« シルク師匠 | トップページ | 赤闘士の罠 »

2014年11月12日 (水)

眩いばかりのトゥインクル

大井でハイセイコー記念を観てきました。このレースも来年の南関東のクラシック戦線を占う上で外せない、必見のレースです。 今年のメンバーも多彩、鎌倉記念を制したオウマタイムに平和賞勝ちのストゥディウム、ラッキープリンスにクールテゾーロ、ブルーマイスキーといった実力馬も巻き返しに向けて虎視眈々。とにかく現時点での南関東の有力馬が揃う豪華な組み合わせとなりました。

パドックに間に合い、各馬をチェック。勝ったから言う訳でなく、平和賞から中1週にもかかわらずストゥディウムのやる気がとにかく凄かったです。春先ハッピースプリントにも同じような気配を感じましたが、調子の波、バイオリズムみたいなもので言うと「絶好調」という雰囲気に見えました。活気というか生命力というか、充実している馬はこういうのが滲み出るのだと改めて実感しました。
オウマタイムは最初イレコミ過ぎかなと思いましたが、周回の最後の方はしっかり歩けてましたし、こちらも活気あり。ブルーマイスキー、ジャジャウマナラシも自分にはよく見えました。

レースは道中最後方を進んだストゥディウムが、直線でその活力/生命力を爆発させるが如き末脚を繰り出しての快勝。前走平和賞は的場文男の鬼捲りに乗じた、所謂「ハマった」感があったのですが、この末脚を見るにモノホン、現時点での南関東No.1に躍り出たと言って良いでしょう。 2着オウマタイム共々、船橋勢の強さを改めて思い知る結果となりました。

それにしてもストゥディウム、本当に凄かったです。走り終わった直後、口取りに向かう馬体からは湯気が白く発せられており、それが走る馬のオーラみたいに眩い輝きを放っておりました。サラブレッドってやっぱかっこいいなーと見惚れてしまいました。

その父ルースリンドと聞いてピンと来る人はそう多くないのではないでしょうか?競馬ベジータも地方馬主になる前は今ほど熱心に地方競馬を見ていませんでしたので、「あー、名前は聞いた事ある。」くらいの印象でした。
中央競馬では結果が出ず、南関東に移籍してから活躍した馬ではありますが、種馬としてはマイナー。ハッピースプリントの父アッミラーレといいそんな馬からこんなに強い馬が出るのも競馬の面白さです。 聞く所によると、近年は種付けされていないようですが、ストゥディウムの活躍でまた見直される事でしょう。エルコンドルパサーの血統というのも素晴らしいです。 矢野義幸厩舎は父ルースリンドも母ルナマリアも現役時代に携わっていたということで、感慨もひとしおかと思います。こういうのを観て、地方競馬を好きになる人がどんどん増えて欲しいなあと思いながらホルモン焼きをビールで流し込む競馬ベジータであった。

Img_6931_2

プレゼンターで来場していた三浦春馬も真近で見ましたが超スマートでイケメン、トゥインクルが似合う男でした。

競馬野村克也にはこれまた眩し過ぎました。

« シルク師匠 | トップページ | 赤闘士の罠 »

競馬観戦記」カテゴリの記事

コメント

月見草良いじゃないですか。
野村氏は日本球界最高の名将だと思っています。

オウマタイムの単勝を買っていたので、勝ったと思ったのですがね。

恥ずかしながらルースリンド、ストゥディウムが平和賞で勝つ迄、全く知らなかったです。

大井グルメでは、「ふか河」の煮込丼が個人的な押しメニューです。

yakibutaさん

気があいますね。私も野村克也氏は信仰しておりまして、野村氏の著書は愛読書のひとつであります。少し前のTV番組で出す著書でネタを使いまわす事が多い、そのネタのニュアンスが少しづつ変わってると話題になってましたが、そういう確信犯的なところもひっくるめて好きです。

グルメネタも助かります。地方競馬場では呑んだくれることが多いので基本食事はとらないのですが、
ふか河の煮込み丼、今度チェックして見ます。

この記事へのコメントは終了しました。

« シルク師匠 | トップページ | 赤闘士の罠 »