« 東京サラブレッドクラブとの出会い | トップページ | 第二話 あらららー!タマがない! »

2014年10月13日 (月)

第一話 べジータと競馬悟空

馬についてどこから書こうか色々考えていましたが、あまり奇をてらってもしょうがないので初めての出資馬から書きたいと思います。前述したように、一口出資を始めるにあたり最初のクラブを東京サラブレッドクラブに決めた自分は早速パンフレットを取り寄せ、検討に移りました。この趣味を始めてから6年経った今でこそ自分なりに定石やスタイルは確立された感がありますが、初めての出資検討の際は単純に自分が捻出できる予算から逆算しての検討となったのを良く覚えています。最初候補に挙げたのは以下の2頭でした。当時の検討メモが残っていました。

----
20.ストーミーマターズ08(牡)父クロフネ  鮫島厩舎 1200万 

<べジータ一口メモ>
ダートでつぶしがきくらしい。。。

23.アイシーサイレンス08(牝)父サクラバクシンオー  国枝厩舎 1200万
<べジータ一口メモ>

一勝して短距離の500万で入着を繰り返すイメージ

血統的に両方ともクラシックには無縁でしょうね。。。でも安い。。。これなら手がでるかもという感じです。

----

今振り返ってみて笑ってしまいました。(笑) 偶然にもアイシーサイレンス08(レッドアンジェリカ)に関しては当たらずも遠からずといったところでしょうか。何も考えていないスッカスカの内容ですね。

何事もやってみなければ分からないので、そのまま突撃でも良かったのですが、競馬べジータは小物なので、出資する前に有識者に相談しました。何事も先人の経験を踏まえての意見というものは素晴らしいものですので、それを参考にしない手はないです。その有識者こそカカロット、後に「競馬悟空」として名を轟かせることになるその人でした。

次回 第2話

あらららー!タマがない!

見てくれよな!

« 東京サラブレッドクラブとの出会い | トップページ | 第二話 あらららー!タマがない! »

おもひで」カテゴリの記事

コメント

競馬ベジータさん、はじめまして!競馬悟空さんのブログ読者のねこだねこきちと申します。
私は一口馬主歴通算10年超ですが今年初めて一口勝利を収めたという悲しい眼を持つ中年です(笑)。

過去の加入クラブはラフィアン・大樹・ローレル。現在の加入クラブは社台・サンデー、ノルマンディー、東サラの三クラブ体制で楽しんでおります!
お互いブログを通じて情報交換が出来れば幸いに存じます。宜しければ相互リンクさせて頂いて宜しいでしょうか?
今後とも宜しくお願い致します。

ねこだねこきちさん

はじめまして。のようには思えません。と言いますのも競馬悟空の馬日記を通して、ねこだねこきちさんのブログは拝見していたからです。私は隠れねこきちファンなのです。
ねこきちさんに初勝利をプレゼントしてくれたラテラルアークは私も惚れ込みノルマンディー入会を決断させる逸材でございましたが、デビュー前の調教で嫌な予感がして、デビューしてからの体たらくに落胆し、当時悟空にくだをまいておりました。(笑)
そんなだらしない馬に対しても、昆調教師&四位騎手、関係者の皆様には的確なジャッジの元大変丁寧に育てて頂きました。ブリンカー装着しての一変をみせつけられた時、「人」の要素の重要性を改めて思い知るとともに、プロはやっぱり凄いなあと思い、今ではすっかり昆信者と化している訳でございます。
とりとめもないお返事になってしまいましたが、相互リンク承知致しました。
役に立つ情報発信をして、金を稼ぐブログ、ギラギラブログを目指していますのでよろしくお願いします。

この記事へのコメントは終了しました。

« 東京サラブレッドクラブとの出会い | トップページ | 第二話 あらららー!タマがない! »