« 第二話 あらららー!タマがない! | トップページ | 第四話 異端児ロード »

2014年10月15日 (水)

第三話 金亀仙人の金と運

私の身近にはキングカメハメハ(金亀)産駒の出資で成功を収めた方がいます。言わずもがなの師匠、競馬悟空その人な訳ですが、その金亀仙人も素質を認めた1頭のキングカメハメハ産駒が今週デビューを迎える予定です。

その馬の名はペルセヴェランテ、なんだかおしゃれでこそばゆい名前ですがイタリア語で「不屈」という意味があるそうで、ダイヤモンドの石言葉でもあるそうです。花言葉ならぬ石言葉なんてあるんですね。ダイヤモンドの石言葉=母名より連想ということか。自分には到底思いつかないネーミングで素晴らしいなあと思うのですが、こんなのがありました。
http://naming-dic.com/word/it/57493354
今度名前考える時はこういうのからひっぱってきたいと思います。

とまあ名前の話はここまでにしておきますが、この馬は募集のタイミングで左前の尺骨を骨折してしまった為、一次募集では満口にはならず今年の3月頃まで残口がありました。
そういう事情もあり、ツアー時は1頭だけ離れた厩舎前での展示となっていた訳ですが、その時の雰囲気というかたたずまい、存在感は抜きん出ていた印象だったのを良く覚えています。一緒に見た我々グループも一様にテンションが上がり、金亀にうるさい金亀仙人も「うむ。この馬は違う。」と言ったとか言わなかったとか。こちらは記憶が曖昧です。(笑)

競馬ベジータは小物なので、いわゆる「様子見」という選択を取り、ちまちまと近況をチェックし続けていた訳ですが、坂路で乗り始めてから実際の馬の雰囲気にこれまた圧倒され出資を決めた訳でございます。また、これまでの関係者のコメントも一様にトーンが高く期待と妄想、欲望を膨らませるに充分な内容となっております。これまでの流れをWebからひっぱってきて整理しておきます。

----
2014年2月「見映えのする馬体ですね。尺骨はもう問題なく、順調に調教を進められています。1頭でも調教できるくらい大人しくて人に従順ですし、乗っていて背中の感触が良く、さすがに良血馬だなと思いますね。」

2014年4月「体の使い方も上手で背中が柔らかく、一完歩も非常に大きいですよ。色々なメディアの取材でも必ずと言っていいほど名前があがるので、注目されているのだなと改めて感じています。」

2014年5月「背中の感じも良いですし、いかにも走ってきそうな雰囲気を持っていますよ。」

2014年6月「しっかりとトモを使ってグイグイと駆け上がってくる走りは、とても力強く、センスの良さも感じます。ここのところ動きがますます良くなってきており、楽にハロン14秒を切っています。」

2014年7月「日を追うにつれ体が少しずつ引き締まってきて、惚れ惚れするような馬体になって来ましたよ。動きそのものもどんどん良化していますし、坂路でも楽々14秒を切るペースで駆け上がってきます。デビューが本当に待ち遠しいですね。」

2014年8月 入厩

2014年9月 ゲート合格
「精神的にも大人びた馬で、昔うちにいてスプリンターズSとか安田記念に勝った馬と姿が重なります。」
「なかなか動きますね。まだ予定は先なので追わないように指示したのですが、レベルの高い併せ馬の中で楽に動いていましたよ。競馬が楽しみになってきました。東京2週目で戸崎騎手を押さえています」

----

はい。ウイニングポストでいう所の「これは私の直感なのですが、超大物の風格を感じます。将来がとても楽しみですよ。」もびっくりの美辞麗句のオンパレード、これで期待しない人間がいたらお会いしてみたいものです。「昔うちにいてスプリンターズSとか安田記念に勝った馬と姿が重なります」と藤枝コメントで言われた日にはなんだっけ?と速攻で検索しますよそりゃ。ところがこのトーンが10月に入り一変します。

----
10月2日
ペルセヴェランテ
 助 手 2南坂良 55.8- 41.3- 27.6- 14.2 強目に追う
  ダノンプラチナ(二未勝)馬なりに0.1秒先行1.0秒遅れ
----

ムムッ!

----

馬体的にはトモにもう少し肉が付いてくれば良いのですが、長距離を走るならこれぐらいで良いのかもしれません。それよりも余計な肉が付いてこないというのは良いことだと思います」

----

ムムムッ!言い訳くさい。この時期で長距離砲示唆ときた。

----

10月9日
「終いは少しモタモタしたようですが、トモが緩い分、深くて重い馬場は合わないんだと思います。先週の坂路での追い切りで、終い遅れたのもトモの緩さでしょうね。そういう意味でも明らかに芝向きの馬だと思います」

----

ムムムムッ!
「うそくせー、なんかうそくせー!」雰囲気になって参りましたが良いんです!こういうのが楽しいんです。オチがつくかつかないか、しっかり見届けたいと思います。

「やけにキンカメに詳しい男が仲間にいる、悟空のこと、そう思ってほしい。」

そろそろ悟空便乗ネタから離れないと怒られるなきっと(笑)、なんでもそうですが軌道に乗るまでは勢いのある勝ち馬にのるのが競馬ベジータ的「定石」、「セオリー」、「勝利の方程式」なんで許して下さい。

******10.16 追記******

17日付け東スポ 今週デビューの注目新馬より

国枝調教師「トモに緩さを残しているのでウッドでは踏ん張りが利かないが、芝なら大丈夫。長い距離に向きそうな走りをしているし、気性も真面目」

ブック、ギャロップでも今週の注目新馬で真っ先に名前が挙がっていたようですし、レーシングビュワーでは追いきりの動きが確認できました。Pだと動いてますね。でも最終追いきりがPか。益々持ち上げるだけ持ち上げておいて落とすパターンっぽいなあ。

******10.17 追記******

東スポ Vサインより

国枝調教師「この距離は気持ち長いかもしれないが動きは水準以上だし気性もいい。素軽い走りで芝向きだし良馬場でやりたい」

??? なんだかオラワクワクしてきたぞ! 競馬べジータのギャリック砲的には

藤枝調教師「ここまで順調に乗り込んできたが、トモに力感がなく正直パワー不足。坂も不安。あくまで水準以上なので現状の力でどこまでやれるか?相手次第。」

と読めました。

次回第4話 異端児ロード

見てくれよな!

« 第二話 あらららー!タマがない! | トップページ | 第四話 異端児ロード »

一口出資」カテゴリの記事

コメント

ベジータさん、こんにちは。
ペルセヴェランテ、本当に良い馬ですね。
今も後悔しています。

シルクに入ろうか迷っていた時期にまだこの馬は残っていました。しかし12年産は頭数を押さえようと思っていて、逃しました。
金亀仙人さんにも薦められました、確か(笑)

金亀仙人さんのお気に入りのキンカメ産駒をもっているので、我慢しています。

またこの様なキンカメ産駒に出資したいです。

また遊びに来ますね。

三蔵法師さん、こんばんは!
キンカメ産駒はベルシャザールでもあった様に現在一番潰しが効く種牡馬だと思います。
私の友人にも一緒に誘って頂いても、変人の私はギムレット愛を貫いたばかりにずっと
未勝利という有様、かたや友人はベルシャザールでG1を…。

よって今年初めてキンカメ産駒のイタリアンレッドとご縁を持ちました(笑)。
ペルセヴェランテに続いて活躍を願いたいと思います!


パパディーさん

こんばんわ。金亀仙人ことやけにキンカメに詳しい男、悟空のキンカメを見る目は確かですので、この馬にも注目してみて下さい。壮大な前フリの予感をヒシヒシと感じるので、オラワクワクしてきたぞー
と言ったとか言わないとか。

ねこだねこきちの旦那

どうも三蔵法師です。三蔵法師?あの聖人君子と名高い競馬三蔵法師ですかね?
ギムレット愛ですか。素晴らしいと思います。競馬ベジータはゼンノロブロイとカジノドライヴを偏愛しております。この話もいつかする事になるでしょう。
ゼンノロブロイなど、悟空から愛想をつかされながらも自分は未だに諦めていません。今週の秋華賞、見ていてください。ゼンノロブロイ祭りですから。
特定の種牡馬を追いかける、こういう楽しみ方もあると思います。世界No1となったジャスタウェイのオーナーだってそうだったじゃないですか!前を向きましょう!

この記事へのコメントは終了しました。

« 第二話 あらららー!タマがない! | トップページ | 第四話 異端児ロード »