話していて、チャンピオンヒルズについて知らない人がいることに気がつかされたので、チャンピオンヒルズを取り上げておきます。

チャンピオンヒルズについては、まずこちらの記事を見て頂ければと思います。

-----

大津市伊香立の「びわこサイエンスパーク」で、計画が白紙となっていた開発エリア(72ヘクタール)について、競走馬育成牧場を運営する会社などの企業連 合体が、土地を取得したことが17日までにわかった。競走馬育成施設などを整備し、早ければ2018年に開業する見込み。

(中略)

今年2月、北海道で競走馬育成牧場を経営する企業やコンサルタント会社などでつくる「チャンピオンヒルズ建設共同企業連合体」に決定した。

  企業連合体が市に説明した計画によると、URから売却される山林72ヘクタールを造成し、競走馬育成施設や、1周千メートルと1100メートルの調教用の 周回コース、直線千メートルの坂路コースなどを設ける。最大300頭の馬を育成できるという。また一般向けの乗馬クラブの整備も検討している。

-----

あとの詳細内容は「チャンピオンヒルズ」でグぐると、ありがたいまとめをしてくれているdskさんのPOGページがど頭に来ると思いますので、そちらに譲りますが、これらの記事は良く調べられており内容はその通りかと思います。

我々一口野郎にとって重要なポイントは、「社台ファームの関西外厩拠点になるだろう」という点です。ノーザンファームにはノーザンファームしがらきがあり、それによる効果は絶大であるというのは言うまでもない事です。一方の社台ファームの関西外厩拠点はグリーンウッドトレーニングになるかと思いますが、近年は山元トレセンまで戻される馬も出てきているように、馬房数などに限界が出てきているように思っていました。そういったタイミングで出てきたチャンピオンヒルズの話に社台が絡んでいるというのは、自分もこれまで裏取りが出来ていなかったのですが、前述のdskさんのページと先日の会合で話が繋がりました。

2018年頃の完成を予定しているようですので、まだだいぶ先の話ではありますが、「関西の勢力図が変わる」と言われているほどの大型施設の登場、ノーザンファームだけではなく社台ファームにも気を配っておかなければならないでしょう。ハード面の充実だけでは上手くいかないのはこれまでの追分の結果が証明しています。当然その点も頭の良い上層部は理解していると思います。手は打っているでしょう。

直近はノーザンファームベタ買いの方針は変わりませんが(笑)

« 馬時間 | トップページ | 今後のノーザンファームの起用を暗示する1枚 »

一口出資」カテゴリの記事

コメント

You are my inhalation, I have few web logs and rarely run out from post bfddkkbkkkgc

Hello! [url=http://via3indian.com/#2.html]generic viagra india pharmacy[/url]

I was just seeking this info for some time. After six hours of continuous Googleing, at last I got it in your web site. I wonder what is the lack of Google strategy that don't rank this kind of informative websites in top of the list. Generally the top sites are full of garbage. feeedadcaeab

Several of these games are worth some time and are actually ecbdfbkdagea

Very interesting topic , appreciate it for posting . The friendship that can cease has never been real. by Saint Jerome. dcbdakgadcfc

この記事へのコメントは終了しました。

« 馬時間 | トップページ | 今後のノーザンファームの起用を暗示する1枚 »