2017年9月23日 (土)

区切りの数字

先週(2017/9/16-18)の開催で1つ勝って、一口出資馬の中央競馬での勝ち数が100勝に到達した。悟空に師事し、2010年(2008年産)からこのゲームを初めて7世代目、通算620戦目での達成となった。

A「やい、ベジータ!いつも偉そうにデカい口叩いてるがてめえの成績実際どうなってんだよ?」

B「べジさん、今後ブロガー活動続けていくならこの区切りのタイミングで成績晒しておいた方がいいんじゃないすか?」

C「最近忘れっぽくなってるみたいですし、いつもの"備忘録"としてって感じでお願いしますよ。」

と各方面から情報開示要求?があったので、100という区切りの数字を達成した時点での中央競馬出資成績を残しておく。
競馬ベジータの規模感(稼働馬数20-30頭)だと"勝率2割、勝ち上がり率70%"という数字が目安だと勝手に思っていて、そこには及んでいないという事で残念ながらまだこのゲームからは抜けられない。

ただ、何度でも繰り返すが今はただひたすらノーザンバカになればこの辺の数字は上がってくる。流れが変わらないうちに金出してる馬がG1勝ってオサラバ、個人の活動にシフトしてより自己欲求を満たす方向へ。というのが理想だな。

Db3

Db_4

Db2_2

 

2017年9月17日 (日)

キャロットクラブ2017募集 "アンチキャロット"競馬ベジータスカウティングレポート

備忘録と答え合わせ用

【べジータスカウター説明】

◎:重賞もしくはクラシック戦線確定級
○:OPクラス
△:勝ち上がり確実

-----
<早来ファーム>

18.キューの16 △
動かすとそれなりに良い。

29.ドルチェリモーネの16 △
肌の質感目につく。

60.グレイトフィーヴァーの16 △
マズマズ。

65.イストワールの16 △
マズマズも少し緩め。

74.カニョットの16 △
バランス良い。牝馬らしさありながら馬格があるのが○。ルージュバックを連想するんでしょう。

63. サンドミエシュの16 △
馬体重より大きく見せるが後ろの固さは気になる。

*安定感はあるのは言わずもがなだが、"突き抜けそう"と判断するような馬は見出せず。

<ノーザンファームY5&6>

12.ミスティックリップスの16 △
胸前深くて○

15.カメリアローズの16 ○
バツグン、ファーストインプレッションを大事にしたい。

45.ジュモーの16 ○
バランス○

53.スペシャルグルーヴの16 ○
これも文句なし、ロードカナロアってのは凄いねほんと。

56.アブソルートリーの16 △
メジャーらしい良駒

68.ハルーワソングの16 △
全体的なラインが良い

*15と53が良く見えた。特に15は自信をもってオープンクラスと言える。大人気の45も勿論良い。

<ノーザンファームY3>

5.ディアデラノビアの16 △
バランスの良さはカタログ/動画の通り。ただ少し薄い分完成は遅くなるのかも。

11. ラドラーダの16 ◎
後ろがパーフェクト、見た目の存在感、立ち姿も堂々とした佇まい、動かしても力感ある。
1月生まれで完成度が高いのは当然だが、それにしても良い。

27.ピースエンブレムの16 △
動いて○

41.ポロンナルワの16 △
81の代用品、左前は見るからに怪しいがそれを差し引いても。

42.スカイディーバの16 ○
合格点。ステファノスを夢見たくなる。

52.シーザリオの16 ◎
No.1、全部良い。他クラブ合わせた全体でも1,2を争う出来では?絶対金出したい。

66.アヴェンチュラの16 △
牡のボス的存在、喧嘩ばかりで生傷が絶えないというエピソードは+。後は絞れてくるか。

80.ダブルゴールドの16 △
ノーマークだったがこれもマズマズ。

81.クリソプレーズの16 ○
ダートなら間違いなくこれだろう。

*何といっても今期最高価格の2頭、甲乙つけがたいが生まれと距離適性のレンジから52が筆頭。これにさえ金出せれば満足。

<ノーザンファームY9&10>

2.リッチダンサーの16 ○
ディープ牝馬らしいキレを感じる歩きと皮膚、悪く言う訳がない。

4.クルソラの16 ○
同上。

7.アディクティドの16 △
バランス良し。こういうのが一般枠で取れると嬉しいのだがそう甘くはないだろう。

33.フェルミオンの16 △
マズマズ。いつかは出資したいフェルミオン

43.チェリーコレクトの16 ○
大好きな腹袋のタイプと背中のラインの充実、金出せるものなら出したいが叶わぬ願いだろう。

44.ココシュニックの16 ○
これもディープ牝馬らしいライン。良い馬です。

46.ハープスターの16 ?
普通に見えたが、ここからどういうタイプに成長していくのか興味深い

51.ヴィートマルシェの16 △
ロックディスタウンのイメージある。母馬優先あればなあ....

*ここはディープ牝馬。いずれも良駒なのでで金出したいが叶わぬ願いだろう。

<ノーザンファームY11&12>

13.スカーレットベルの16 ○
このステージで唯一の合格点、これだけ馬格あれば○

49.ピュアブリーゼの16 △
無理やりひねり出した感はあるが、悪くはない。

*頭数多かったが時間余る。こういうステージから掘り出し物を見つけたかったが、ピンとこなかった。

最後に◎/○を整理しておく。結局今年も高馬最強!ベットベトのベッタベタというべトベターな結果になってしまった(笑)が、これもまた「結局皆同じ所にいきつく」って事の証明だろ。ノーザンバカはバカなんだから頭使わずプロの値付けに従っておけば良いって事。

----まとめ

◎:重賞もしくはクラシック戦線確定級

11.ラドラーダの16
52.シーザリオの16

○:OPクラス

2.リッチダンサーの16
4.クルソラの16
13.スカーレットベルの16
15.カメリアローズの16
42.スカイディーバの16
43.チェリーコレクトの16
44.ココシュニックの16
45.ジュモーの16
53.スペシャルグルーヴの16
81.クリソプレーズの16

-----

シルクホースクラブ2017募集 競馬ベジータスカウティングレポート

備忘録と答え合わせ用

【べジータスカウター説明】

◎:重賞もしくはクラシック戦線確定級
○:OPクラス
△:勝ち上がり確実

-----

<早来ファーム>

19.シルクユニバーサルの16 △
サイズはデカくなるだろうがマズマズ。

43.サダムグランジュテの16 △
ゴールドアリュールらしさあり、後ろ○

10.ルシルクの16 △
前の繋ぎが○だが時々躓く様は気になった。

41.スナッチドの16 △
ダイワメジャーならこういうタイプで。

46.プリモスターの16 △
マズマズ。

*10.ルシルクは早来Fのオルフェーヴルなので

<ノーザンファームY5&6>

3.ロジャーズスーの16 △
しっかりした歩きに好感

5.リードストーリーの16 △
これもメジャーらしさある。

11.ウルトラブレンドの16 ○
父に近しい印象、短いところでかなりの出世が見込めそう。

13.キーオブライフの16 △
こういうパリッとしたヴィクトワール産駒も珍しい。どういう結果になるか?

27.レアクラシックの16 △
ワークフォースでここまでの出来なら穴候補

38.ヒッピーの16 ○
バランス○

47.ビアンカシェボンの16 △
ロードカナロアに外れなし。

52.ロザリンドの16 ○
緩さがないルーラーシップも珍しい。体もそれなりに増えてくるだろうし出世候補

63.スカイクレイバーの16 △
馬の出来はいいが、左前の繋ぎが気になる。

*11/38/52がなかなかの出来。ハーツクライとロードカナロアは総じて平均点が高いように感じる。

<ノーザンファームY3>

7.サマーハの16 ○
動画の印象と変わらず実馬も良い印象。走るだろう。

25.ユキチャンの16 △
これは実馬見て良い印象に変わるパターン。突き抜けはしないが確実性ありそう。

33.ウイングステルスの16 △
緩さあるが、後ろに力強さあり。なかなか。

34. サロミナの16 △
これも実馬の方が好印象。

44.ヴィヤダーナの16 △
動き、サイズとも○

60.ラトーナの16 △
これもサイズ○

*7.は改めて人気になるのも頷ける良駒。

<ノーザンファームY9&10>

14.ブラックエンブレムの16 △
馬格あって牝馬らしいしなやかさ。人気落ちでむしろいきたくなる。

20.メジロフランシスの16 △
体は小さいがバランス良し。牝馬だしこれでいいのだろう。

26.フサイチパンドラの16 △
上のほうが好みだが、近くで見るとバランスが良かった。

53.グリューネワルトの16 △(○に限りなく近い)
大好きなタイプ。穴ならこれ。

*票を投じてみたくなる馬はいた。急浮上した惑星は53、かなり好みのタイプ。

<ノーザンファームY11&12>

2.ミュージカルロマンスの16 △
ディープ牝馬らしさは感じる。追いかけたい血統ではあるが手が回るか?

4.スイープトウショウの16 ○
色物かと思っていたら全くそんなことはなかった。後ろの運び(推進力)が抜群。超遅生まれでこれは良い。

15.ケアレスウィスパーの16 △
ちょうど良いサイズのルーラー、前の捌きに好感。

30.ショアーの16 △
まずまずの歩き、後ろの飛節も好きな感じ。

35.リアアントニアの16 △
普通に良い。

39.バラダセールの16 △
少し緩いが良い馬。

41.レーヴドスカーの16 ◎
今期シルク募集馬で1番の馬。とにかく動き抜群で去年のアーモンドアイに通じる感覚。絶対に金出したい。

49.プチノワールの16 ◎
41.と甲乙つけがたい出来、こちらも動き抜群。最低でもどちらかには金出したい。

55.アーデルハイトの16 △
マズマズ。

*最後のステージでようやく即決馬に辿り着いた。41と49、このどちらかには必ず金出したくなった。あと実馬見れてよかったのは4.、成長力を妄想することにする。

-----

まとめ

◎(2頭)

41.レーヴドスカーの16
49.プチノワールの16

○(5頭)
4.スイープトウショウの16
7.サマーハの16
11.ウルトラブレンドの16
38.ヒッピーの16
52.ロザリンドの16

おまけ.53.グリューネワルトの16(○に限りなく近い△)

2017年8月15日 (火)

やっぱこうなるよな(笑)

完全敗北宣言からおよそ1年半、私競馬ベジータのキャロットクラブ初出資馬キュンメル号が未勝利で引退しました。

低レベルの新馬戦でハナ差2着になった時点で嫌な予感がしていましたが、その後の右肩下がりの成績が示す通り、走れば走るほど内容が悪くなっていきました。
金出して追いかける馬が増えていくと、なんとなく「流れがいい馬」と「流れが悪い馬」ってのが分かってくる訳ですが、この馬は後者に該当する典型例だったように思います。終始体質面の弱さに悩まされました。

最後は

-----

※引退案内書面発送後に、右前トウ骨遠位端の骨折が判明し、見舞金9号が適用される見込みです。また、用途は繁殖オークションに変更となります。

-----

ですからね。

「事故見舞金9号290万円」+「抹消給付金165万円」+「繁殖オークション売却金30万(想定)」

として485万/400 = 1口あたり12125円、獲得賞金と合わせると約24000円ってとこだから馬代金(1口 30000円)分くらいは頑張ってくれた訳だから、まあ「お疲れさま」だわな。
これで、これまでのキャロット出資馬3頭中2頭目の引退となり

-----

どうせ、「抽選に落ちた○○がまた重賞勝ち決めやがった!ちくしょー!!なんで俺のキャロット馬に限って走らねーんだよクソ!」ってなるんだろ。 より一層フラストレーションだけが溜まる結果が待ち受けている予感がビンビンですが

-----

と、予想した通りの結果になっています。こういう予想は本当に良く当たるわい。

キュンメルに話を戻そう。繁殖牝馬の質が高いNFにおいて、未勝利馬がOur Bloodになるのはよっぽど良血じゃないと無理だろうから、この楽天行きは致し方ないだろう。骨折してなけりゃ競走馬として払い下げられていたのだろうか。同時期に楽天行きのアトラクティヴアイが税込290万だったみてーだから繁殖よりは値がついただろうな。が、牝馬で320万円以上というのはそれはそれで難しい話だろうから、これで良かったと思うことにする。

あ?「久しぶりに出てきたと思ったら相変わらず金の話ばっかだなてめえは。この銭ゲバめ。」だと?

そりゃそーだろ。これで言ったみたいに「金なんかどーでもいい」聖人君子一口野郎の方が多いのかと反省していたら、バヌーシー全然売れてねーじゃねーか!結局、一定の実入りが期待できねえもんには金出したくないのが一口野郎の本性。それでいい、金なんかどーでもいいとかぬかす野郎よりよっぽど信頼できるわ。競馬ベジータも競馬の本質であり根幹でもある「金の流れ」にはこだわっていく。

今期募集馬の価格も発表になったみたいだが、強気の値付け。当たり前だわな、金の流れにこだわる王者に死角なしか。

2017年7月 8日 (土)

金の話

例えばこんな感じ。

------

【収入】

出走手当 (2走)

:180000円

【支出】

預託料 5330円/1日(税抜) = 160000円

消費税 12800円

出走申し込み料金 1500円

装蹄費 18000円(税込)

獣医治療費 5832円(税込)

特別飼料代 20088円(税込)

ニンジン代 3300円(税込)

予防接種 3500円(税込)

:225020円

【収支】

-45020円

-----

地方での1例な。これにお心遣いという名の割引が少しされる。オーナーズとかおねーちゃんと遊んで吹っ飛ぶのとそんなに変わらんでしょ?

こういうリアルなのを情報交換したいよな。預ける地区によって相場が違うのは理解しているが、その場所の相場に対してこれが高いのか安いのかよく分からん。そもそも相場ってのもあってないようなもので、あえてブラックボックスにしてるんだよなきっと。それとも同じ地区内においては大差ないように各調教師会で紳士協定結ばれてんのかね。
これとかに、連絡先一覧はあるんだけど小物だから聞きづらいので価格.comとかトリバゴみてーに「預託料比較サイト」みたいなの欲しいわと思う。地方なら地方競馬全国協会、中央ならJRAがそういう案内用意すれば馬主になろうとする人にとっていいんじゃないの?

一口出資だと「維持費」という一言で丸められるランニングコスト、ひと月100万以上になった時など以外はその明細までは開示されることはない訳だから、疑り深いベジータなんぞは「ホントにこんなに金かけるもんなのかよ」と思う訳です。

まー、なんでもかんでもオープンにってのもそもそもおかしな話だし、そういう細かい言うと「これだから弱小は(笑)」とクソヤロー扱い受ける事確定だし、馬社会の常識ってやつがあるんだろうから「グダグダ言うな。餅は餅屋って事知らねーのか?」というのが結論なんだろうが、特別飼料代などは「なんか凄そうだけどどんな効能なのよ(笑)」とか興味あるんだよ俺は。(笑)

あと馬運車による輸送費もバラバラみたい。厩舎お得意様の育成先/休養先があるように、馬運車会社とのやりとりも「付き合い」の上でってのがあると聞く。そんなの分からんって。(笑)これもトリバゴみたいに....以下略。

«競馬べジータの2017年上半期を振り返る。