« 第七話 ファンタストクラブの米田喜彦 | トップページ | 第九話 東京ヨウブンの得意技 »

2014年10月18日 (土)

第八話 金亀仙人のカメハメハ

今日は金亀仙人が認めたカメハメハ、ペルセヴェランテの新馬戦を観る為、午前中東京競馬場に行ってきました。パドックに出てきた実馬はぱっと見「あら?」 という感じで正直拍子抜けしてしまいました。残念ながら牧場で見た時に感じたような大物感は感じられず、良くも悪くもまとまった印象でした。馬自体は自分には4の方が好みの出来に映り、思わず悟空に感想を求めてしまいました。(悟空の印象/感想については馬日記の方を見て下さい。)
ただ、周回を重ねる毎に雰囲気が良くなってくるのが分かり、これなら無様な競馬にはならないだろうと思いました。

レースは中距離の新馬戦らしいレースだったかと思います。ペルセヴェランテ自身は最後しっかりと脚を使ったものの、5も鞍上のアクションに応える形でしぶとい事しぶとい事。結局、最後まで交わしきれずのクビ差2着。個人的には4コーナーに入るまでの動きに不満が残りましたが、初戦ということもあり仕方ない部分 もあったでしょう。今日は馬の方が動けなかったように映りました。
新馬勝ちならなかったのは大変残念なのですが、能力の一端は見せてくれました。戦前のトーンを考えると充分走ってくれたとも言えますので、自分は満足です。

ウソです。欲深い競馬ベジータがこの結果で満足するわけありません。クラシックロード乗りたいんや!頼むから次は勝って頂戴。

次回 第九話

東京ヨウブンの得意技

見てくれよな!

« 第七話 ファンタストクラブの米田喜彦 | トップページ | 第九話 東京ヨウブンの得意技 »

たられば」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。