« ちくしょー締め | トップページ | まだ今年は終わってません。 »

2014年12月28日 (日)

キャロットクラブに乾杯、完敗

中山から帰って参りました。有馬記念、素晴らしいレースでした。ジェンティルドンナが見事引退の花道を飾る勝利、最高の枠から最高のレースをした馬と騎手はもちろん、ここに至るまで手がけてきた牧場関係者、厩舎関係者が本当に素晴らしかったのだと思います。勝つ時はやはり歯車が全て噛み合う物なのだと改めて思い知った次第です。

個人的には1週目の直線正面から1コーナーにかけてエピファネイアがガッチリ折り合ったのを見て、圧勝を確信したのですがこの馬にとってはちょっと運が悪いレースとなってしまいました。しかしながら今日のようなレースが出来るという事で、来年は益々活躍する事になるでしょう。

それにしても昨日今日のキャロットクラブの勢いは凄まじいものがありました。この土日で8勝、連日の重賞勝利、トドメの有馬記念制覇とはいかなかったもののしっかり2着と5着を確保。特に今日はレースのたびに「またキャロットか」の繰り返しで、アンチは口をあんぐりさせて恐れ入ったとしか言いようがなかったです。今日に関しては参りました。本当に凄かったです。

競馬べジータが特に口をあんぐりさせたのはホープフルSのシャイニングレイです。実際にこの馬を見るのは初めてでしたが、500キロ超えのクロフネ肌のディープインパクトの凄まじさを改めて思い知りました。人ごみの中、なんとかパドックでその姿を確認しましたが、まるっきしステファノスのイメージ、このメンバーの中でも抜群の馬に見えました。ポルトドートウィユといいこの組み合わせは本当に素晴らしいですね。驚きました。

後追いだろうと何だろうと恥を忍んで追いかける価値は絶対にあると思います。2014年のポルトフィーノ牝馬も大人気でしょうね。フレンチ肌でもいいから欲しいですね。とにかく今は馬格のあるディープがトレンドですかね。収穫でした。

Img_2171

有馬記念ではトゥザワールドのパドックでの姿が特に抜群に良く見えました。これも血統です。中山のこの舞台との相性も素晴らしいですね。

キャロットクラブがとにかく勝ちまくるので、来年はキャロット馬券術で生きていこうと思います。

« ちくしょー締め | トップページ | まだ今年は終わってません。 »

競馬観戦記」カテゴリの記事

コメント

競馬ベジータさん、おはようございます。
中山観戦、お疲れ様でした。
自分の馬もキャロット祭に参加出来て良かったです。勝てませんでしたが(笑)
パドックでの評価ありがとうございます。
そのように書かれて、とても嬉しいです。

パパディーさん

おはようございます。トゥザワールド、勝てはしなかったもののその血の力をみせつける快走だったかと思います。まだ3歳馬でこのパフォーマンスですからこの馬も末恐ろしい馬かと。来年が楽しみですね。

それにしてもキャロットクラブばっかりずるいです。

シャイニングレイに出資しているので、
楽しい年末を過ごすことができました。
当日、あまりの混雑にパドックに行けなかったので、
掲載されているレイの写真、ありがたく保存させて頂きます。

yakibutaさん

シャイニングレイは本当に素晴らしい馬体をしておりました。人混みをかき分けて見ておいて良かったです。また一つ「良い馬」の例を蓄積させて頂きました。写真、遠目からスマホで撮ったしょぼいものですが、どうぞ。次回はぜひ実馬を直接見てみて下さい。感動ものだと思います。

この記事へのコメントは終了しました。

« ちくしょー締め | トップページ | まだ今年は終わってません。 »