« シルクのネオユニヴァース | トップページ | NO ARIMA NO LIFE »

2014年12月20日 (土)

レッドキングダムとレッドアリオン

まず今日は中山大障害のレッドキングダムに触れない訳にはいきません。
前年の覇者アポロマーベリックを競り落としての完全勝利、本当にお見事でした。
もちろん競馬べジータがこんな素晴らしい成績を残す馬に出資しているわけがないので、いつもならまた例によって、「チクショー!」が発動する所なのですが、この馬に関してはドス黒い嫉妬感情は浮かんできません。それはなぜか?それはこの馬の背景、これまで歩んできた蹄跡に起因すると思います。

この馬は父ディープインパクトという事もあり、早くから活躍が期待される馬でした。それがデビューして中央競馬では泣かず飛ばず、結局盛岡/水沢に転出となります。
転出先で「もりおか三大麺レース」、「おかげ様で30年さくら荘レース」の2つのレースで勝利を挙げ中央競馬に復帰する事になる訳ですが、中央復帰後も500万下でイマイチなレースを繰り返します。

そこで障害マイスター松永幹夫調教師はこの馬も入障させ、ジャンパーとして活路を見出そうと試行します。結果としてはこれが大当たり、見事今日のG1制覇となりました。要は「エリートのはずが一度挫折を味わい、泥水をすすり、そこから這い上がってきた苦労人(馬)」のイメージから、素直に拍手を送る対象であると認識しているのでしょう。この馬の出資者にしても、この馬を通じて過去に大きな失望を味わっていると思います。ほとんど上手くいく事がないこの趣味です、そんな辛酸をなめ続けていた方々にこういう素晴らしい事が訪れる、これは清々しいものです。

「不作」と言われていた東京2009年産世代、この09年世代については、競馬三蔵法師と事ある毎に内々で傷を舐め合ってきましたが、その内の1頭が今日G1制覇という大輪の花を咲かせました。本当に競馬は分かりません。

一方のレッドアリオン、今日の馬場はまったく合いません。これに尽きます。小牧さん、前行くかなーと思って見ていましたが、馬が全く進んでいきませんでしたね。運が悪い。良馬場阪神なら巻き返し必至ですので、また来年です。

それにしても相変わらずのキャロット軍団です。勢いが止まりません。いつまでも春が続くと思うなよ。ちくしょーめ!

« シルクのネオユニヴァース | トップページ | NO ARIMA NO LIFE »

たられば」カテゴリの記事

コメント

競馬ベジータさん、こんばんは。
レッドキングダム、そんな背景があったとは知りませんでした。
でも雑草魂、素晴らしかったです。

キャロット軍団の出資馬1頭が勝ちました。嬉しいです(笑)すいません、調子に乗りました。

パパディーさん

キャロット軍団の勢いは止まる所を知りませんね。まったく嫌になります。
が、「勝ち馬に乗る」というのは共感でございます。おめでとうございます。

この記事へのコメントは終了しました。

« シルクのネオユニヴァース | トップページ | NO ARIMA NO LIFE »