2017年8月15日 (火)

やっぱこうなるよな(笑)

完全敗北宣言からおよそ1年半、私競馬ベジータのキャロットクラブ初出資馬キュンメル号が未勝利で引退しました。

低レベルの新馬戦でハナ差2着になった時点で嫌な予感がしていましたが、その後の右肩下がりの成績が示す通り、走れば走るほど内容が悪くなっていきました。
金出して追いかける馬が増えていくと、なんとなく「流れがいい馬」と「流れが悪い馬」ってのが分かってくる訳ですが、この馬は後者に該当する典型例だったように思います。終始体質面の弱さに悩まされました。

最後は

-----

※引退案内書面発送後に、右前トウ骨遠位端の骨折が判明し、見舞金9号が適用される見込みです。また、用途は繁殖オークションに変更となります。

-----

ですからね。

「事故見舞金9号290万円」+「抹消給付金165万円」+「繁殖オークション売却金30万(想定)」

として485万/400 = 1口あたり12125円、獲得賞金と合わせると約24000円ってとこだから馬代金(1口 30000円)分くらいは頑張ってくれた訳だから、まあ「お疲れさま」だわな。
これで、これまでのキャロット出資馬3頭中2頭目の引退となり

-----

どうせ、「抽選に落ちた○○がまた重賞勝ち決めやがった!ちくしょー!!なんで俺のキャロット馬に限って走らねーんだよクソ!」ってなるんだろ。 より一層フラストレーションだけが溜まる結果が待ち受けている予感がビンビンですが

-----

と、予想した通りの結果になっています。こういう予想は本当に良く当たるわい。

キュンメルに話を戻そう。繁殖牝馬の質が高いNFにおいて、未勝利馬がOur Bloodになるのはよっぽど良血じゃないと無理だろうから、この楽天行きは致し方ないだろう。骨折してなけりゃ競走馬として払い下げられていたのだろうか。同時期に楽天行きのアトラクティヴアイが税込290万だったみてーだから繁殖よりは値がついただろうな。が、牝馬で320万円以上というのはそれはそれで難しい話だろうから、これで良かったと思うことにする。

あ?「久しぶりに出てきたと思ったら相変わらず金の話ばっかだなてめえは。この銭ゲバめ。」だと?

そりゃそーだろ。これで言ったみたいに「金なんかどーでもいい」聖人君子一口野郎の方が多いのかと反省していたら、バヌーシー全然売れてねーじゃねーか!結局、一定の実入りが期待できねえもんには金出したくないのが一口野郎の本性。それでいい、金なんかどーでもいいとかぬかす野郎よりよっぽど信頼できるわ。競馬ベジータも競馬の本質であり根幹でもある「金の流れ」にはこだわっていく。

今期募集馬の価格も発表になったみたいだが、強気の値付け。当たり前だわな、金の流れにこだわる王者に死角なしか。

2017年7月 8日 (土)

金の話

例えばこんな感じ。

------

【収入】

出走手当 (2走)

:180000円

【支出】

預託料 5330円/1日(税抜) = 160000円

消費税 12800円

出走申し込み料金 1500円

装蹄費 18000円(税込)

獣医治療費 5832円(税込)

特別飼料代 20088円(税込)

ニンジン代 3300円(税込)

予防接種 3500円(税込)

:225020円

【収支】

-45020円

-----

地方での1例な。これにお心遣いという名の割引が少しされる。オーナーズとかおねーちゃんと遊んで吹っ飛ぶのとそんなに変わらんでしょ?

こういうリアルなのを情報交換したいよな。預ける地区によって相場が違うのは理解しているが、その場所の相場に対してこれが高いのか安いのかよく分からん。そもそも相場ってのもあってないようなもので、あえてブラックボックスにしてるんだよなきっと。それとも同じ地区内においては大差ないように各調教師会で紳士協定結ばれてんのかね。
これとかに、連絡先一覧はあるんだけど小物だから聞きづらいので価格.comとかトリバゴみてーに「預託料比較サイト」みたいなの欲しいわと思う。地方なら地方競馬全国協会、中央ならJRAがそういう案内用意すれば馬主になろうとする人にとっていいんじゃないの?

一口出資だと「維持費」という一言で丸められるランニングコスト、ひと月100万以上になった時など以外はその明細までは開示されることはない訳だから、疑り深いベジータなんぞは「ホントにこんなに金かけるもんなのかよ」と思う訳です。

まー、なんでもかんでもオープンにってのもそもそもおかしな話だし、そういう細かい言うと「これだから弱小は(笑)」とクソヤロー扱い受ける事確定だし、馬社会の常識ってやつがあるんだろうから「グダグダ言うな。餅は餅屋って事知らねーのか?」というのが結論なんだろうが、特別飼料代などは「なんか凄そうだけどどんな効能なのよ(笑)」とか興味あるんだよ俺は。(笑)

あと馬運車による輸送費もバラバラみたい。厩舎お得意様の育成先/休養先があるように、馬運車会社とのやりとりも「付き合い」の上でってのがあると聞く。そんなの分からんって。(笑)これもトリバゴみたいに....以下略。

2017年7月 2日 (日)

競馬べジータの2017年上半期を振り返る。

備忘録とご報告。
まずは中央競馬成績から。

-----

1.中央競馬出資馬 2017年上半期成績

稼働頭数:21頭(2歳馬除く)

戦績 49戦2勝(2-8-6-5-4-24)
勝率 .041
連対率 .204
掲示板率 .510
出資馬獲得総賞金 1億2961万

重賞勝ち:
なし

2017年上半期終了時点での中央出資馬クラス構成

OP:1頭
1600万下:5頭
1000万下:3頭
500万下:7頭
未勝利:2頭

2歳馬:16頭

2017年上半期引退 3頭

(*全て中央競馬のみでの集計)

-----

【べジータ所感】
20頭相当稼働でこの成績は酷いの一言。
3月の勝利を最後に結局6月末まで連敗が続き、更にキャロットのダービー制覇で完全に意気消沈しました。(笑)

続いて地方編。

-----

2.地方競馬出資馬 2017年上半期成績

成績:19戦1勝 (1-1-1-1-1-14)
勝率:.052
連対率:.105
掲示板率:.263

重賞勝ち:
なし

2017年上半期終了時点での地方出資馬クラス構成

B1:1頭
B3: 1頭
3歳条件馬:2頭
2歳馬:1頭

-----

【べジータ所感】
こちらもどうしようもない成績。
特に地方オーナーズは本当に金が出ていくだけのモードに突入してしまい、正直しんどい。

という事で中央/地方通算しても68戦3勝、今の規模感でやるようになってからここまで悪かったことはなかったので流石にきつい。期待馬が人気を裏切る事多数、活躍馬や大口馬の引退、更に先日のノーザンファーム選抜総選挙も全滅....ほんともう過去最悪といっていいくらいのストレス感。改めてこの趣味は自分ではどうしようもねーことばっかりだなと。

そんなストレスフルな上半期、唯一良かったのは個人馬主として勝てた事。これが自身2017年上半期で唯一の地方競馬勝利でした。

「"オーナー"、貴方がいなかったらこの馬はもうこの世にいなかったでしょうよ。」

と言われた時には「うわ、そういう事言うなやー重いなあ。」と思うと同時に「オーナー」という甘美な響きにグヘへとなってしまったり、走らせたはいいけどレースで全然動かなくて、自分で考えて指示させてもらったり。
で、色々やってもらった結果、馬がそれに応えて(と勝手に解釈)勝った時の達成感。
結局実働(実行)してるのは馬とその世話をしてくれている周りの人達なんで、自分ではどうしようもねーのには変わらないのですが、まあ楽しいことは楽しいです。掲示板外しても普通に走ってくれたらオーナーズとそこまで大差ないくらいのランニングコストで済むし。

このまま自分が希望するノーザンファーム馬に金出すのが叶わない事が続くようなら、こっちに一本化していく事も視野にいれようかと。

2017年7月 1日 (土)

2017年度社台・サンデー・G1レーシング募集馬 競馬べジータスカウティングレポート

備忘録まで。

【べジータスカウター説明】

◎:重賞もしくはクラシック戦線確定級
○:OPクラス
△:勝ち上がり確実

-----

【社台ファーム 関東牝馬】

○3.スタセリタ16(父ディープインパクト)言うまでもなく良駒。
△16.グッドチョイス16(父ロードカナロア) これは捨てたものではない。
18.スターリーロマンス16(父ルーラーシップ)
33.ダンスファンタジア16(父シンボリクリスエス)

【社台ファーム 関東牡馬】

◎1.リリーオブザヴァレー16(父ディープインパクト) 間違いなく本物、佇まいと眼が素晴らしい。

【社台ファーム 関西牝馬】

G-22.ダルタヤ16(父ディープインパクト)
△46.ブルーミングアレー16(父ディープインパクト)好きなタイプ

【社台ファーム 関西牡馬】

42.ドバウィハイツ16(父ディープインパクト) 小さすぎ。
△47.ダンスインザムード16(父キングカメハメハ) でかい。
△48.アカンサス16(父キングカメハメハ) 好きなタイプ。
91.スターシップトラッフルズ16(父Tapit)
△92.サンダーカップ16(父Majestic Perfection) 少し緩いが良い馬。

【追分ファーム】

G-1.ワイ16(父ディープインパクト) サイズ充分もやはり一段見劣るか。

【ノーザンファーム 関東牝馬】

○103.ドナブリーニ16(父ディープインパクト) 品がある。
△104.タピッツフライ16(父ディープインパクト) 動き良いけど顔が大きいのが気になる。
△105.シユーマ16(父ディープインパクト) 実馬の方が良く見せるが、薄さは少し気になった。
○106.ミスエーニョ16(父ディープインパクト) 関東牝馬ディープ4頭の中の比較ではこれ。バランス文句なし。
△111.べネンシアドール16(父ハーツクライ) ハーツらしい前の開き。思ったより良い。
△120.サンデースマイルⅡ16(父ロードカナロア) 繋ぎのクッションが○
146.エクセレンスⅡ16(父Franlel) 少し後ろの捌きが固いかも。
△G-11.ミリオンウィッシーズ16(父ヴィクトワールピサ) 顔が好き。

【ノーザンファーム 関西牝馬】

○149.オーサムフェザー16(父ディープインパクト) 少し丸いが良い。
○151.シーズアタイガー16(父ディープインパクト) 見た目だけならディープ牝馬で1番気に入った。
△152.ジェンティルドンナ16(父ディープインパクト)サイズ小さい。
△155.キラーグレイシス16(父ハーツクライ)動き○だがデカい。 
○159.ミュージカルウェイ16(父オルフェーヴル)バランスよし。
△167.ドナウブルー16(父ロードカナロア)バランスよし。
△168.レーヴディソール16(父ロードカナロア)バランスよし。
○171.モルガナイト16(父ルーラーシップ)好きなタイプ。
△178.アドマイヤセプター16(父ハービンジャー)案外いい感じ。
△179.アロマティコ16(父ハービンジャー)
△182.タンザナイト16(父エイシンフラッシュ)

【早来ファーム 牡馬】

○12.ラルナデミエル16(父オルフェーヴル) 体、動きとも○
○50.ゴールデンドックエー16(父ハーツクライ) 当然良い。
△75.ラルシュドール16(父ハービンジャー) 後ろが○
◎110.ソベラニア16(父ハーツクライ) キビキビ歩き大きく見せる。遅生まれでこれなら文句なし。
△131.アイスフォーリス16(父ルーラーシップ) 悪くない。
△142.パラダイスコーブ16(父ドリームジャーニー) バランスまずまず。
◎G-24.タンタスエルテ16(父ハーツクライ) バランス◎、これも遅生まれで伸びしろを感じる。
○G-29.スキッフル16(父オルフェーヴル) これもよい。スキッフルってのも凄いね。

【早来ファーム 牝馬】

△65.アラドヴァル16(父ルーラーシップ) ルーラーシップ牝馬が好きなだけ
△78.ワールドリープレジャー16(父ゴールドアリュール)
○162.カルマート16(父オルフェーヴル) 父そっくり、気性含め自己主張。個性あり。
△187.タイムトラベリング16(父ディープブリランテ)掘り出し物
△G-8.ワーキングウーマン16(父ルーラーシップ)これも分かりやすいルーラーシップ牝馬。
△G-21.アルーリングボイス16(父ディープインパクト)これは安定株。ただ回収までいくか?
△G-26.サマーナイトシティ16(父ハーツクライ)

【ノーザンファーム牡馬】

○101.ライラックスアンドレース16(父ディープインパクト) 思ったよりも○、バランスよい。
△102.ナイトマジック16(父ディープインパクト) 雰囲気感じるもさすがに小さいか。
△107.ハッピーパス16(父キングカメハメハ) 少し小柄だがこれくらいの方がいいのかも。
△108.ダイヤモンドレラ16(父ハーツクライ)良く見せるが早生まれだから当然なのかも。
◎109.マジックストーム16(父ハーツクライ)素晴らしい。欲しいに決まってるだろうが。
△113.ポルトフィーノ16(父オルフェーヴル)もっと貧弱なイメージだったがバランス良いし悪くないのでは。
△116.ローマンエンプレス16(父ロードカナロア)
○122.スカーレットレディ16(父ルーラーシップ)ルーラー牡ならこれ。というか自分はルーラーシップの馬の出方が好きなのだろう。
△132.エレガントマナー16(父エイシンフラッシュ)悪くない。
△135.ロッシェノワール16(父ブラックタイド)
○148.プラウドスペル16(父ディープインパクト)当然良いが去年の方が断然好み。
△158.アナスタシアブルー16(父オルフェーヴル)
△169.ミクロコスモス16(父ルーラーシップ)まずまず。
○175.グルヴェイグ16(父ハービンジャー)大物感あり。
△180.デュアルストーリー16(父ゴールドアリュール)分かりやすい良い馬。まずまず。
△183.ダークサファイア16(父キンシャサノキセキ)これも分かりやすい良い馬。少し緩いか。
△191.ピュアチャプレット16(父バゴ) 捨てたもんじゃない。穴ならこれ。
△198.マチカネホレルナヨ16(父ヴァーミリアン)

-----

まとめ

◎(4頭)

1.リリーオブザヴァレー16
109.マジックストーム16
110.ソベラニア16
G-24.タンタスエルテ16

○(15頭)

3.スタセリタ16
12.ラルナデミエル16
50.ゴールデンドックエー16
101.ライラックスアンドレース16
103.ドナブリーニ16
106.ミスエーニョ16
122.スカーレットレディ16
148.プラウドスペル16
149.オーサムフェザー16
151.シーズアタイガー16
159.ミュージカルウェイ16
162.カルマート16
171.モルガナイト16
175.グルヴェイグ16
G-29.スキッフル16

2017年6月 1日 (木)

競馬べジータグループPOG 2017-2018 指名馬発表

皆さんお待ちかね、競馬べジータグループPOG 2017-2018の指名馬が決定しました。
(実施要綱はこちら)

早速POGスタリオンに指名馬を登録していますので、参加者各位におかれましては誤りなどないか、こちらをご確認願います。見えなかったり、誤りがあった場合はコメント欄などに書き込んで頂けると助かります。

競馬べジータの素晴らしすぎる最終週日本ダービーでの逆転、連覇達成で終えた2016-2017シーズンから1週間、次の戦いが始まります。3 times championを目指す競馬ベジータが優勝候補筆頭、大本命なのは言うまでもありませんが、大黒柱悟空やレギュラーメンバー陣の権威回復なるか?そして競馬悟空グループ第4の男に変わって参戦の競馬トランクスのコテコテミーハー指名がまさかの頂点に立つのか?楽しみたいと思います。

グループ首領再任となったべジータ、相当数の信者を抱える師匠悟空をはじめ、普段から素晴らしい立ち回りで業界に貢献しているレギュラーメンバー、新進気鋭の新参者を配下に従え、まさに前途洋々......と言いたい所ですが、キャロットクラブダービー制覇で気が狂いそうになっています。

あってはならない事が現実になってしまいました。本当にショックです。

«競馬悟空グループ POG 2016-2017 最終局面および2017-2018 開催要綱