« 第十八話 べジータ流ゆるーい修行 | トップページ | 英俊が勝った!英俊が勝った! »

2014年11月 1日 (土)

第十九話 天下一メイクデビュー会おわる!

今日はこの話題に触れない訳にはいかないでしょう。

俺達の天下一武道会1回戦、11/1 京都5Rメイクデビュー京都 芝1600M戦。週の頭でも取り上げたレッドベルダ号が出走しました。朝からあいにくの雨模様の京都競馬場、ただこの5Rが始まる前には雨は止み芝コース自体は悪化は見られなかったように思いました。

パドックに姿を現したレッドベルダ、馬体重は430キロ。ほぼ想定通りの馬体重で出てきたのがまず嬉しかったです。自分が見るのはおよそ4ヶ月振りでしたが、その頃と同じ馬体重でもしっかり競走馬の体になっていました。いかにもディープインパクトらしい品のある歩き、「牝馬らしいピリピリした所がある」と言われていましたが、振る舞いにも余裕が感じられました。
他の馬との比較も含め何周か黙って見ていましたが、他馬と比較してもここでは負けられない。負けようがない、吉田勝己氏来場という激アツフラグも確認出来、自信を深めました。

本馬場入りしてから、返し馬に移行するまでの振る舞いにもまったく問題はなく、返し馬自体もスムーズ。ここまで完璧な流れを見るに単勝1.4倍の人気も充分頷けるというか当然だろうと思いました。

レースでは特に出遅れる事もなく、序盤若干かかる仕草は見られましたが、鞍上が上手く行った馬の後ろに控えさせスムーズに折り合ったと思います。ここまでも完璧、後は4角で外に出してどれだけ伸びるかと安心して見ていたのですが、ここからが良くなかった。
外 を走っていた12がしっかりと蓋をしてスペースを与えません。鞍上は4角で外の進路を確認していますが、まったくスペースはなく内の進路を選択せざるを得なくなります。12が垂れればスペースができたのでしょうが、最後までそこまで脚色は衰えず。内が空く訳もなくしっかり閉められて、最後は詰まって急停止、スピードが落ちた所でゴールを迎えました。

5着

最後の直線、自分は「あー!、あー!、あああー....」という情けない声が出てしまい、ゴールした後は呆然と立ち尽くしてしまいました。久々に味わう放心状態。いやー、京都くんだりまで来てこの結果はキツかったです。

放心状態から立ち直り、食事を取ろうと思ったら偶然、競馬悟空とおち合いました。
自分は来場されているのを知らなかったのですが、お互い何とも言えない表情で第一声「いやー...ひどかったですね」というしかありませんでした。お互いこれも糧にしたいですね。

これが結果ですが、こうして振り返ってみるとやはり色々とたらればを言いたくなってしまいます。さすがに今回は鞍上に対しての批判の声もやむなしかと思いますが、既にネット上の各所で火柱があがっているようですのでこれ以上何も言う事はありません。
くしくもエリモピクシー産駒の勝ちあがりの遅さという懸念は、レッドベルダにも当て嵌まってしまった訳です。本当に嫌な予感だけはバシバシ的中して、良い予感はまったく的中しない。
毎度嫌になりますが、耐え忍べば必ず良い事があるのもこの趣味の特長です。今は、雌伏の時。そう思って苦虫を噛み潰すしかないです。チクショー!

Img_1394_2

                                                          暗くて写りは最悪ですが、呼んだらこっち向いてくれました。

あと、萩Sも見ましたが、こちらはポルトドートウィユがこちらが想像していた以上に素晴らしい馬体をしていて驚きました。実物を見るのは募集馬ツアーで見た時以来でしたが、当時は個人的には良血なのにそれらしさをあまり感じず、なんともメリハリがないなあと思っていた訳です。
それが今日見た姿はまさに良血馬のそれ、特に自分が目を奪われてうおっ!ってなったのは前の球節から下の弾力性に富んだクッション、上手く表現できないのですが、いかにもグリップが効きそうなクイッ!クイッ!とした感じ。あれにはクラクラ、やられました。
後ろも遥かにパワーアップしているようで、当たり前なのですが育成と成長力でここまで馬が変わるんだなあと改めて思いました。今日の結果は2着でしたが、この先も必ず走ってくると思います。何度も言いますが、本当に素晴らしい馬でした。久々にハートを射抜かれました。あー、やっぱりこういうのがOP馬になっ てクラシック路線に乗ってくるんだろうな。と。見れて良かったです。

スティーグリッツも緩さは残っているなあと思いましたが、とにかくパワフル。これは悟空の意見にまったく同意でして、今日は京都適正の差が出たという事かと思います。阪神コースでもう一度見直したいですね。もう少しだけ緩さが解消されてくれば、こちらも楽しみな逸材かと思いました。ハービンジャー肯定論者としてこちらも収穫でした。

« 第十八話 べジータ流ゆるーい修行 | トップページ | 英俊が勝った!英俊が勝った! »

たられば」カテゴリの記事

コメント

ベジータさん、こんばんは。
やはり今日は京都競馬場に居られた様ですね。
自分も4R終了位に着きました。
レッドベルダ、何とも言えない敗戦でしたね。
萩Sはポルトドートウィユが良く見えました。
結果は残念でしたが…。スティーグリッツを取り上げて頂きありがとうございます。
その様に言って貰えると嬉しいです。気が楽になりました。

ベジータさん、こんにちは!土曜日はお互い悔しい一日でしたね…。
ビスカリアとソロモン二頭とも掲示板外という想定外の結果の後だったので、
レッドベルダの応援は渾身の意味で1着固定勝負しただけに、『福永~!』
と叫んでしまいました(笑)。(因みに普段の私は至って冷静ですよ)
牝馬福永は何処に忘れてしまったんでしょうね?

次はお互い立て直してのレースを厩舎と騎手に期待しましょう!

パパディーさん

スティーグリッツ、まだまだこれからの馬のように思いました。
レースを使っていって緩さが解消され、更に成長を見せてくれる事を期待しましょう。
きっと良くなってくる馬だと思いますよ。

旦那

レッドソロモンはパドックで見てましたが気配、悪くなかったです。そのうち順番が回ってくるでしょう。
昨日はお互い残念な結果に終わりましたが、良い事もありますよきっと。

この記事へのコメントは終了しました。

« 第十八話 べジータ流ゆるーい修行 | トップページ | 英俊が勝った!英俊が勝った! »