« 競馬べジータの挑戦状 | トップページ | 2強 in 京都 »

2015年2月15日 (日)

存在の証明

昨日の「べジータの挑戦状」は軽く受け流されてしまいましたが、落ち込んでいても仕方ありません。たった1戦でグダグダ文句言ったり悲観するのが一番ダサい、まずは競走馬としてのスタートを切ったという事を喜びます。

勝ったグレーターロンドンやキャロット馬は強かったですね。完敗です。 更にレース後、これ を見て凹みました。山本オーナー....ジョニー.... まあ何割か持っているのかもしれないですが、レッドカノーヴァの事も気にかけてやって下さいよ。トホホ。

という訳で、切り替えの遅い競馬たられば野郎は淀に向かう新幹線の中でこの記事を書いています。

重賞の舞台であの勝負服をぶっ倒すのを見届ける為に。

「ずっと休んでた馬なんだから、今日も無事に走ってくれるだけで満足」 はい、まさにその通りなのですが、競馬俗物べジータはそんな甘い事は言いません。

「勝て。勝ってその生命力、己が存在を証明せよ。」

セン馬のレッドデイヴィスは競争馬として走り続ける事でしか、その存在を証明する術はありません。その生命力をしかと見届けたいと思います。

って「3場メイン、キャロットがジャック!」ってことになるんでしょ。どうせ。 またあの日の光景を見る破目になりそうな気がします。頼むでしかし。

« 競馬べジータの挑戦状 | トップページ | 2強 in 京都 »

一口出資」カテゴリの記事

コメント

ベジータさんこんにちは。

レッドデイヴィス、ハープスターに先着おめでとうございます。
ベジータさんの熱い思いが通じたのか、メインでキャロットは1勝もできませんでしたね

共同通信杯のアヴニールは怪しいかなと思っていましたが、まず確勝だと思ったドゥラメンテが負けて
54キロなら確勝だと思ったハープスターが馬券外

競馬は難しいですねw

御味噌さん

仰るとおり、競馬は難しいです。強い馬が必ずしも毎回勝つ訳ではない不確実性も競馬の魅力です。
自分の出資馬が人気背負って負けた時はその不確実性が嫌になりますがね。(笑)

キャロットは今日のメインこそ不発でしたが、クラシック候補を揃えてますし勢いは当面続くでしょう。
そこは認めます。競馬野村克也としても厳しい戦いが続きますが、ボやき続ける事で抵抗していきます。

この記事へのコメントは終了しました。

« 競馬べジータの挑戦状 | トップページ | 2強 in 京都 »