« 馬珍遊記の実力 2015(その1) | トップページ | 千葉セリ1番馬の船出 »

2015年2月19日 (木)

Tokyo Sasetti Day

今日はレッドウォーリアが浦和で走りましたが、またしても進境は見られませんでした。あらかた試せる事は試したように思いますが、個人的には最後に盛岡の芝で走って欲しいです。芝でダメなら諦めがつきます。一息入れて春を迎え、盛岡の開催に合わせて移籍という手はないでしょうか。ここまで来たらトコトン付き合いたいものです。

今週はダートレースが注目の鞍でしょう。現時点での国内3歳ダート王を決めると言っても過言ではないヒヤシンスSに、中央G1開幕戦のフェブラリーS。両レースとも素晴らしいメンバーが揃いました。打倒須田鷹雄を掲げる競馬悟空グループ、当然これらの注目レースに手駒を送り込む訳です。

まずヒヤシンスSはプレシャスルージュ、シルクのこの世代の100口馬の当たりは誰がどう見てもこの馬でした。ダートで必ず良い所までいく、その目論見どおり連勝でこの舞台に駒を進めてきました。ゴールデンバローズを筆頭にディアドムス、タップザット、クロスクリーガー、地方最高レベルのオウマタイムにパーティメーカーの山口勢といった具合に、このレースに出走している馬はこの先もほとんどがOP馬となるでしょう。プレシャスルージュには頑張ってもらいたいですが、ここはさすがにゴールデンバローズには逆らえないように思います。山口ステーブルの2頭にも注目します。

フェブラリーSにはレッドアルヴィス、すばるSを制しての挑戦です。明け4歳になりこの馬自身も力を付けてきているとは言え、まだ一線級とは言いがたいというのが正直な所でしょう。ましてや今回はコーリンベリーが作り出すであろうハイペースに加え、前に行く馬は皆コパノリッキーに掃除されるように思います。そこをどこまで踏ん張れるか?最も相性の良い府中、父ゴールドアリュールのこの条件での強さを後ろ盾に奮闘を期待します。昨秋から既成勢力との差をどこまで詰められているか?スタート大事ですね。

他にもファヴォリートのダート替わり、レッドアリオンが鬼門の京都/道悪(?)克服なるか?、大器(のはず)ラテラルアークの復帰戦など競馬悟空グループの攻勢は続きます。

しかしながら、悟空超え/馬日記正当継承者を目指す競馬べジータとしては、上記した馬よりも結果を出して欲しい馬達がいます。レッドカイザーにレッドライジェル。そう、言わずと知れた東京ブランド、サセッティ一族の2頭です。

レッドカイザーは昨秋10月の阪神戦以来の競馬、中間の気配から一叩きの一戦という感じですが、ゼンノロブロイ代表産駒を目指す戦いの再スタート、ここはいっちょネオリアリズムをぶっ倒して本格化の第一歩を踏み出して欲しいものです。

レッドライジェルは失意の惨敗から建て直しを図っての再出発です。気弱で周りに馬がいるのを気にするという致命的な欠点が顕在化しているので、まったくもって強気にはなれないのですが、ディープインパクト産駒なんですから何とかしてもらわないと困ります。優先出走権を取らない事にはこの先かなり厳しくなるので、最低限の走りはしてもらいたいです。それにしても競馬べジータが選ぶディープインパクトはここまでまったく結果が出ません。

「もしかしてだけど、もしかしてだけど...ディープと相性悪過ぎなんじゃないのー?」

だとしたら一口野郎にとって致命的じゃねえか。ちくしょー!

いずれにしてもこれまた同じ日に走るレッドセシリアとあわせ、3世代のサセッティ産駒が同じ舞台に立つ訳です。面白いですね。

東京マラソン前日はTokyo Sasetti Day、これだな。

« 馬珍遊記の実力 2015(その1) | トップページ | 千葉セリ1番馬の船出 »

一口出資」カテゴリの記事

コメント

競馬ベジータさん、こんばんは。
今週は直接対決がありますね。
まあネオリアリズムの強さが目立てば良いと思っています(笑)

冗談はさておき、ネオリアリズムが走った時の勝ち馬、2着馬を見ていると赤い勝負服のクラブと良くかち合っているので何かまたその様な感じになりそうですね。

今週は土日共にお互いに良い結果になれば良いですね。

パパディーさん

ネオリアリズムは悟空馬でもあるので、負けられません。でも堀厩舎はバシッと仕上げてくるんだろうなあ。楽しみにしてます。

この記事へのコメントは終了しました。

« 馬珍遊記の実力 2015(その1) | トップページ | 千葉セリ1番馬の船出 »