« 競馬べジータ 引退決定戦 | トップページ | 競馬べジータの確定申告 »

2015年2月22日 (日)

競馬悟空グループ解散の危機

競馬悟空グループを救ってくれたのはレッドアリオンでした。
今日もファヴォリート、クロイツェル、レッドシャンクス、プレシャスルージュ、そしてフェブラリーSのレッドアルヴィスと、好勝負を期待していた馬達が次々と惨敗していきました。その様はまさに地獄絵図、グループの自信、誇り、尊厳が粉々に打ち砕かれていきました。そんな危機的、壊滅的な状況の中、レッドアリオンは戦前の不安を嘲笑うかの如く、直線舌を出しながらの良い時の走りで快勝、なんとかグループ解散の危機を救ってくれました。

今日の鞍上の川須騎手もよく勝ちに導いてくれました。レース後のコメントは本当に嬉しそうでしたし、そろそろ鞍上を固定する意味でも、この若武者とのコンビが良いのではないでしょうか。

それにしてもシュタルケ騎手の初戦後のコメントや、その走りからダート替わりが良いと思っていたファヴォリートが全く走らず最下位に沈み、フェブラリーSで展開の鍵を握ると思っていたコーリンベリーがまさかの出遅れで想定していた展開とはならなかったりと、本当に競馬というのは上手くいく時の方が珍しいという事を改めて感じました。

喜怒哀楽が激しくなるこの趣味はボケ防止にはもってこいの趣味なのかもしれませんが、続ければ続けるほど「怒」と「哀」の感情になってしまいがちになるかと。
どんな時も「楽」の感情を持ち続けられる出来た人間になりたいものです。そうなった時が競馬野村克也の看板を下ろす時です。しかしながら反骨心、負の感情をメインエネルギーとする競馬べジータにはそれはなかなか難しいでしょうね。

« 競馬べジータ 引退決定戦 | トップページ | 競馬べジータの確定申告 »

一口出資」カテゴリの記事

コメント

競馬ベジータさん、こんばんは。
毎回勝てたら、逆につまらない事になりそうです。
レッドアリオン、優勝おめでとうございます。

そんなにやわなグループとは思いませんが(笑)

パパディーさん

ありがとうございます。ただ、その前までの惨敗続きは堪えました。
打たれ弱いんですよ。特にべジータは。(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

« 競馬べジータ 引退決定戦 | トップページ | 競馬べジータの確定申告 »