« 新企画 | トップページ | 第十五話 ?(ふしぎ)な女の子ベルダ »

2014年10月26日 (日)

第十四話 悟空のライバル?参上!!

競馬悟空の不肖の弟子であり、ライバル?である競馬べジータ、昨日は特別戦から競馬場で見てきました。 メインの富士Sが主な目的でしたが、個人的には「悔しい、とにかく悔しい。」この一言に尽きます。またしてもキャロットクラブに辛酸を舐めさせられる結果になりましたが、勝利者カカロットが紳士だったので救われました。

No1

競馬野村克也も自認するべジータ、昨日の悔しさを更なるパワーに転換し、回りくどいぼやき文を書き続けていく所存でございます。 それにしても勝ったステファノスの出来がとにかく素晴らしかったです。馬の成長力もそうですが、何より藤原厩舎の仕上げ、このレースを選択したジャッジが素晴らしいという事かと思いました。厩舎力、しかと見せて頂きました。

他にも京都2000の未勝利戦やブチコデビュー戦など色々見所があった1日でしたが、特に印象的だったのは東京の牝馬限定のメイクデビュー戦です。オータムで210万のヴァーミリアンが社台グループのディープ牝馬を向こうに回して逃げ切るんだから競馬は面白いです。が、逆に2頭に出資してたら悶絶ものです。こういうのがあるから牝馬は怖い。まだ1戦目というのは分かっていてもショックは大きかったです。ただ一方で、昨日のディーバは残念でしたが、G1サラブレッド所属馬のレース内容が総じて良くなってきている気がしました。

今日は2歳戦ではアッシュゴールドの勝利とトーセンゲイルの惨敗が印象に残りました。菊花賞はファーストバイオリンの血の優秀さが証明されたので良いねボタン押しておきます。
あとレッドソレイユの惨敗でここぞとばかりに沸き出す批判野郎、悲観根暗野郎にいつか正義の鉄槌を下してやりたいと思います。批判/悲観ばっかしやがって! 今に見てろよ。

次回 第十五話

?(ふしぎ)な女の子ベルダ

ぜったい見るんじゃぞーい!

« 新企画 | トップページ | 第十五話 ?(ふしぎ)な女の子ベルダ »

たられば」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。